再びインフルエンザに

またインフルエンザになってしまった。
今回も外出時に喉が痛くて寒気がするなと思って、家に帰ってから体温計を計ると
最初は37.4度くらいだったのだが、ここから急上昇して39度も熱が出た。

前回と症状が似ているのと、ここまで熱が出るのはインフルエンザしかない。
前回がB型だったので今回はA型なのだろうか。
冬から春の1シーズンに2回もインフルエンザになるのは、初めてのことでついてない。
通常、1回なれば抗体ができるので、ふたたびインフルエンザになることはないのだが、
また別の種類のにかかったということだろう。

それから、寝ても寝ても38度あたりから頑固に下がらなくて悪寒がし、
風邪薬を飲んだらようやく熱は下がったものの、喉の痛みと痰が出るのは断続的に続いていて、
今度は声がハスキーに枯れてきて、
寝て起きたらなんと声が出なくなっているではないか。

声を出そうとしても喉仏が振動せずに、喉仏がスカスカ感がして声にならない。
そこをむりに出そうとしても、ダース・ベイダー のようにヒーヒー声ならぬ声が出てくるだけだ。
喉仏が振動せずに機能していない感じだ。

ひとり暮らしであるのと、インフルエンザだと5日は他人にうつすので人と会ってはいけないので、
声が出ないことに不自由は感じないけど奇妙な感覚だ。

喉の痛みはなかなか引かないし、前回のインフルエンザよりも今回のはやっかいな感じだ。
インフルエンザの菌おそるべしである。
どれくらい経てば声が出るようになるのか、少々不安だ。
早く話せるようになりたいものだ。

話は変わるのだが、
ジム仲間が会長の方針を巡って紛糾しやがてほかのジムに移籍希望へと発展し、
会長ともめているのを人づてに聞いていた。

両者の主張は互いに相いれず物別れに終わり、
感情的になった会長の移籍先探しへの妨害や、
今後の選手活動のなかでの試合出場の制限などの
ゴタゴタにすっかり嫌になった彼は、田舎に帰ることを決意したことを聞いた。

こんなことで彼の夢が絶たれてしまうとは、なんてかわいそうなことだと俺は思った。

この格闘技の世界は、閉鎖的な世界がゆえの悪しき慣習でジムの移籍を巡ってごたごたになり、それで干されてしまったり
引退を余儀なくされることは、たまに聞く話でもある。

芸能人が在籍している事務所を出て独立ないしはほかの事務所に移籍しようとした時に
よく1年間は芸能活動自粛を余儀なくされたり、なんらかの圧力で芸能界から干されて消えてしまうことがあるけど、あれと同じようなものだ。
一般社会で、会社を辞めて転職するのとは違って、なかなかすんなりいかない閉鎖的な社会なのだ。

ヤクザが経営していたり、後援にヤクザがいるジムなんかは、その手の問題で出てきて
圧力をかけられて面倒なことになることもある。
それで移籍もできなかったり試合に出れなくて引退同然になってしまう選手もいる。
あの魔裟斗選手でも、kー1の始まる前に所属する団体から出ようとしたら、
業界から干されてしまったことがあったほどだ。

今回のケースは、方針を巡っての移籍希望なので会長が彼をリリースしてあげないのは、
自分の練習方針に従わなかったことに対する会長のつまらない大人のメンツだと思う。
そこに少しでも愛情があれば、1人の若者の未来とか夢を考えて解放してやるのが大人の取るべき選択だと思う。

でも、会長にとっては1人の若者の将来を考える大人としての愛情ではなく、
自分に方針を受け入れなかったことへの怒りや、彼に自分のメンツ示してプライドを保つことのが大切なようだ。

なんとまあ、器の小さい大人だろうか。

ときに自分の主義主張を引っ込めて折れてやるとか引いてやる柔軟性もあってこそが、
大人だと思うのだ。
そこで若者相手にムキになって押し通そうとするのは、いささか子供じみた行為だ。

こんなことで選手生命を絶たれてしまうのは、理不尽かつ残念でならない限りだ。
[PR]
by masa3406 | 2014-04-27 08:28


<< いい知らせ 部屋探し >>