<   2007年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

決断から行動への時間

高校時代の同級生2人と俺が去年まで住んでいた地元町で飲んできた。

1人は前にレスをしたことがある卒業後にずっとファミレスの店長をしている奴だ。
店に入ると乾杯前に、実は俺は会社をやめたんだよ。
と唐突にそいつは切り出した。

今まで数回転職を経験している俺ともう1人には、卒業後に1つの会社に勤め続けている
そいつは尊敬の対象であり、忍耐力の象徴 
それはちょっとしたサプライズであった。

在籍は今月末までだけど、すでに有給消化期間で会社には行っていないらしく
日々パチンコをして過ごしているらしかった。
理由は、ちょっとした担当店舗での問題が会社の上層部に部下から伝えられ、
それが間違った形で大きな問題として伝わってしまい、
その問題を上層部から一方的にとがめられて、
嫌気がさして急転直下で退社を決意したとのことだった。
今までずっと貢献してきたのはなんだったんだろうかと疑問を抱いたそうだ。

会社のまわりからは辞めるなと言われたんだけど、俺はもういいやと思ったんだ。
と憑き物が取れたような表情で語った。

そいつの勤めるファミレスは、労働時間も長く激務で仕事は深夜まで及びタクシー帰り
カプセルホテルに宿泊もしばしば 土日祝祭日は例外なく出勤 
休日出勤も多く、プライベートもほとんどない状態らしかった。
俺もほかの友達も、あいつはよく辞めないで続けているなと感心していたほどだった。

長年、そんな待遇・労働環境に不満を言うこともなく地道に働いてきたそいつの
退職の決断から行動にいたるまでは、
その長い労働を積み重ねた歴史と反比例するかのように、電光石火で早かったようだ。

今までの経験で思うのが、人間は物事を本当に決断したときの決断から行動に移すまでは
早いものだ。
とりわけそんなときは、人に相談をする前か相談も最小限に
自分で決めて動いてしまうことが多い。
俺も前の会社を辞めた時は、思い出すとそうだったことに気づく。
理由に違いはあれども、決断して直後には行動しているものだ。

大学時代の友達で、いきなり会社に行くのが嫌になって無断欠勤して
その日に沖縄に飛んでしまったとんでもない友達もいたが・・・。
そいついわく、なんとなくかつてスキューバダイビングに行った
沖縄の青い空が見たくなったそうだ。
そこから、今度は台湾に渡ってそのまま退職してしまったらしい。

よく会社やバイトを辞めたい辞めたいと言いながらも、なかなか辞めない人がいるけれども、
それは自分の中で迷いがある状態である あるいは不満を吐き出したいだけ
だからなのだと思う。

本当に決断した時は、もはや何も他人に言うことはなく事後報告になりがちなものだ。
とは言っても、妻帯者で奥さんに何も言わないわけにはいかないこともあるだろうけど。
仮に話したことによって決断をとがめられたりすれば、
既に自分の中で出ている結論に対しての障害でこそあれ、
それ以外のなにものでもないのだから。

「思い立ったが吉日」言葉があるけれども、
人間も本来は野生動物 わりと人生の重大な決断においても
最後は自分の直感で動くものなのかもしれない。

たとえある決断に対して、それが考えに考え抜いた結論であっても、
結局、最後の最後は自分の感性と直感で決めているような気がする。

人はもっと自分の勘を信じて堂々と生きてもいいのかもしれない。
そう、今までもどこかで自分の勘に頼り決断して生きてきたのだから。

そいつは今後は、ラーメンを食べ歩きをするほどに大好きだったこともあって、
飲食店での長い経験を生かして将来はラーメン屋を始めたいので、
修行先を探すビジョンがあるとのことだった。
最後に無職の俺に、しばらく時間ができたからこれからはどんどん誘うからよろしくね
としっかり言われてしまったのだった。 
そう、無職仲間が1人今日から仲間入りだ・・・これは心強い

あれ なんか微妙にうれしくないぞ・・・。
[PR]
by masa3406 | 2007-05-28 02:02

胡散臭い人物

コンビニで格闘技のPRIDE K-1の裏話の本が売られていて
購入して読んでみた。
その中で、格闘技団体のPRIDEのある人物のことが興味深く書かれていて
俺はちょうど4年前のことを思い出した。

当時、俺は会社にいながらにして転職活動をしていた。
その日は、会社の帰りに青山学院大学の斜め前にある
格闘技のPRIDEを運営しているDSEという会社を受けに行った。
俺はPRIDEを観戦するほど好きだったので、求人を見て関わってみたいと思ったからだ。

小じんまりとしたビルの5階のオフィスは小さく、フジテレビの中継が大々的に行われているような大きなイベントを打っていた会社にしては、小規模に思えた。

DSEは暴力団とのつながりをマスコミに取り沙汰されたことに期を発して、
フジの中継を打ち切られて資金繰りが悪化して、最近外資に身売りをしてしまったが、
当時は格闘技ブーム全盛で非常に羽振りもよかった時期だった。

面接は3対3の集団面接方式で行われた。
面接官の3人のうちの1人、専務であると自己紹介した男が、
まるでプロレスラーのような体格で縦にも横にも大きく声も大きく、
髪の色も金髪でいかにも堅気の人間の風貌ではない。
会社の上層部が金髪・・・。
格闘技の世界は裏社会と密接だとは聞いてはいたものの、
俺は、ちょっとヤバイ会社を受けに来てしまったのでは・・・と
面接を受ける前に高田総裁の言うように びびってたじろいだのだった。

彼が説明する入社後の条件も、頑張ったら頑張った分給料を出しますとか
休日は必要最低限しかありません
最初は給料も必要最小限で生活できる程度です。
とどれを取っても具体的ではなくアバウト ブラック満載で、
さらに不安感を募らせる内容だった。

説明を受けながら俺の気持ちは、来る前のPRIDEの運営に関わりたいから、
この胡散臭い会社には関わりたくないに変化をしていった。

面接終了後に、同じ面接を受けた3人でエレベーターに乗ると
この会社は堅気ではないのではないだろうか。
入社したらあの金髪の男に恫喝されたり殴られるのではないかと
各々が感じた不安を堰を切ったように話し出した。
それくらい、そのいかつい金髪男はたった数十分の接点だけで、
俺達に胡散臭いインパクトと得体の知れない恐怖感を与えたのだ。

そして、その本に書かれていたその男の説明たるや、
俺達の感じた胡散臭さが間違っていなかったことを確信させる内容であった。

その金髪男は、テレビにもよく出ていた代表者の榊原に次ぐナンバー2の立場にあり、
会社の方針はすべてがその2人のトップダウン方式で決定される超ワンマン会社。
表舞台には出て来ない男と関係者には恐れられていて、
裏社会との深い関係があり、興行の世界につきもののヤクザとの調整を担当し、
大いに手腕を発揮した人物であったようだ。
また、黒い社会との接点のみならず PRIDEのリングでもプロデューサーとして
全権を仕切り、そして振るわない試合をした選手には、恫喝や罵声を浴びせることもあり、
この男を怒らせたらリングには上がれないと屈強な格闘技の選手達からも
恐れられる存在だったようだ。
PRIDE武士道のエース 五味選手が負けた試合後にホテルに呼びつけ、
大声で罵倒し続けたらしい。

つまりフジテレビの中継を打ち切られる要因になった、
DSEの暴力団との密接なつながりのまさに中心人物だったわけである。
その証拠に、外資に買収されスタートする新会社では、
代表者の榊原とともに追放されている。

人は外見で先入観を持ってはいけないとは言うけれども、
人間の直感とは馬鹿にできないものである。
[PR]
by masa3406 | 2007-05-26 04:45

時間の経過と変化

バイトから帰宅したら、TBSで世界の中心で愛を叫ぶを再放送していた。
放送当時、毎週欠かさずに見ていたことを思い出すと同時に、
それは何年前のことだったのかを思い出せないことに気がついた。
時間の経過とは早いものだ。
女子高生だった綾瀬はるかの顎も、まださほど伸びてはいないようだ。

小さい時は、毎年毎年何が起きたかを区切るように憶えていたものだが、
ここ数年は、それが加速してどんどんぼやけて来ている。
子供の頃は人生の各駅停車に乗っていたけど、中高では急行列車
今は特急列車に乗っているような感覚だ。
途中の出来事はまたたく間に過ぎ去っていき、どんどん消化されていく。
それが歳を取ると言う事なのだろう。

ドラマで映し出されている海と山のある風景は先週、友達とドライブした伊豆のようだ。
一緒にドライブした友達は先週から、今月に決まった就職先で既に働き始めている。
こうしている間にも、時間は経過して確実に人に変化をもたらしていく。

このドラマはテーマは白血病だが、見ていたら俺の高校からの友達の妹が
去年から肺癌で闘病生活を送っていることを思い出した。
その妹は既に結婚していて2人の子の母なのだが、結婚生活が上手くいかなかったようで
子供を連れ、友達の親の住む実家に帰って就職活動をしていた。
まさに就職が決まった時に体調が芳しくないと検査を受けたら、
癌が発見されたとのことだった。
最近、なんとか癌の除去には成功したようだが、
抗癌剤の投与で痩せてしまい、副作用で髪の毛も抜け落ちてしまってカツラを
かぶっているらしい。
長い病院での寝たきりの生活で、すっかり筋肉も落ちて足も細くなり
自力では自転車もこげないらしかった。
俺の中では、小学生の時にその妹と一緒に遊んでやった時の無邪気なあどけない表情の
記憶のみが残っている。

友達は淡々とそれを話していたけれども、俺にはちょっと直視できない痛々しい変化だ。

そう考えると、現状の特急列車に乗り淡々と出来事が過ぎ去っていく感覚は
健康である証拠であって幸せであると言えるのかも知れない。
ふとそんなことを感じた。
[PR]
by masa3406 | 2007-05-22 04:24

祝勝会

ジムのプロのタイトルマッチは、無事にそのプロが判定で勝ってチャンピオンになった。
そして、昨日 ジム主催で祝勝会が居酒屋で行われて参加してきた。
普段は時間帯が違うので会うことも無い女子部も参加して、
このジムに来て初めての皆が集まる飲み会だったけど
盛り上がって結構楽しかった。
飲みの席は女子部と男子コースは完全に机が別れていて、格闘技系はわりとシャイな人が多いのか酒が入ってきても積極的に女子の方に話しに行く人はいないのが、
なんとなく自分の男子校時代を思い出させてくれた。

俺は久しぶりに運動をする気で、つき合いの長い男友達はいるので
特に新たに人間関係を作ろうと思ってジムに入ったわけではなかったけど、
今度みんなで焼肉を食べに行く話が出たり
いつの間にか3ヶ月弱通ううちに知らず知らずのうちに人間関係ができてきた。
客観的に考えてみると、人間はつくづく社会動物なんだなと思った。

二次会ではキックボクシングのファンの夫婦が経営する居酒屋に流れた。
細長い店内にはいろんな格闘家やプロレスラーのサインが飾ってあって、
2人のチャンピオンと2人のプロが頼まれて新たなサインをそれに加えた。
経営する夫婦は元ヤンらしく、ちょっとした地元のヤンキーネタを
話しながら浅草の三社祭りの乱闘のビデオを
これは凄いんだとうれしそうに店内のテレビで見せてくれた。

ビデオは大きな神輿を担いだ見るからにそのスジの人間と
思われる大群衆が頻繁に小競り合いや殴り合いを起こしていて、
それを延々と撮りつづけていた。
店のご主人曰く、神輿の上に登って立ち続けるのは300万円払わないと
駄目らしくそれはまずヤクザだそうだ。
店の奥さんと、ちょっと元ヤンぽい従業員の女の子がすごいねえと
俺がまるでサッカーの世界のスタープレーヤーの
ビューティフルゴールやプレーの映像を見たときみたいな
うれしそうな感心した表情でそれを見ていた。

どうしてヤンキーはお祭りが好きなのだろうか。
バイト先の元ヤンの人も地元のお祭りで神輿を毎年担ぐらしく、
お祭りをとても楽しそうに俺に語ってくれたっけ。

俺達はなんともいえない微妙な笑顔でそれを眺めていた。
俺の隣のジムの元ヤンだった人も、さすがそれには苦笑いだった。
チャンピオンは疲れて眠そうな表情だった。

店を出たらすっかりもう朝の4時になっていた。
[PR]
by masa3406 | 2007-05-20 23:48

疑問

今月ジムのプロの人の試合がある。
タイトルマッチだ。
当日はジムのTシャツを着て皆で応援するらしい。
というわけでTシャツを購入することになった。

原色にジムの名前が入っていて派手だ・・・とても派手だ 

当日は俺はバイト帰りなのでスーツであり下はネクタイにYシャツだ。
その上から着てしまうのか これを
当日以外一体いつこれを着るんだろうか・・・。

まあいいか・・・とにかく勝ってくれ。

最近、夜のバイトしている店の子から時たまメールが来る。
その子はすでにその店を2ヶ月前に辞めていた。
プロ野球のロッテが好きな子で、かなり応援にも足繁く通っているらしかった。
俺が去年は昼の仕事でプロ野球の仕事を担当していたこともあって、
女ばかりの環境では珍しくお互いに頻繁にプロ野球の話をした子だ。
一度、頼まれて好きな選手のサインを貰ってあげたこともあった。
ちなみにメアドを交換したのはそのためだった。
現場でそういうものを頼むのは非常に野暮なことで、俺はちょっと恥かしかったが。

野球以外の話をしたことはほとんどなく、
俺はその子の本名も年齢も何も知らないし、俺も特に自分の事は何も話してなかった。
水商売の世界にありがちな無難な表面上の関係である。

だから、最近その子を見ないなと思った頃に
店を辞めたとメールで着たときはこれで疎遠だなくらいに思ってた。
可愛いには可愛いんだろうけど、俺は彼女に興味があったわけでもない。

しかし、ここ最近 その子が野球観戦をする日は必ずメールが着て
ほかの日なんかもわりとメールしてくるようになった。
そのまま風化する関係をなぜ掘り起こしにかかったのだろうか。
サインが欲しいのかと思いきや、そうでもないみたいだ。

内容も毎回いろんなデコメなんかも入れて長文でマメである。
俺もその文章に対して、プロレスで言う予定調和的な受け身と
ほんの軽い投げをして返信をする。
何通かラリーがあり、ようやく返事が来ないと解放された気がしてホッとしている自分に気づく。

正直なところ、今年は自分のキックの方が忙しく、プロ野球は結果をチェックする程度で
去年ほど興味があるわけでもない。
ほかも好きなJリーグも本当に見なくなってしまっていた。

そんな折に、メールで野球に一緒に行こう行こうと誘われていて
機会があったらと返信していたら、具体的に俺の応援する横浜ベイスターズとロッテとの
今月の交流戦に行こうと誘われてしまい、
気が弱い俺は流れでじゃあ行こうと返信してしまった。
馬鹿だぜ俺・・・。

俺と会っていったい何の意味があるのだろうか。
ほかにもっと誘うべき人間がいるのではないだろうか!?
1月の飯に誘ってきたメル友といい、せめて友達と行こうぜ おまいら!

女の考えることはよくわからない。
[PR]
by masa3406 | 2007-05-10 04:33

親子関係

気がつくとまたブログがお留守になっていることに気がついた。
つくづく俺は続かない男である。
ちなみに、先日ブログでレスした負傷した中学生。
目の下を骨折してました。 早い回復を祈っています。

GWは昼間のバイトがあったりして、ほとんど変わらない日々を過ごした。
そんな昨日、久しぶりに実家に行った。
といっても単なる用事で、親父にK-1ハワイ大会のDVDに録画してもらったものを
取りに行くためだ。

3月に帰ったときに些細なことで大喧嘩をしたこともあり、行くのはそれ以来だった。
正直、いまだに気まずい。
俺は家には入りたくないので、あらかじめ親父が飼っている2匹の犬を
散歩する夜を見計らい、家のマンションの下で落ち会うことにした。

まるで別れた同棲していた女に遠慮がちに荷物をもらいにでも行くような、
なんとも微妙な気まずいシュチュエーションだ。
人間の仲なんてものは不安定なもので、近しい関係であるほど
ちょっとした感情の行き違いで簡単にこうなるものだ。

俺は、行くついでに実家の近所の美味そうだと思われるラーメン屋をネットで検索して
そこに寄ってから行くことにした。
店内は小奇麗な木目調の落ち着いた作りだったが、客数まで落ち着いていて客は俺一人
だけだった。
味は、横浜の家系ラーメン(鳥でスープを取った吉村屋が元祖とされる味 
こってり脂っこくてのりとホウレンソウが乗っているのが特徴)
の味に似ている醤油とんこつで、やや太麺。
あっさり目でスープにアクセントがある味が好きな俺の好みではない味だった。

食い終わり、そのまま車で実家の下に着くと 今着いたと親父に電話をした。

車の中で待っていると、暗闇から親父っぽい人影が向こうの方から歩いてきた。
犬は連れていなくて、手には袋を持っている。
嗚呼 久しぶりにワンコたちに会いたかったよ・・・。

俺は車から出ると、やはりそれは親父だった。
親父は無表情に 「これ」 とだけ言うと俺に袋を手渡した。
俺はそれを受け取りながら「ああ ありがとう。」と言った。

親父は背を向けて再びマンションへと戻って行った。
俺は車に乗るとすぐに家路へと向かった。

そう!これが本当の言葉のいらない成熟した男同士の親子の関係である。
実に深みがあるぜ・・・。
まるで北の国からのようだ

って 嘘です

ああ 気まずかったぜ ふ~。

皆さん 親とは仲良くしましょう。
くれぐれも俺みたいにならないように。
[PR]
by masa3406 | 2007-05-07 21:29