<   2007年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

焼肉デートのドタキャンと分岐点

デートというか、一緒に焼肉を食いに行くのをドタキャンされた

待ち合わせは夜だったが、当日午後になって携帯に
急なトラブルに見舞われて家を出れないので行けなくなった。と女の子からメールが着た。
代案もなかったこともあり、特に興味もないお前と食いに行くのは、
やっぱり気が乗らなくなったし、たるいのでキャンセル!と俺は即座に自動変換をした。

それは前日の時点で、約束の時間と待ち合わせ場所のメール送って
返事が来なかったことで、なんとなく予想がついていた。
これがいわゆる、『想定の範囲内』である。 どうだいホリエモン?
使い方は完璧だろう?

千葉県でスピード違反で捕まってしまい、そのお金を警察署に支払いに行くことになった。
どうせ行くなら美味い焼肉でも食べようかとそちらが地元の
最近はメールだけ細々していた、ちょっと気になっていた知り合いの子をメールで誘った。
正直な話、俺はその子にちょいと惚れていた。

ぜひ行きたいと乗り気の返事が返ってきたので、候補日を3日ほど設けるも、
いつにするかの返事が来ない。
まあ、考えるまでもなくこの時点でその子は乗り気じゃないんだけど。

そして最初の候補日の日の夕方に、急で悪いけど時間は何時でもいいから
今夜行けない?と突然、その子からメールが来た。
多分、彼女の何かの予定がキャンセルされたか、神のお告げでもあって唐突に行く気に
なったのであろう。
あるいは雷に打たれて、一時的に正常な判断機能が麻痺したのかもしれない。

こちらがいわゆる、『想定外』である。

しかし、前日までに返事もなかった時点で、さすがにその日はないと思っていたから、
今日は急で忙しいから無理だと断った。
本当は俺は家でだらだらしていたんだけど、
急だし遠いし、その店の予約もしていない。
おまけに準備も整っていなくて気が乗らなかったこともあった。

そのかわりにとスライドさせて、決まったのが昨日だったのだ。

急なお誘いを断った時に、もしかしたらこれが分岐点になるかなとふと頭をよぎった。
過去の経験で、それなりにモテる女の子の方が俺によほど興味がないと、
その子の気分か予定のタイミングで応じないと、
その後約束しても駄目になったことがあったからだ。

そしてそれは的中した。

人間は熱意があるものに関しては一生懸命になるし、犠牲を厭わないものらしい。
チャンスを逃さない貪欲な奴なら、情熱が生まれて行ったのかもしれない。
惚れた女とどうしても会いたいと思えば、駆けつけて行くのだろう。

だけど、俺はその日はどうしても行くのが面倒臭かったのだ。
部屋でピザポテトを貪り食いながら、ロンハーを見てゲラゲラ笑っていることに
満足していたのだ。

人間やっぱりハングリーじゃないと様々な獲得競争や生存競争から脱落していくものだ。
俺のこれまでの人生すべてに通じているなと思った。

みなさんは、ハングリーに生きていますか?
[PR]
by masa3406 | 2007-02-28 16:21

久しぶりに帰還

ブログがすっかりお留守になっていました。

その間、なにをしていたかと言うなら、就活動は相変わらず進まず。
キックボクシングのジムに入会し、週4通い夜中バイトをする生活を送っている。
キックの方は、最初スタミナがなくきつくて死にそうだったけど、
ようやく、やや死にそうくらいになってきた。
このジムはプロと一緒に練習するコースしかなくて、みんなミットうちバッグ打ち
マススパーが主で、とんでもないジムに入ってしまった気がする。
しかも階級のランカー1位のプロが数人もいるジムで、
プロじゃない人もアマチュアの試合に出ている人が多い、本格的な大会志向型のジムだ。
選択ミスをしてしまった気がしないでもないが、
久しぶりに、シンドイけど体を動かした後の充実感を感じている。
行くとこの寒い季節なのに凄い量の汗が出て、ますます痩せるいっぽうだ。

昨日は女の子とのデートをドタキャンされるわで最悪だった。
その悲惨な話は明日つづろうと思っている。
[PR]
by masa3406 | 2007-02-28 03:15

恋愛は容姿

ついに明日からキックに復帰することにした。

やっぱり、学生時代から体を動かして発散してきた人間には運動しかないんだなと
ここ数年つくづく思う。

久々で体が動くかわからないけど、自分なりに頑張ってみようと思う。

夕方に大学時代の友達から晩飯でも食わないかとメールが来ていた。
そこでちょっと力でもつけようかなと、車で高田馬場のスタ丼を食べに行った。
http://www.sutadon.com/sutadonomote.htm
それは、東京の武蔵野の国立名物でスタミナ丼 通称 スタ丼と呼ばれるどんぶり飯で、
丼に入った飯の上に豚バラ肉 タマネギが乗っていて、
その上に生ニンニクを混ぜた醤油ベースのタレがかかっていて生卵を混ぜあわせて食べる。
香ばしいニンニクの風味が効いて食が進んで美味い。
難点は少しこってりしているので食べ終わりの方にしつこく感じるのと、
生ニンニクをすりおろしているので食べ終わった後の口の中のニンニク臭が強烈なことだ。
口の中にニンニク臭が充満してこれがなかなか強烈にしつこくて、
コンビニで豆乳を買って飲んでもお茶を飲んでも無駄な抵抗に終わり
帰宅して歯を磨くまで取れなかった。
ちょっとこれは男同士じゃないと食えない飯だ。

帰りのニンニク臭の充満したスタミナな車内で、彼の話は今の仕事から
次第に付き合っている彼女の話へと変わった。
友達は今、付き合っている彼女がいるが別れようと思っているので、
来週のバレンタインが苦痛でならないらしい。
これほど苦痛そうな顔をしてバレンタインを語る男も日本でも珍しいだろう。
それくらい彼の顔は口がへの字に曲がりシンドそうだった。
正直、14日に会うのがプレッシャーなので、あえて用事があるからと言って13日にしたそうだ。

別れたい理由は、どうしても顔がタイプじゃなくて好きになれないらしい。
彼女は性格がとてもよくて自分に合わせてくれようとするので、
いつもは顔の好みから入るところを性格で付き合ってみたんだが、
結局、どうしても好きになれなくてデートをしてもどうにもこうにも燃えないそうだ。

「俺、ガキみたいだけどやっぱ面食いだわ。 今の彼女と付き合って再確認したよ。」

と友達は自嘲気味に笑いながら言った。


特にモテるわけでもない俺には、これが逆ならと考えるとなかなか心の痛い言葉である。
こういう考え方の女の子に会ったら、もはやあきらめるしかない。
恋愛とは限界があるものだ。

またひとつ厳しい現実を見た気がした。
[PR]
by masa3406 | 2007-02-11 13:06

ハロワ帰り

ハロワに行った帰りに、ふとそこから近いことを思い出して、
高校時代の友達が店長をしているレストランに行った。
店は海沿いの大きな集合店舗施設の中にあって、施設には映画館もある。

そいつは、高校時代は全国大会の常連のサッカー部に入っていて、
大学でもサッカーをやっていた。
そして、卒業後にそのチェーンのレストランに就職した。
そいつの勤務形態を見ると、休みは少ないし仕事が深夜に及ぶこともあって
とても過酷だ。
職業柄、年末年始も休めずに連休もなかなか取れないみたいだ。
俺なら多分、数ヶ月と持たないことだろう。
よく続いていると、同級生もみな感心している。

多分、あの過酷な部活を乗り越えてきたからこそ、耐えられるのだろう。
そして、そいつはその忙しいスケジュールの中、彼女が絶えない。
いったい本当の自分の時間はいつあるんだろうか
凄いパワーだしタフだ。

無職の象徴、無精ひげを生やした俺が行くと、ちょうど昼時前で忙しそうに働いていた。
長い間は話せなかったけど、ほかのもう1人の友達とで近いうちに飲みに行こうということになった。
レジで会計をしようとすると、なんと今日はいいからとご馳走になってしまった。
悪いので断ったけど 来てくれたのがうれしかったから。
と言って結局、最後まで受け取ってくれなかった。

俺はその金で帰りに寄った施設の中にある本屋で、思わず格闘技雑誌を買ってしまった。
帰りの車で仕事をしていた時、移動中によく聴いていた
FM79・5の小林克哉のファンキーフライデーを聴きながらふと思った。

本当に昔と変わらず幼稚だよなあ・・・俺って
[PR]
by masa3406 | 2007-02-09 13:22

女の子の接し方は難しいものだ

バイト先で、よく話をする女の子が3人いるんだけど、
たまたま話しをしていない子が1人だけいる。
その子は姉妹の妹で、お姉さんのほうはたまたま2人になる機会が何回かあったので、
それで話すようになってよく話す。
この姉妹、2人ともわりとよく似ている。

なんでかと言われても、とくに理由もなくてなんとなくそういう機会がなかったから
としか言いようがない。
前にやめてしまった世話になった人は、その姉妹を凄くタイプだと言っていたけど、
俺にとってはどの子も単なるバイト先の子でしかなく贔屓も特別な好意もまるでない。

昨日、その姉妹含め4人を車で送っていく時に助手席に1人乗せるために、
ガードレールに寄っていたので、妹の子が後部に乗りかけている状態で、
ほんのゆっくり車を動かしてしまった。
瞬間、笑いながら差別するから。と言われた。
最近、どうも数人いる時に話してもその子だけ返さないなと思ったら、
そう思われていたのかと初めて気づいた。
きわめて鈍感な俺は、どうも知らないうちにムカつかれていたようだ。

一言だけ言わせてくれ そいつはとんでもない誤解だ。

あまり人に関心のない俺は、あんた達の姉妹がどっちがどっちか区別がついたのは、
何を隠そう先週なのだから。
そう。俺はよく話していた方も、お姉さんとも妹ともわからずに話していたのだ。


女の子とのコミュニケーションは色々難しい
[PR]
by masa3406 | 2007-02-08 08:25

表参道ヒルズ

表参道の美容院に行って来た。
あんなに毎日電車で会社に行っていたのに、電車に乗るのはホント久しぶりだ。
電車を待つホームで、毎朝、このホームで憂鬱な気分で立っていたことを思い出した。
働いていた時は毎日苦痛で仕方なかったけど、無職だと時間はあるけど不安感がある。
一体どっちがいいんだ俺は。

千代田線の表参道駅から原宿駅へと続く歩道を歩いていくと、
両脇がブランド品の店ばかりだ。
美容院は表参道ヒルズの中にあり、建物に入るとデートのカップルと買い物客ばかりだった。
いつも切ってくれる美容師さん やや疲れた顔をしていて、
今日は店が混んで夕方なのにまだ昼飯も食えてないとのこと。

働いてるよなあ

俺、働いてねえよなあ

表参道ヒルズの坪は1坪80万で、月家賃だけでも480万はするらしい。
おいおい、俺の前の年収よりも高いよ。

気分転換に髪を短くしてもらった。

帰りに上のラーメン屋「MIST」 を覗いた。護国寺にあった有名店「ちゃぶ屋」 が
移転してきた店だ。
メニューを見るとラーメン1200円 高っ!

これも家賃の効果か・・・。 入らずに帰りました。
[PR]
by masa3406 | 2007-02-04 21:43

久々の実家に帰還して思う

久しぶりに実家に帰った。と言っても車で15分ほどなのだが
玄関を開けると、ワンワン吠えながら2匹の犬が尻尾を振り飛び上がって俺を大歓迎した。

実は俺はまだ親に会社をやめたことをカミングアウトしていない。
もし、言おうものなら説教されて大変なことになることがわかっているからだ。
親父はすでに定年退職しているので、もしや自分に金銭的な迷惑が
かかるのではないかと思うことだろう。
翻訳の仕事をしている努力を惜しまない母親も迷惑を恐れ激怒することだろう。

両親は元々頭が良く勉強が出来て努力家 学生時代もクラスで1番の優等生だったらしい。
親父は定年まで有名な会社で勤め上げた。

俺は勉強も出来ないし怠け者 有名な進学校ではあったけど、高校時代も留年するわ
落ちこぼれだった
今でこそ親とは色んな話はするが、中高時代は、関係がかなり険悪で俺も荒れていた。
当時の俺には理解者は学校の仲間しかいなかった。
親父が金属バットを持って外で決闘騒ぎになったこともある。
警察を呼ばれそうになったことも何度もあった。

そんな両者は、未来永劫 理解し合うことはない。
尊敬はしても、もし、同級生なら友達になることはないような人種だ。
どちらにとっても、この親子になった運命は神のいたずらで、
ミステイクだったと確信している。

食卓につくと俺が苦手なクラシック音楽が流れていた。
ただ、こうして会うと親父もお袋も年を取ったなとしみじみ思う。

この人たちの老後に、これ以上迷惑をかけてはいけないなと思いながら帰宅した。
[PR]
by masa3406 | 2007-02-04 03:53

彼女が時に趣味を下回る 

バイト前に仕事帰りの大学時代の友達に会って軽く飯を食った。
そいつはサーファーでボードやスキューバをやったりフットサルをしたり
浅黒く背も高くてスラリとしていてなかなかのアクティブ野郎だ。
そんな友達が、付き合い始めた週1ペースで会っている彼女とそろそろ別れようかと考えていると言った。
今までは土日休みの1日をデートに当てていたけど、
これからは週末にボードに行きたいし、今まで勉強していた英語の学校にも通い始めることを考えているらしい。
それに加えて、住み始めたゲストハウスの住民との交流が始まり、これからは飲みに行った
り、遊んだりする日が必要になるとのことだ。
そして、ボードが終わっても4月からはサーフィンの本格シーズンだ。
そいつには、女との会話やデートよりも趣味のが楽しいらしい。

だから休みの日は、そっちに使いたいんだよね。
これからは段々会う日を減らしてフェードアウトしていくつもりだよ。
イベントが増えるにつれて、どんどん彼女のランキングがダウンしていくんだよ。と
笑いながら、まるでヒットチャートのカウントダウン番組のように言うので
不謹慎ながらも思わず笑ってしまった。
おっと!残念 今週から、英語教室が始まりあえなく1ランクダウン~
それでは今週の第3位! そんなDJの言葉が頭に浮かんだ

さらにどんどん下がると、やがては圏外に落ちてしまうのだろう。

アクティブ野郎もアクティブなりに限られた時間でのいろんなこととの両立は大変なんだな。と思った。
大人になるとどうしても時間の制約 体力的な限界ができてくる。
その中で自分の好きなことを選択して、なにかを犠牲にして捨てていかないとならない
取捨選択が必要になっていく。

実は自分は昔やっていたキックボクシングにそろそろ復帰しようかと思っている所だった。
そこまでアクティブでもない俺は、今後がふと不安になった。
[PR]
by masa3406 | 2007-02-02 15:42

覚悟

今日はバイト先でお世話になった人が店を変わるので辞める日だった。
彼は30代後半で、過去にインディーズのバンドをしていたらしく顔も若く見えてイケ面だ。
追っかけもいたらしく女にもモテまくっていた栄光の時代があったらしい。
女扱いも上手いから、俺はその人に女の子達の仕切りも頼りきりだった。

昼職もしていた3ヶ月前の俺は、朝が早かったので、随分その人に無理を言って
早く上げてくれとか方針を巡って時にわがままを言って困らせたこともあった。
その人は怒ることもなく、悪びれ時に上と話して早く上げてくれたりもした。
お互いにサッカーが好きで、よく日本代表の話をしたり、ツアーで飯を食べに行ったときの話をしてくれた。

俺は昼間は働きたくないし結婚する予定もないから、将来もこれでやっていくんだ。と
よく俺に言ってた。
その人はモテるから常に彼女もいる。
その覚悟は凄いなと思った。
俺は夜も本当の居場所とせずに、かと言って明確なビジョンや居場所があるわけでもない。
自分は何もかもが中途半端で覚悟もなく結果、今があるのだろう。

最後にありがとうとガッチリとお別れの握手を何回もした。
こんな熱い握手は、有明で山本KIDの握手会で握手してもらった時以来だった。
KIDは俺の目をまっすぐに見据え、ぎゅっと男っぽい握手をした。
俺はホモではないけどこの人は男だなと思った。

今日の彼と俺もお互いの目を見て、また一緒にやろうと言って力のこもった握手した。
彼も男らしいいい目をしていた。
俺は少し目頭に熱いものを感じた。
[PR]
by masa3406 | 2007-02-01 05:21