<   2007年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

さようなら

本日は年内最後の仕事の日だった。
無職だが一応、仕事納めだ。
だが、会社員の時のような1年が終わったなという感慨はどこにもない。
縛られる要素に乏しく、お気楽に過ごしてしまった俺には解放感など存在しないのだろう。
バイトの帰り道に見かけた、よいお年をと挨拶を交し合うサラリーマンの集団を見て、
なぜだかはわからないがちょっとうらやましい気持ちになった。
俺もかつてはそんな環境に所属していたのだ。

帰宅してジムで練習をし、そして最後にお店に出勤した。
先日の件もあり、俺は店を来月に辞めるつもりだ。
チーフと一緒に帰っていると、俺は今日で辞めることになったから。
と不意に切り出された。
ママと喧嘩をしてちょっとした言葉の行き違いで辞めることになったらしい。
またママがチーフの何気ないひと言を悪意に受け取ったのだ。

なんてことだ。俺の唯一の理解者が辞めてしまうのか。
3月までは続けると聞いていた俺にはまったくの寝耳に水だった。
チーフは俺の味方で、これまで俺の愚痴を聞いてくれたり、
お互いに男の本音で話せるとても信頼できるやさしい人だ。
俺はそんなチーフがいることに安心感を持っていた。
女の子にも仲のよい子は何人かいるけど、本音では話せないこともあるし
男同士の信頼関係は特別なものでそれとは比べるべくもない。

俺はもう店が嫌で仕方がなかったから、これで本当に解放された。
これでいい年が迎えられるよと
憑き物が取れたような柔和な表情でチーフは語った。

それは、俺が前の会社を辞めた最終日に
まさに会社の玄関出たときの表情にとてもよく似ていた。
俺は会社から駅に向かう道でひとつ大きく深呼吸をしたら、
この上なく幸せな気分になった。
次の進路はまったく決まっていなかったけど、
あの日の俺は解放感に満ちていて本当に幸せだった。 
あれからもう1年と1ヶ月が経過したんだな。

この店は絶対に持たないよ。俺の後も絶対に続かないから見ててみ。
心細そうな俺にチーフはそう言い
最後に、「また電話するよ。」と手をあげて帰っていった。

来年、来月は俺の番だ。
俺は最後に誰に挨拶をするのだろうか。
[PR]
by masa3406 | 2007-12-29 05:07

それぞれの生活

友達とボウリングを6ゲームやって明け方帰宅して、寝て目が覚めたら夕方だった。
明日は世間ではクリスマス。
きっと世のカップルはこの連休を楽しんでいるのだろう。
俺はカトリックでクリスマスは俺こそ関係があるのだが、
教会にはもう中学生以来行っていない。
なんとなくピンチのときに神頼みをする時に十字を切ってお祈りをする以外は、
ほとんど自分がカトリックであることを意識することはない。
今日はジムがないので、よく飯を食う友達に飯に誘うメールをしたら
明日は、夜中に彼女とドライブに行くなんて全然聞いてもいない返事が返ってきた。
今日は仕事がある日なので、デートの日ではないと踏んで誘ったのだが。

め 飯は??
仕方がないので、1人で松屋に行ってデミグラハンバーグセットを食った。

奴は最近、ネットで彼女を探していてついに見つかって付き合い始めたので、
「いい時期」なのだろう。
2回目のデートで付き合うことになって、次にスノボー旅行に行って
もう同棲する話も持ち上がっているらしく、展開が早いものだと俺は驚くばかりだ。

既婚の友達らはかつてとは格段に付き合いが悪くなり、
ずいぶんと遊ぶ機会が減り、主に独身の友達と遊んではいるが
歳とともにこうして男は、友達付き合いが減っていくのだなと自身を通して実感する。
高校卒業してよく一緒に遊んでいた仲良し3人組の2人も結婚して、
たまに飲むけどすっかり付き合いが少なくなった。
つるんでいたあの頃は、時がゆっくりと流れていて
この関係がずっと続いていくような気がしていたけれども、
一生続くものなんてなにもないんだなと思う。
みんな「それぞれの生活」に忙しくなるのだ。
奴も結婚したら付き合いが減るのかもしれないな。

俺はクリスマスの明日はバイトとジムだ。
俺なりに頑張るとしよう。
[PR]
by masa3406 | 2007-12-24 01:37

誤解

店の帰り道、仲良しのチーフと話していると、
○○君実は と深刻な顔をして言われた。

先日のママに俺が担当する仕事の改善点を指摘した件で、
「あの人はなんなのよ。なんで私がそんなことを言われないとならないのよ。」
と俺はママに逆恨みをされて嫌われてしまったらしい。
チーフはフォローを入れてくれたようだけど、俺はただ単に自分を責める嫌いな人間として
インプットされてしまったようだ。

俺は経営者に話す必要があるから話したんだけどね・・・。
これまでも女の子からも苦情は出ていたし、俺もそのことは困ることだったので
いつか話そう話そうと思っていた改善点をあえて話したのだが、
論点はどこへやらで単に感情的に自分が攻撃されたと取ったらしい。
俺は非効率的な仕事はしたくないし、それは入るときに条件として俺が話していたことで
守られていなかったのだから自分には微塵も非はない。

話している途中でも、ママは任せているので自分はわからない。わからないで
この人は話をしても通じない人なんだな・・・とあきらめの気持ちはあったのだが、
まさかそう受け取られるとは思わなかったので、酷く納得がいかない気持ちになった。

チーフは俺の言ったことは何一つとして間違っていないし、正論だ。
あの人はそういう人だから話をしてもしょうがない人なんだ。と言ってくれた。
女の子たちも俺の言う通りで自分たちも同意見だと言ってくれた。

ママはこれまで、自分の気に入らない女の子をことごとく首にしてきている人間だ。
結局、自分にとって好きか嫌いか 敵か味方か ただそれだけの人間なのだ。

あのときは辞めないでねと言っていたし、
今のところ俺がいないと成り立たないからクビにはできないだろう。

チーフは来年度で自分はやめるけど、俺にもそれまではお店を利用してやれと言うけれど
冗談じゃねえよ 後は勝手にやってろ  俺の気持ちはもはやそれでしかない。

気持ちが完全に切れました。

早かれ遅かれでいずれはこうなる運命で必然であったのであろう。
いよいよ去るときが来たのだ。
[PR]
by masa3406 | 2007-12-20 03:20

パンチドランカー

ジムの忘年会があった。
一次会は居酒屋
隣り合わせた人が、かつては第一線でバリバリ活躍していて
今は引退してママさんの女子のプロ選手だった。
今はママさん家業が忙しくジムには来れないので、
キックの技術的なこととか現役時代の話とかこれは貴重な機会といろいろと質問してみた。
途中、生まれたばかりの小さい子供にスポーツは何をさせたいかという話題になった。
俺はサッカーや野球を男の意見として勧めたんだけど、即座に却下。
自分が小さい時からやっていた空手をやらせたいという。
けれども、キックボクシングだけはさせたくないそうだ。
彼女はプロ時代に試合が決まると試合前の追い込んだ練習のスパーリングなどで、
頭を打たれたダメージが蓄積して日常生活でもたまに頭痛がしたそうだ。

一見、試合のダメージでドランカー症状は出ると想像しがちだけど、
実は試合前のスパーリングを数こなすことがそれに直結しているそうだ。
当時、宝石屋で働いていた彼女はさっきまで数えていた数字を忘れてしまったり、
今していることを忘れてしまったことが何度もあったらしい。
子供には自分と同じ目にはあわせたくないし、将来頭脳労働をした時に困るようなことにはなって欲しくないから。
とすっかり母親の顔になった元プロは実感をこめてそう語った。
それだけに最近話題のK-1の15歳ファイターの
HIROYAの父親のように率先して小さい時からキックをやらせている親は考えられないそうだ。
多分、その父親にはプロ経験がないからだろうなんだろうけど
[PR]
by masa3406 | 2007-12-17 14:34

だめだこりゃ

店がとんでもないことになっていた。

ママが出勤前にお客の席についた店長が飲まされ、酔い潰れてダウンしてしまったのだ。
潰れていたはずの店長はそのままどこかに消えてしまい、携帯で連絡をしても留守電で
つながらず。
カウンター担当のチーフ1人と女の子だけで店を営業する羽目になっていたのだ。
この店は、店長とママで殆ど切り盛りしていたので、完全に機能麻痺状態だ。

俺が来た時間はママが来ていたのだが、かなりの長い時間 
接客も女の子のつけ回しもキャッシャー(会計)もまったくわからないチーフがすべて
やる羽目になったらしかった。

普段は温厚なチーフが営業後に俺はもう辞めると怒っていて、ママが必死になだめていた。
女の子達もこんな店は初めてだと怒って帰っていった。
ママは俺を呼ぼうと思ったけど、俺の携帯番号を知らなくて連絡できなかったらしい。

俺がママに仕事のことで話すと、店長にすべてを任せていたからわからない 
わからないばかり。
まったく把握していない。
来週の女の子の出勤も知らない。
実に頼りない。

あんた経営者でしょうが。 だいたいいつもお店に出勤する時間が遅すぎでしょ。
さすがにそのいい加減さには引くわ。
仕事なんだからちゃんとやろうよ。頼むよ いや本当に。

俺にやめないでねと懇願するママ
さすがにいま投げ出すわけには行かないけど、
この店がいつまで持つかは時間の問題だと確信した。

┐(´ー`)┌  本格的にだめだこりゃ・・・。
[PR]
by masa3406 | 2007-12-15 04:49

セクハラ

ちょい遅めに店に行くと、席についた女の子が
中年の太った客にかなりべたべたさわられている様子。
客がピッタピタに密着している。
カンナバーロばりのあまりにもタイトすぎるマンマークだ。
これは厳しい! 実況のジョン川平が耳元で囁いた
アズーリばりのカテナチオである。(しつこいって)

俺の角度からは女の子が誰なのかはよく見えなかったけど、
ここはクラブ 完全なセクハラ行為だ。
気づいているはずの店長もママも見て見ぬふりの様子だ。
俺は別の仕事があったので、外に出て戻ってきたら
まだそのままの状態だった。
ちょっとしてその客がチェックをして出てきて、泣きそうな顔をした女の子が席を立った。

あっ!俺が仲が良くてわりと話すAちゃんだ。
そうだったのか・・・かわいそうに。

この子は大人しく夜(水商売)はこの店が初めてで、
おっとりして人が良くて嫌と言えない性格の子だ。
放置は論外としてママや店長が余計にフォローしてあげないとならない。

呆れるとともになんだか俺まで凹んだ。
説明するのは難しいけど
セクハラされている子が親しい子だと、
特になんかとても生々しくつらいものがある。

非常に存在が具体的というか・・・。
この世界で働く限りは、これは割り切らないとならないんだろうけど。
(遭遇する可能性って意味で)

彼女に話を聞いたら、ホテルに誘われて大変だったそうで・・・。

今更ながらの非常に当たり前のことなんだけど、俺はそういう世界に今いるんだなあ・・・と。

金八先生は人としてとても悲しいです。

ただ、女の子を大切にしない店はいずれ滅びる。
それがこの世界の掟だ。
必ずやこの店は後で手痛いしっぺ返しを食らうことになるであろう。

俺もいつまでもこんな世界にかかずりあっていてはいけないのかもしれない。
帰り道に色々考えさせられた日だった。
[PR]
by masa3406 | 2007-12-13 05:25

ドタキャン

店に行くとやはりその子は来ていなかった。

ママと店長が、来ると言ったのになぜ来ないんだろうとうろたえていた。
出勤直前までは来ると電話で話していたのに、来なかったようだ。
電話をしても出ないらしく連絡がつかないと慌てていた。

(´-`).。oO(・・・おいおい ドタキャンは・・・もうちょっとうまくやろうよ・・・。)

昨日俺とその子が、会話していたのをママと店長が見ていて知り合いと思ったらしく、
しきりに俺に何か聞いていないかと聞いてきた。

俺は以前いた店で一緒でたまたま再会しただけで
何も聞いていないし、特別知り合いというわけでもないので彼女については何も知らないし
それ以上は何も知らないと答えておいた。
俺にも来ると言っていましたよと。
経験者なので、推測でしかないけどほかの店も同時に探しているのではないかとも。

店長とママはかなり期待していたらしく、あてが外れて落胆しているようだ。
チーフもかわいい子だったのにと残念がっていた。

ママ 店長 すまん m(_ _)m  

ただ、仮にいきさつがなかったとしても、俺は面識がある子にこの店は勧められないや。

こうして年末最後のちょっとしたハプニングは終わった。
あの子と今後、もう会うことはないだろうけど
どこかで元気にやってもらいたいものだ。
[PR]
by masa3406 | 2007-12-06 17:28

神様の運命のいたずら

いつものように夜のバイトに店に行くと、俺の顔をしげしげと見てくる女の子がいた。
ん?新顔みたいだけど どこかで見たような?

考えていると
その子は俺に寄ってくると、俺の名前で呼びかけてきた。

ぐわっ!思い出した!
今年、花火大会に一緒に行った子だ!(ーー;)

しかしなんでここにいるんだ・・・な・なぜなんだ
俺、途中からメール面倒だから返事しなかったんだよな
それから疎遠だったんだよ・・。
き、気まずいじゃないの

とりあえず、平静を装い普通に挨拶をする俺。
数カ月前に花火大会からそそくさと帰り、メールの返事もしなかった男に対して
にこやかでかつてと変わってはいない。

む 人間ができている

俺は風邪をひいていて鼻がやや詰まっていて、神経がいつもより麻痺してぼーっとしているので、思ったよりも気まずさは込み上げない。
風邪今日だけはナイス!

(このブログにも一緒に花火大会に行ったレスをしているのでご参考に)

以前と同じように話題を振ってくるその子。

俺も自分がこの店に移って来たいきさつを話しつつも聞くと、この店には求人募集を見てたまたま応募して来て、今日が体験入店だそうで。
しかし、この店は有名店でもなんでもない小箱の店
募集条件だって、相場からしたら良くないに違いない。
この広い東京砂漠
無数にある店で再会することなんてあるんだなと。
本当に驚いたわけで。

が、しかしこれは運命じゃないぞ
断じて運命ではない
か、勘弁してくれ(~_~;)

店が終わってから話す時間があったので、これはあくまでも以前一緒に仕事をした
仲間としてその子に

店は今ヤバイ経営状態であることと。
いつ潰れて給料未払いなんて事態になってもおかしくないこと。
その子の水商売のキャリアからして、
この店はもったいなく恐らく今後にプラスになることはないであろうこと。を
以上 信じるか信じないかはあなたの自由です。と正直に話しておいた。

いや、全部本当のことです

その子はほかの店の体入をキャンセルして、ここに入店をすることに決めていたけど、他も行ってみることにすると言っていたが果たしてどうなるものか・・。
神様、心臓に悪いんで
こういう再会は勘弁して下さい。
お願いしますm(__)m

そして○○ちゃん
新転地でのご活躍を祈ってます。
今日はいつも通りってことで
神様お願いします。
[PR]
by masa3406 | 2007-12-05 19:29