骨折

ジムでいつものように練習して、マススパーをした時にそれは起こった。
相手は体重が10kgは上のマッチョな人で、小さいフォームでフェイントを交えて
重いローと前蹴りをコツコツ出してくる俺が苦手な嫌~なタイプだ。
予備動作が小さいしガードが堅くて隙がない。
おまけにガッチリマッチョなのでうかつに近い距離に入ると重いパンチが危険だ。
俺は遠い間合いから近い間合いに入るときにカウンターの前蹴りを食らい
、体重差もあり俺は一瞬宙を浮いた。
落ちたときにとっさに体を支えるために右手を突いたときに、
手首にぐきっ!とひねった時の様な激痛が俺を襲った。
一瞬これは普通の痛みではないな。と思った。
もしかしたら捻挫かな。靭帯かな。

俺はそのラウンドでスパーを終了して、何食わぬ顔でその人に
今のマスのアドバイスを求めた。
右手が痛いのでサンドバッグやミットは無理だ。
後は蹴りの練習をしたり
人のミットやスパーを見、そのまま帰宅した。
みんなに痛いのを悟られまいといつものように振舞った。
家に帰り手首に湿布を張り、バイトに出かけた。
途中、運転するときに痛くて右手でハンドルを握れないしウインカーを作動できない。
仕方ないので左手でハンドル操作からすべてをカバーした。
バイトから帰宅すると手首が腫れてきていた。
明日は仕事だ。
寝ないとならない。寝たら少しはマシになるだろう。。。
なってくれ

翌朝起きると、さらに手首が腫れてきている気がした。
しかし今日は残り少ない大事な引継ぎ期間だ。
休むわけにはいかない。
俺はシャツを着ようとしたら痛みで左袖のボタンをとめられないことに気づいた。
ネクタイも痛くて締めるのに難儀した。
会社に行き引継ぎをしてくれる女性の先輩に同行をして得意先を回る。
手首はだんだん太くなり1・5倍は腫れあがっている。
途中で客先でドアを開けようとノブを回そうとしたときに、さらなる激痛が体中を駆け巡った。
また、客先に持っていくものを両手で持とうとしたら痛くて持てない。
骨にひびでも入っているかもしれん。。
これは限界だと思った俺は、午後で早退させてもらってかつての地元でかかりつけだった
病院へと向かった。
1時半に病院に着くと、診察は2時からで今日はすでに整形外科は終了したという。
なんてこったい。
外科でいいなら診察はできますけどと言われて、いまさらこの自宅から遠い町の
他の病院を探し歩いて行くのは辛いので
30分ほど待合室で待ち、レントゲンを撮り診察してもらうと
これは骨折していますね。と言われた。
レントゲンには親指の下の手首の太い骨が折れていて、横から撮ったレントゲンでは
骨がややズレているのがわかる。

こ、これは思ったよりも酷い。
骨折ははじめての体験だったので、こんなにも簡単に折れてしまったことに驚いた。
専門医ではないので、具体的な治療はできないので、明日の整形外科の診療に
来てくださいと言われ湿布に添え木をされて会計をした。
俺はまだ新しい会社からの保険証が届いてないことを告げると、
とりあえず預かり金として1万円を取られた。
た 高いぜ・・・。

すごすごと自宅のある町に戻った俺は、明日の午前中も会社を休むのは嫌だな
と思い、駅前の交番で整形外科を聞きそこで診てもらうことにした。
今日のうちにすべてを終えてしまいたい。
病院は駅から歩いて5分ほどのところにあり、ラッキーなことに4時半まで診てくれるようだ。
中に入ると待合室は人であふれ返っていた。
30分ほど待ち診察を受けると、俺はさっき病院でレントゲンを撮って折れていたことを
告げると、ここには写真がないのでまたレントゲンを撮りますと言われた。
ああ なんという無駄金・・・。
再び撮ると当然折れていて、骨がくっつくまで4週間で全治3ヶ月の診断を受けた。
痛み止めの処方箋をもらい、ギブスをはめられてしまった。
今から未体験の本格的な不自由な生活の始まりだ。
仕事もし辛いし、これで練習もできないし外れるころには筋力も大分落ちてしまい
リハビリに費やすことになるだろう。
俺は頭が真っ暗になった。
会計ではまたもや1万円を預かり金として徴収された。
こっちも痛い・・・。

家に帰ると、左手一本の生活は実に不自由なことに気づく。
手で顔を洗う チューブから歯磨き粉を捻り、歯ブラシにつけて歯を磨く
ドライヤーで髪を乾かす 布団を持ち上げる シャツを着る脱ぐ
袖に腕を通す 体を洗う 切符を買うために財布から金を出し、切符を買う
携帯のメールを打つ キーボードを打つ 運転をする 財布から家の鍵を取り鍵を開ける
ありとあらゆる日常の動作を両手で行っていることに改めて気づかされる。

こんなのが後、最低1ヶ月は続くのだ。
キックは怪我がつき物のスポーツとはいえ、この日常生活の不便さには
俺は暗澹たる気分になった。
[PR]
by masa3406 | 2008-04-19 00:45


<< 大人の社会でのいじめ 結婚生活というもの >>