2007年 02月 11日 ( 1 )

恋愛は容姿

ついに明日からキックに復帰することにした。

やっぱり、学生時代から体を動かして発散してきた人間には運動しかないんだなと
ここ数年つくづく思う。

久々で体が動くかわからないけど、自分なりに頑張ってみようと思う。

夕方に大学時代の友達から晩飯でも食わないかとメールが来ていた。
そこでちょっと力でもつけようかなと、車で高田馬場のスタ丼を食べに行った。
http://www.sutadon.com/sutadonomote.htm
それは、東京の武蔵野の国立名物でスタミナ丼 通称 スタ丼と呼ばれるどんぶり飯で、
丼に入った飯の上に豚バラ肉 タマネギが乗っていて、
その上に生ニンニクを混ぜた醤油ベースのタレがかかっていて生卵を混ぜあわせて食べる。
香ばしいニンニクの風味が効いて食が進んで美味い。
難点は少しこってりしているので食べ終わりの方にしつこく感じるのと、
生ニンニクをすりおろしているので食べ終わった後の口の中のニンニク臭が強烈なことだ。
口の中にニンニク臭が充満してこれがなかなか強烈にしつこくて、
コンビニで豆乳を買って飲んでもお茶を飲んでも無駄な抵抗に終わり
帰宅して歯を磨くまで取れなかった。
ちょっとこれは男同士じゃないと食えない飯だ。

帰りのニンニク臭の充満したスタミナな車内で、彼の話は今の仕事から
次第に付き合っている彼女の話へと変わった。
友達は今、付き合っている彼女がいるが別れようと思っているので、
来週のバレンタインが苦痛でならないらしい。
これほど苦痛そうな顔をしてバレンタインを語る男も日本でも珍しいだろう。
それくらい彼の顔は口がへの字に曲がりシンドそうだった。
正直、14日に会うのがプレッシャーなので、あえて用事があるからと言って13日にしたそうだ。

別れたい理由は、どうしても顔がタイプじゃなくて好きになれないらしい。
彼女は性格がとてもよくて自分に合わせてくれようとするので、
いつもは顔の好みから入るところを性格で付き合ってみたんだが、
結局、どうしても好きになれなくてデートをしてもどうにもこうにも燃えないそうだ。

「俺、ガキみたいだけどやっぱ面食いだわ。 今の彼女と付き合って再確認したよ。」

と友達は自嘲気味に笑いながら言った。


特にモテるわけでもない俺には、これが逆ならと考えるとなかなか心の痛い言葉である。
こういう考え方の女の子に会ったら、もはやあきらめるしかない。
恋愛とは限界があるものだ。

またひとつ厳しい現実を見た気がした。
[PR]
by masa3406 | 2007-02-11 13:06