引越し

先週の大雪が降った翌日の土曜日、朝はシャワーを浴びたわけだけど
そのまま疲れて爆睡をして、夕方目覚めて再びシャワーでも浴びようと思ったのだが、
ひねってもいつまで経っても出てくるのは真冬の冷たい水ばかり。
からっきしお湯が出てこないではないか。

何度チャレンジしても同じで、東京ガスに連絡をして来てもらうことに。
来てくれて給湯器を見てもらって何度かひねるも結果は同じ。

どうも、給湯器そのものが壊れているんじゃないかということで、あとでまた検査に来ますとのこと。
壊れたことを家主には伝えてくれたようだ。

この2月の極寒の中でお湯が出ないの?

シャワーをこれから毎日浴びれないの?
真夏ならまだ水でシャワーを浴びれなくはないけど、この時期は手を洗うだけでも
冷たさが骨身にしみる。
なにもこんな真冬の時期に壊れなくても。

それで久しぶりに銭湯に行ったわけだが、普段は入らない熱々の湯船に浸かれるのは
それはとても心地よく、体の芯まで温まり疲れが取れるようで極楽なのだが、1つ困ったことに
1回450円と決して安くはないのだ。
これが毎日だと外食費に加えて結構な出費だ。

ちょっとした吉野家とかのメシ代相当の金額だ。
俺は朝と夜と1日2回浴びるのが日課だっただけに、朝はあきらめないとならない。

この生活がいつまで続くんだろう。
たかが、お湯が出ないだけでこんなに生活が一変して不自由に感じるとは。
不自由なんてもんじゃない。

一気に気持ちがブルーになった。
わびしい気分と言ったらいいだろうか。

再び月曜日に東京ガスの人が来てくれて、なにがしかの検査をしてくれのだけど、
給湯器の内部のどこかが壊れていて、やはりお湯にならないということ。
センサーかなんかの一時的な不調であわよくば出るのではという一縷の望みも絶たれた。

給湯器自体が10数年までの古いタイプで、そのものを交換しないとならないんだそうだ。
費用も10数万するらしく、急な出費に家主も大変だなと思う。

東京ガスは今は故障の修理の日程が立て込んでいて、対応できるのは半月後になると
悠長なことを言われる。
冬は給湯器が壊れる時期なんだそうだ。
原因は今回のドカ雪の可能性が高いらしい。

当然、そんなには待てないので家主が別の業者を当たってくれると言って、
また数日待つことに。

はあ いつまでこのシャワーの浴びれない生活が続くんだろう。

ネットで検索をするとガスの修理業者は無数にあって、24時間出張見積もしてくれるところも多々ある。
こんなのどこかに電話をしたらすぐに対応してくれる業者くらいあるだろうにと思う。

そして、翌々日に家主から連絡があり、色々当たってようやく3月の6日に交換に来てくれる業者が見つかったとのこと。

3月の6日だって!
まだあと2週間以上も先じゃないか。

この真冬にそれまでずっと風呂なしお湯なし生活かよ。
人の気も知らないで簡単にシレっと言うよなあ。と絶望的な気持ちになった。

俺がネットで検索して、片っ端から電話をしたほうが確実に早く対応してくれる業者くらい
見るけられると思うのがまた歯がゆい。

思い返せば、引っ越そう引っ越そうと思いながらも
夏は暑く冬は寒いおまけに湿度も高いこんな鉄筋じゃない狭くボロい家に
だらだらと7年も住んでいた俺も悪い。
5・5万とそこまで安いとは言えないんだけど駅からそう遠くないからなのか、ここはしょぼい。
エアコンも古いタイプなので効きが悪いし、真夏にはデカイゴキブリが毎年発生する。

夏のある日に至っては、床をダンゴムシが歩いていたり、蟻が俺の食べ残したお菓子に
列をなしていたときは、ついに外と同化したかとびっくり仰天し、時間差で
とても惨めな気持ちになったことを覚えている。

俺がこれまでに住んだ家の中では、俺の中ではダントツにボロい。
1階ってのは住んじゃいけないんだなということを今回初めて知った。


引越し当初は、当時就いていた職が終わる時間も遅くて土日も仕事のことが多い仕事だったので、
どうせ寝に帰るだけならどんな家でも同じだろうと
安ければいいやと多少のグレードも下げてここにしたのだが、
住んでいる家がしょぼいと心までわびしい気分になることをここに住んで知った。

友達が都内で友達を呼べるような家の家賃の相場はだいたい6・5万円くらいと
相談したら言っていたけど、それはどこかわかる。
言われたとおりこの家には人は呼べないので、呼んだことはない。

前に住んでいた、俺の家の上の階のOLさんは生活音から男と同棲をしていたようだったけど
この狭い部屋でよく生活できたもんだと思う。

これも何かのきっかけかもしれないな。
というわけで、俺は3月か4月に引っ越すことに決めた。
もうわびしい気分はごめんだ。

その前に3月6日が遠すぎる。
早く直してくれ
[PR]
by masa3406 | 2014-02-21 22:13


<< ブラック企業 採点競技への疑問 >>