風俗や水商売の世界の持つ魔力

元HKTの女の子が風俗でバイトをしていたことがネット上でバレてニュースになった記事を読んだ。

その子がどんな理由で風俗をしていたのかはわからない。
HKT48を去らなければならなくなり、今の芸能人としての仕事だけでは仕送りはあっただろうけど
過不足なく生活するには満たなかったのかもしれない。
ポイントは一度発覚しても、まだセクキャバで仕事をしていたことだ。

人間は1度金を稼ぐために手っ取り早く風俗をやると
もう元の世界にはなかなか戻れないものだ。

これは水商売でも同じで、就職をしてもあるいはバイトをしても
また元に戻ってくるパターンを俺は数限りなく見てきた。
あるいは就職をしていてバイトをしていて、水商売が本業に成り代わるパターンも
数多く見てきた。

そりゃそうだろう。
1日にシンドい思いをしても若くて月給20万かそれに満たない金額と
1日で何万も稼げてしまう風俗や水商売とは労働効率が比較にならない。
また一度上げてしまった生活レベルはなかなか落とすことはできない。
ちょっと歩くのが面倒だからとタクシーを使っていた人間は、今更長い距離を歩くのは
苦痛に感じるものだ。
忍耐力のゲージが確実に短かくなってくる。

若いうちにこういう手っ取り早く金を稼ぐ手段を覚えてしまうと、
もはや苦労をして金を稼ぐことがバカバカしくなってしまうことが多いものだ。
金がなくなれば、また働けばそれなりの金が入ると金遣いも勢い荒くなる。
風俗なら日給だからなおこのことだ。

また男相手の世界は、容姿や体型が優れていたらチヤホヤされて
女性としての自尊心も満たしてくれるものだ。
そうなると、若くて給料がまだらえない地味で刺激もない普通のアルバイトや
仕事などはつまらないものに感じてくるものだ。
風俗や水商売もそれは楽なことばかりではない。
大変さはある。
でも、労働効率からいったら比較にはならない。
女を売るだけに、人気者にでもなればチヤホヤしてくれるスポットライト的なものもある。
若いのに金をキップよく払う自分に酔うこともある。
財布に余裕がある金があれば、瞬間的になにか大物にでもなったような気分なれるものだ。

彼女らは共通して、もう上がりたいもうやめたいと言う。
でも、今の生活や収入を捨ててまでの決断はなかなかできないものだ、
しても、なにかシンドいことがあればまた戻ってくる。
あるいは仕事と並行して続けていく。

人間は一度覚えた楽は忘れられずに、なかなか足を洗えないのだ。

この子も芸能活動が芳しくなければ、きっとそうなることは想像に難くはない。

昼間の仕事は継続して続けていくことで、力がついて稼げるようになったり
いい会社に転職をしてステップアップをはかっていくこともあるだろうけど、
そこまでの地道な努力や我慢よりも今、金銭的に満たされる生活を取ってしまうようになるのだ。

このように風俗や水商売のように手っ取り早く稼げる商売は魔力とも言えると思う。
人を変えてしまうのだ。

若いうちに手っ取り早く金を稼ぐ手段を覚えない方が、幸せである。
知らないで地道に生活していくほうが俺には幸せにすら感じる。
それが数々の人を見てきた自分の持論である。
[PR]
by masa3406 | 2014-06-02 22:30


情熱の人 >>