<   2007年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

キックボクシングと怪我

ジムに俺とほぼ同じ時期に入った中学生がいるのだが、
昨日、スパー中にストレートを目にもらい負傷した。
彼は極真空手をずっとしていた経験があり体格はいいけれども、
顔面ありのキックはここがはじめて。
スパーもほぼ初めてだった。

俺は横でシャドーをしながら時たまチラチラ見ていたのだが、
スパーをやれと指示をした会長がなぜお互いにへットギアをさせないのかなと最初思った。
それにヘッドギアもマウスピースもつけていないにしては、力をこめて打ち合っていて
大丈夫かいな?と思った矢先だった。

彼は元々が顔面アリではない極真なので、ガードが下がってしまう癖がある。
2ラウンドになると疲れてきてガードがさらに下がってきていたなかで、
カウンターのストレートが目付近にヒット。
終わってから目の下がかなり腫れてきて、プロの人達が言うには骨折はしていないだろう
との話だったが、腫れも酷く救急車を呼び運ばれていった。
目自体には異常がなかったらしいので、不幸中の幸いだったものの、
ジムの軽い練習程度で網膜はく離や眼窩低骨折をしたらしゃれにならない。
視神経は脳にもつながっているので脳にも危険だ。
彼はまだ前途洋々な中学生なのだ。

とりわけ打撃系の格闘技は、コンタクトスポーツなだけに怪我と隣りあわせだ。
大人が未然に防ぐ最善の対策はさせておくべきだったのではないだろうか。

打った相手も、スパーは3度目 
なぜお互いにヘッドギアをさせないのかなと思ったと、終わってから俺に話していた。
最近K-1でも中学生をリングにあげたりしてキック系は低年齢化が進んでいるけど、
果たして安全面への配慮はなされているのだろうか?

事故を目の当たりにした昨日は釈然としないものが残った。
腫れだけで無事だといいのだが。
[PR]
by masa3406 | 2007-04-28 14:39

その日暮らし

いきなり携帯の充電する端子部分が折れた。
コンビニで買った充電池をあまりにも何度も接続しすぎて、
その角度が悪かったのだろう。
おかげで修理に出す羽目になった。
ドコモショップに持っていくと修理には1週間~10日ほどかかるとのこと。

代わりに、代用の携帯を貸してくれたのはいいんだけど
俺はシャープを使っていたけど、貸してくれたのはパナソニック製。
色々と勝手が違ってわかりにくい。メールの変換機能もSHよりも
なんとも賢くない。
おかげで、メールをするのが面倒になってしまった。

ここ最近、やたらと家電が壊れる。
電機シェーバー 体脂肪計 ドライアー
寿命がちょうど来たといえばそうなんだけど、
今は必要なだけバイトをして、あまり金を使いたくないのに本当についていない。

電機シェーバーは、しばらくコンビニで購入した剃刀で代用していたんだけど、
たまに剃刀負けをして顎が真っ赤に腫れてしまって、もう駄目だとあきらめた。
昨日、これらを近所の家電で買ったら2万円も出費してしまった。

俺はこんなものを買うためにバイトをしているわけじゃないのに。
人間、生きて生活をするだけで、色々と予想外のお金が出て行くものだなと
あらためて感じた。
今の自分はあくまでも家賃 光熱費 食費 その他もろもろの出費で考えて
その金額を稼ぐ程度の最低限のバイトしているけど、
実際は予期しない出費は出てくるのだと。
病気になったらなおのことだ。

このその日暮らしの生活も、そのうちに限界が来そうだ。
[PR]
by masa3406 | 2007-04-23 07:35

睡眠

今朝4時に帰宅して、それから3時間くらいゆっくりして
7時に寝て起きたらなんと夜の20時だった。
実にぶっ続けで13時間も寝ていたことになる。
確かに、その前が2時間睡眠で昼のバイト ジム 夜中のバイト
をこなした影響でだが、我ながら良く寝たものだ。
本当に疲れていたのだろう。

高校生とか大学生の時はよく何時間もぶっ通しで寝ていたことがあったけど、
ここ最近ではかなり寝た方だ。
思い出すと、高校の時は20時間とか寝たことがあったっけ。
人は眠るだけでも体力を消耗するらしく、年齢とともに体力が落ちて
睡眠時間が徐々に減っていくそうだ。
だから年寄りは眠りが浅く、朝早く目覚めてしまうらしい。
自分も昔みたいに16時間とか寝ることはなくなった。

高校時代に、同級生に何もしないでぐうたらするのが好きな友達がいて
そいつは土曜日の午後に授業が終わって帰宅して
夜に寝て起きたら月曜日の朝だったそうだ。

実家で犬を飼っているのだが、犬は遊んだり飯を食べる以外は基本的に寝ている。
犬は人生の3分の2は寝ているそうだが、実際に見るとその通りだ。
ふと見るとほぼ寝ているのだ。
犬はせいぜい10数年しか生きないのに、その大半を寝て過ごす。

そう考えると、動物が生きていることに特別な意味なんてないのかもしれない。
人間だけが、生きることに意味を求めたり他人と比較したり
物事を複雑にしているのかもしれない。
[PR]
by masa3406 | 2007-04-22 02:24

ホモ専用サウナ

昼のバイトに行った。
ジュースの飲料水の補充の助手だ。
内容は2tトラックに乗り社員の人と一緒に決められたルートの自動販売機を回り、
トラックからジュースを出すのを手伝ったり、販売機のジュースの補充を手伝う仕事だ。

組む人は行くごとに違うことが多く、今日はよく見かける坊主の見た目がちょっと
恐そうな人とだった。
外見や雰囲気はKAT TUN の田中をやや恐くした感じだ。

話してみるとやはり元ヤンだったらしく、女好きでナンパ師らしく
いろんなエピソードを話してくれて面白かった。
ヤンキー特有の俺俺話やヤクザの友達の話なんか多かったのも予想を裏切らなかった。
だけど、オラオラ系と思いきやいろんな事に気がつき、神経が細やかで色々と気を遣ってくれる人だった。
俺の経験だと女にモテる人は、この種の繊細さを持っていることが多い。
このギャップが女には、たまらないのだろう。

一緒に回っていると、今から行くところは凄いんだよとニヤっと笑った。
そこは、大通りに面している道から、さらに歩行者専用の細い道を入ったところにある
昭和のソープの建物かラブホテルというよりも
連れ込み宿を感じさせるような古びたサウナだった。
場所からして、このサウナを知っていないと普通に歩いている人が
何気なくは入ってこないような隠れた場所にあった。

中に入ると正面にフロントがあり、古びた薄暗い細い廊下を入っていくと
自動販売機とテレビとテーブルがあるよく温泉場にあるような雑談室を暗くした
ような雰囲気の部屋があった。
部屋は中年親父のつけるようなポマードか香水のようなおっさんの臭いが漂っていて、
テーブルにはどこにでもいるような初老の中年の親父2人が、
ホテルの浴衣を着て雑談しながら寄り添うようにテレビを見ていた。
はっきり言ってしまうが、偏見抜きにも雰囲気が気持ちが悪い・・・。
ビジュアル的にも相当に・・・。

タイトルにもレスしたけれども、そう ここはいわゆるホモの発展場(ハッテンバ)
として都内でも有名なサウナなのだ。
仲良くテレビを見ている親父たちは、ここで出会ったカップルなのだろう。

俺はKATTUNの田中似の人と自販で作業を手伝いながらも、
背後が恐くて仕方がなかった。
その人は見た目がいかにも雄々しいので、ここで作業をしていて
なんどか尻を触られたりナンパされたことがあったらしい。
今はもう慣れたけどね。と言っていたけど、俺は初めての来訪で当然免疫がないので
恐い。
サウナ部屋が近いのか、ときおりバスタオル1枚の腹の出た中年のおっさんが
横を通っていく。
人が通るたびに、この人もホモなんだろうな この人もホモなのか 
と心の中で思った。
俺は部屋の雰囲気もおっさん臭い臭いも気持ちが悪いし、一刻も早く脱出したかったので
作業効率が上がるように猛スピードで手伝った。

作業が終わってサウナから出てくると、心底ホッとした。
田中似の人が言うには、お客には指輪をしている人も多く両刀の人が多いそうだ。
年齢的にも、それなりに大きな子供がいそうな人達だ。
ここは彼らには家族にも内緒の憩いの場なのだろう。

ジュースの売れゆきの内訳を見ると不思議なことに、
中年が多く男しかいない店なのに、男が多い場所ではよく売れる
コーヒー類はほとんど出ていないで、甘ったるいジュース類が多く売れていて
その他の、似たような年齢層の集まる場所とははっきりと傾向が異なっていた。
とりわけ、ほかではほとんど売れない凄く甘い
女の子が好きそうなデザート系のジュースがここでは最も売れていた。
田中似の人も、この傾向はここだけなんだよと不思議がっていた。
中年親父がこのデザート系のジュースを飲んでいる姿を想像しただけでも
ちょっとありえないような光景だった。

家に帰ってネットでこのサウナをちょっと調べると、年齢層は主に中年以上で
ホモでもデブ専や筋肉質でガッチリした人の集まるハッテン場らしかった。
あと、女装する人やニューハーフはホモとはジャンルが違うらしく、
そういう人たちは来ないみたいだ。
そして、この町にはホモの映画館が2つもあったり
似たようなサウナが何個もある新宿2丁目に次いで東京ではナンバー2のホモの町らしかった。

そういえば、俺にもそれに関しては思い当たることがあった。
高校の時にこの駅を降りたときに、駅前の正面の本屋に入ったら
普通に薔薇族や中年の親父が裸で縛られている雑誌が置いてあったり、
19歳の時にこの駅から夜中電車に乗り座ったら、空いているのになぜか俺の隣にピタリと
50歳くらいのおっさんが座ってきて、いきなり俺の股間に手を置いて
どう?男に興味ない?と聞かれ いやないっすと
俺は慌てて車両を移った経験があったのだ。
今にして思えば、これが本当の や ら な い か ?
だったのだろう。

しかし無職の何気ないバイトで、貴重な社会勉強をしてしまった。
アングラな物に興味がある俺ならではというか。
だけど、こんな社会勉強 別にしなくてもいいか・・・。
 
[PR]
by masa3406 | 2007-04-21 05:09

判定

日曜日にジムのチャンピオンの人の試合の応援に行った。
ちょうど花道になる通路の横にいたら、会長とセコンドを引き連れた
チャンピオンが凄い気合が入りまくった鬼のような顔をして入場してきた。
相手は、ほかの団体の1位の元プロボクサー選手だった。

試合は、5ラウンド中の1~3ラウンドはチャンピオンが自分の距離の戦い主導権を握り
手数も出て優勢だった。
4・5ラウンドは相手の距離になり徐々に相手のパンチが入り
相手が優勢に見えた。
お互いにダウンは奪えなかったし、互いに決定的なダメージも与えられて
いなかったように見えたので、試合終了時にてっきりチャンピオンが勝ったと思っていたら
1人が相手の勝ちをつけ 2人がドローをつけ
なぜか、ドローになってしまった。

一緒に見に行った友達も、チャンピオンの勝ちだと思っていてジャッジにとても驚いていた。
俺は、釈然としないものを憶えると同時に、この試合前にずっと会長と地獄のような練習をして
追い込んでいた練習風景を思い出し、会長ともどもとても気の毒に思えた。
格闘技が好きでよくkー1やPRIDEを見に行っていたけど、
こんな気持ちになったのは初めてのことだった。

いつも教えてくれているチャンピオンとは、この試合で勝ったら
美味い焼肉をおごる約束をしていたけど、
俺の中では判定勝利だったからご馳走しようと思っている。
[PR]
by masa3406 | 2007-04-17 10:00

プロ野球の裏金問題

最近、プロ野球の入団前に選手に渡す小遣いの裏金や入団時の取り決めた
契約金をはるかに上回る額を支払っていた問題が明るみに出て話題になっているようだ。

自分が去年までいた会社で、プロ野球の仕事が結構あった。
俺は試合のたびに球場に行って、球場内の球団の詰所みたいなところに試合が
終わるまでいたものだ。
そこから家に帰るのはいつも夜中だった。

その部屋には、元野球選手や解説者や球団関係 記者 テレビ局員 
ラジオの解説者やら様々な野球に携わる人が入ってきた。
俺もプロ野球が好きだったこともあり、仕事で一緒になった元野球選手の解説者とよく
会話をした。
そこでは、球界の様々な裏話を聞けた。
俺が小さい時に憧れていたプロ野球選手は、試合前の練習終了時や
試合中もベンチ裏でスパスパとタバコを吸い、
試合前日も夜中までクラブで酒を飲んだり、禁欲的なストイックなスポーツマン
とは程遠く幻滅したけれども、色々と楽しい仕事ではあった。

ある時、話していて契約金やら裏金の話題が出たことがあった。
小遣いは、あんなの俺も高校の時に貰っていたよと普通に彼らは語っていて、球界では
当たり前のようによくあることらしかった。
途方もない契約金の選手が何人もいることも、具体名まで出して皆、普通に語っていた。
ダイエーを指名されたある選手の父親は、入団時に
ローソンを1軒プレゼントされたらしい。

だから、10数年にもわたってどこの球団もやっているようなことが
今回いまさら明るみに出て来たところが非常に不思議に感じた。
恐らく球界関係者は皆 思っているだろう。
どこのチームもやっていることなのに、運が悪かったなと。

テレビでは俺がよく挨拶してしょっちゅう顔を合わせていた球団社長が謝罪していた。
仕事を辞め再びテレビで見る側になった俺は、それをテレビで見ていた。
[PR]
by masa3406 | 2007-04-14 04:24

練習は嘘をつかない

日曜日に草野球の大会があった。
練習も試合も先月に練習試合をしてそれっきりで、
みんないきなりのぶっつけ本番状態だった。

やはり日ごろ練習していないチームは弱い。
うちのチームは1回の表にファーボールを貯めまくり
押し出しもタイムリーエラーもなんでもござれ
9失点して、結局3回終了時で15点取られて2-15で
時間切れでボロ負けした。
俺は1打数1ファーボールで盗塁失敗をやらかし
お話にならない結果で終わった。

次の試合の線審をうちのチームから出したので、
なんとなく試合を眺めていたら、つい最近まで現役だったであろう
経験者揃いの上手そうなチームの中に女の子がいた。

なぜ女が?と思って見ていたら
守備もフットワークよく軽快にこなすし肩も女子にしては強く、
打撃のフォームもきれいで、惜しくも野手の正面をついて
アウトにはなったが1回完璧な当たりを飛ばしていた。
野球センスがあって動きに無駄がなくフォームがとてもきれいだ。
そのチームも対戦相手のチームも、皆肩が現役の肩で守備の連携も取れていて
いかにも普段から集まって練習してそうだった。
皆プレーに緊張感があり、キビキビしていてミスもなく、みんなよく声が出ていて
試合も締まった1点を争う非常にハイレベルな試合だった。

それを見ていたら、俺は野球はもういいなと思った。
野球部を引退して間もないか、つい最近までやっていた現役に勝てるわけがない。
現実、上手い女の子にすらかなわくなっているのだ。

自分も野球部時代は毎日練習して肩を作ったり、
打撃のフォームを固めたり走ったり一通りの練習をしていたけど
その時代からは途方もないブランクがあり、今はもうそれを埋めるべく
練習する時間と情熱がない。
おまけに皆集まれないから連携の練習もできない。

その後、夕方まで守備練習を皆でしたけど、やはり基本的なミスも多く
こんなのを1ヶ月2ヶ月に1回練習して、
また集まっていきなり試合をしても、うちのチームは永遠に同じことだろうなと思った。
スポーツはなんであれ日ごろの練習量は嘘をつかないし
練習でできていないことは試合でできないのだから。

たかだか草野球かもしれないけど、現実は甘くないし厳しい現実を見せつけられた。

みんなはどう思ったんだろうか。
[PR]
by masa3406 | 2007-04-11 03:44

最近

最近、日雇いのバイトを始めた。
夜のバイトだけでは収入が厳しくなったからだ。
そのバイトは朝が早く、朝5時半起きで7時から夜18時半~19時頃までにも及ぶので、
夜中のバイトから帰宅してからの合間が少なく、睡眠時間がほとんど取れない。

おまけに、昼のバイトから急いで帰宅してからジムに行くまでも
合間に休む時間もほとんどなく、
おかげで最近ヘトヘトに疲れ果てている。
これがよくいう生活に追われるという奴である。

ある時なんて、夜中のバイト→1時間睡眠→昼のバイト→すぐにジム
→1時間後に夜中のバイト

となって最後の夜中のバイトの時は意識が朦朧とした。

夜のバイト週5 昼のバイト週3~4 ジム週4~5
やばい 1日24時間では足りない
いったいどうなってしまうんだろうか・・・。

明日は草野球の試合だ 
早く終わって家に帰って寝たい とにかくそれだけだ
[PR]
by masa3406 | 2007-04-08 01:01