大人の世界

土曜日、ふと思い立って後輩の応援にJリーグを1人で見に行った。
去年までは野球やサッカーは仕事で関わっていて、個人的に観戦するのも好きだったのだが、
今年は自分が運動をするほうになったせいか、
ジムの試合かK-1以外はスポーツ観戦をしなくなっていた。

競技場に着くと夏休みのせいか、8割方の入りで普段はさほど人気チームでもないジェフ千葉のサポーターが多い。
傾斜のある客席からベンチ方向を見下ろすと、去年は仕事でよくそのベンチ裏やピッチレベルで試合を見たことを思い出した。
こちらは仕事なので、まるきり観戦気分というわけにはいかなかったが。
その時はなにも感じなかったけど、今にして考えるとけっこう貴重な体験をしていたんだな
とここに来て感じた。

仕事で行った時に、試合後に競技場の記者会見室前で、
たまたま仕事が終わったので待っていたら、
横に立っていた敗戦後の暗い顔をした監督が
そのまま会見場に入っていき、いきなり辞任会見をしたこともあったっけ。
急に報道各社が色めき立って、自分が重大な場に立ち会った気がしてちょっと面白かった。
監督はすでに試合前に、勝っても負けても辞任を決めていたと発言していたが、
それを聞かされた選手たちがそんな中途半端な気持ちで
今日一日采配をしていたのかと、皆怒っていたと聞いた。
だが、それは報道では触れられてはいなかった。

Jリーグの世界
外側からは体育会のスポーツマンの社会 
さっぱりした世界と思いきや、
この世界もいろいろと好き嫌いや派閥があって、
狭く閉鎖的で人間関係が複雑な世界だと聞かされた。
人の名前を出すときも、うっかり派閥相手の名前を出さないように
いろいろと事前情報と注意が必要らしかった。
とりわけサッカー協会は、既得権益を守る海千山千の一筋縄ではいかない連中の集まりで
派閥が複雑で相当な神経を使うと会社の担当がよくこぼしていた。
時に胃が痛いときもあるらしかった。

多かれ少なかれ大人の世界はどの世界も、関わる様々な人間の思惑がからみ合い面倒なのだ。
俺が子供の頃に憧れていたプロサッカーの世界は、
ちょっと社会人経験に欠けた選手上がりの人が多いせいか、
それがより色濃い世界だった。

今はフリーターでまったく利害のない中で生活しているので、
胃が痛いこともないし仕事のプレッシャーもない。
そういった面では、もしかしたらは俺は幸せなのかもしれない。
将来を考えると明らかにこのままではヤバいのだが、
明日死んでしまうとしたら、俺は間違いなく幸せなままで死ぬと言えるだろう。

後輩はFWでそこそこ得点を取る選手なのだが、
俺が応援に行くと不思議とゴールしないジンクスがある。
去年仕事で行ったときもゴールをしなかった。

試合は先制したのだが、終盤にジェフに追いつかれて追加点を取られて
残り9分くらいの間でたちまち逆転負けを許してしまった。
そしてまた今日も後輩はゴールしなかった。

もう応援に行くのは今日で辞めよう。
俺はそう固く誓って試合終了と同時に競技場を後にした。
[PR]
by masa3406 | 2007-08-21 09:28


<< ダイハード4 花火大会デート? >>