<   2008年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

突然の閉店

バイトをしていた夜のお店。
その後、俺は引き止められて来月末まででやめる予定だった。
ここ最近の店の状況はというと、最近お客さんを持っているような女の子が次々と辞めてしまい、
先週からママが体調を崩して入院していてママも不在だ。
募集はしても新しい子も入ってこなくて、客足も減ってきていた。
客は来ても女の子が減ったのでつける女の子が少ない。
悪循環だ。
ただでさえ売りがないお店が、まったく売りがなくなった。

俺は過去に何回かお店が潰れる末期を見ているのだが、
なんともその状況に似ているなと最近思っていた。
その中でもいちばん酷いのかもしれない。
ただ、月曜日に店長と話したときにママもお店を継続する気はある意思を聞いていたので、
持つかどうかは別としてこの先も続けるだろうと思ってはいた。
潰れるにしても数ヶ月は持つだろうと。

そして水曜日に出勤するなり俺は店長に店の奥の席に呼ばれた。
こうやってあらたまって話すのは入店の面接以来だ。
なんだろうか。方針でも話すのだろうか。

その内容とは、
実は、ママが入院していて思ったよりも状態が悪いのがわかり、手術をしなくてはならなくなった。
そしてママがいないまま続けていても現状を見てもわかるとおり厳しい。
だから、非常に急で申しわけないんだけど今月でお店をいったん休止するということになった。
また必ずこの地でお店を開くので、そのときは一緒にやろう。

店長はクールな人だ。いつもと同じように淡々とそう話した。
月曜日にお店は続けると言っていたので、まさに寝耳に水だ。
これは休止という名の閉店だ。
ママはここ1ヶ月週の半分以上はお店に出勤していないペースだったので、
ママがいないことには最近は違和感はなくなっていた。
本来はそれもありえない話なのだけど。

状況はわかるけど、もっと早く言えよなあ・・・。
ママの体調が良くないのはわかっていたわけだし。。。
俺は過去に何度かお店の閉店に遭遇したことはあるが、
最低限の常識で店側には1ヶ月前には通達されていた。

それが直前の2日前
あの気まぐれなママのことだ。手術のことは本当だとしても突然決めたに違いない。

俺以外の全員にも今日告げられたそうで、女の子達も急で困るだろうなと頭をかすめた。
本当に最後までいい加減なお店だった。
だから続かなかったのだが。

辞めたチーフが最後の日に俺に言っていた

「このお店は絶対に続かないから。本当に絶対に続かないよ」

その言葉がいまさらながらのようによぎった。

というわけで、早速、前の店の担当に電話をしたらカムバックはいいよとのこと。
ありがたいことに再来週から復帰することになった。

今日は、みんなともお別れだ。
思い返すと、この店は女の子達は人柄がいい子が多かったし、
みんなアットホームな雰囲気だったので、非常に仕事がしやすかった。
今日で最後ともなるとちょっと寂しい気分だ。
少なくとも俺は人には恵まれたと思う。
今の気持ちは感謝の気持ちでいっぱいだ。

ただ、今日でお終いも運命 
出勤して、最後のお別れをしてこようと思う。
[PR]
by masa3406 | 2008-02-29 19:33

自爆

ここのところ、ジムの仲間の試合の応援が続いていて出費続きだったので、
今週末はちょっとゆっくりと休もうかなとなんとなく思った。
最近はジムの付き合いばかりだし、来週も試合があるしで
家でゆっくりしてもいいしちょっと友達とも会ってもいいし
1人でちょっとした旅に出かけてもいいかな。 なんて
むふふ 夢が広がりんぐだ 

が、しかし 今週末はジムの女子の選手の試合があるのだ。。場所もちょっと遠い。

いつものようにジムに行き練習していると、試合前なので女子の選手が熱の入った
追い込みをしていた。
練習が終わり、女子の選手が帰る時に俺が対戦相手などの試合の話をなんとなくしたら

「来てくれます?」と聞かれてしまった。

うう ああうううう  ほんの一瞬間が空く俺

「あ、ああ もちろん行くよ。何時からなの?」

試合のこと聞いちゃ だ だめじゃん俺・・・。 
ジムの仲間だし、やっぱ行かないわけにいかないよな・・・。とほほ

とにかく勝ってくれ 

頼むぞ 
[PR]
by masa3406 | 2008-02-27 21:40

しょうがないじゃん

ジムのアマチュアの選手が以前試合をした、キックボクシングを見ながらタイ料理を食べれる店で再び試合をすることになったので、応援に行った。
以前、判定負けを喫していたので今回はリベンジだ。今回は立ち見料金を払い、リングサイドで全部の試合を見たのだが、それは長いので彼の試合だけを見ることにした。

店の上はジムになっていて、試合前の選手はそこでアップをする。
俺は試合前までセコンドにつくプロ達とそこで待機をすることにした。
そう広くないジムの隅には仕切りがあり、その向こうにタイ人が暮らす二段ベットが並んでいるのが見えた。す、凄いジムだ。
壁の上にはベットを見下ろすようにして、タイ国王と王妃の写真が飾られている。
よくタイのボクサーが、世界タイトルマッチの時にセコンドが写真を掲げて入場してくるあれと同じ写真だ。
セコンドのプロに対戦相手を聞いたら、なんとエントリーの処理が手違いでなされていなかったらしく、対戦する日本人選手がいなくて急遽タイ人を店が用意したとのことだった。
しょうがないじゃん2 編集 | 削除
多分、二段ベットにいる
タイ人の誰かなのだろう。これで彼の今日の試合が、勝って経験を積むから経験を積むへと変更を余儀なくされてしまった。
相手は現役選手ではないのだろうが、彼のキャリアと実力では歴戦のタイ人に勝つのはちと不可能だ。
勝つ所が見たかった俺はがっかりした。
ちょうどその時間帯は所属ジムの選手の練習時間らしく、プロらしき選手たちが思い思いにサンドバックに向かっている。
その中に見覚えがあるガッチリした体格の選手がいた。
その選手は実力もあるが反則ファイトでも有名で、度を越えた暴走ラフファイトをしてしまい、事実上所属するジムの団体から追放されていた選手だ。
クレイジーファイトの代名詞だったが、ここ数年はすっかり表舞台から姿を消していた。
久しぶりに見たその選手は、坊主頭になり体と顔面にもタトゥーが2つ入っていた。
まるでタイソンみたいだ。。。
しょうがないじゃん 3 編集 | 削除
いったい、なぜ顔に新たに入れたのだろうか。
サンドバックを打つパンチや蹴りはパワフルかつ鋭く、コンビネーションも上手く体こそ絞られてはいないものの、今も練習を続けているのがわかる。
頭突きを交えたコンビネーションもしていて、ラフファイトの練習までしていることに驚かされた。
こ、懲りていない。。。
途中、マススパーを目の前でしていたが、ちゃんと手加減をして技術指導をしたり紳士的にしていた。
実力派でもあるし、こんな選手が締め出されているのはいささか勿体ない。
他のジムの練習を普段見ることをないので、新鮮さもあり勉強にもなった。
彼等の大事な練習が我々に場所をふさがれ、気が散るし邪魔してしまっているのだろうが。
いよいよ試合の順番になり、選手が呼ばれた。
試合の説明が終わり、下から名前をコールされると彼はウォー!と雄叫びを上げるとひとりで階段を降りて行ってしまった。
慌てたセコンドがそれを追いかけた。
普段は口数が少なく、冗談も言わない大人しい彼にこんなモードがあったことにびっくりした。

下に降りて試合を見た。
相手のタイ人は、トレーナーをしているらしくやや太り体重は彼よりも重そうだ。
1ラウンドはタイ人はまるでマススパーで受けてあげる人のような感じで、ほとんど攻撃を出さないで彼の攻撃を受けて流していた。彼はミドルキックが得意なのだが、歴戦のタイ人にはモーションを読まれ何度も前蹴りもミドルもキャッチされてしまう。
キャッチを解く方法があるのだが、それを知らない彼にあえてキャッチしたままパンチで殴らないであげて手加減をしているのがわかる。
こうなるとなかなか蹴りに行きにくくなる。
終盤、手数が減ったまま1ラウンドが終了した。
2ラウンドになると、受けて流していたタイ人が彼の攻撃に反撃するようになった。
腕を殺す鋭く重いバチーンというミドルが、彼に叩きこまれ時おりパンチをカウンターで喰らっている。
ハイキックも浅くだが入った。
これは痛そうだ
そこで畳み掛けたらダウンを取れるのだろうが、タイ人はあえて攻撃を止めて最後は手加減をしてあげているのがわかる。
彼もなんとか立て直して攻撃を仕掛けるが、相手への恐怖感からか踏み込めないので攻撃が当たらない。
多分、攻撃が効いて前に出れなくなったのだろう。
ちょっと消極的なまま2ラウンドが終わった。
インターバルにセコンドのプロが激して、全然駄目だ!もっと積極的に攻撃しないとこれじゃあなんの勉強にもならない
意味がないぞ!
と激しているのが聞こえた。
3ラウンドが始まり、激の影響か彼は飛び出すと
パンチのコンビネーションからの蹴りを仕掛けた。
実力差があまりにもあるので、追い込むシーンはなかったけどこのラウンドは積極的に手数が出た。
こうして3ラウンドが終わり判定負けが告げられた。正直、実力的に大人と子供の試合で、タイ人がかなり手を抜いてくれてようやく判定になった試合だった。
実力的に大人と子供の試合で、タイ人がかなり手を抜いてくれてようやく判定になった試合だった。
負けを告げられた彼はひざまずき、タイ人にお辞儀して、なぜかこっちのセコンドにもひざまずきお辞儀をした。
そして、よろめきながら階段を登って行った。
セコンドの後ろに着いて2階に登ると、彼は号泣していた。
普段は寡黙で感情の起伏を見せない彼が声をあげて泣いている。
ここ何年かで男が号泣しているシーンは久しぶりに見た。
確か会社の送別会だったかな・・・。
その前ともなると、さかのぼること高校の時の野球部の夏の大会でコールド負けした試合の後だった。
その時に一人だけ泣いていなかったのがこの俺だ。
後輩までみんなが泣いているのに、俺一人だけが泣いていなかった。
なんとなくばつが悪かった俺は、泣いていないのがばれないように下を向いていた。
ためしに泣こうとしてみたけど無理だった。
だって相手は去年の優勝チームだぜ。
負けたのはしょうがないじゃん。
内心、俺は思っていた。

俺は自分が人前では泣けない性格なので、人が泣いている場面が苦手だ。
だから、セコンドが慰めている横でやや離れて黙っていた。
彼が泣いていた理由は、相手を恐がって攻撃を仕掛けることが出来なかった自分にふがいなくて泣いていたそうだ。
でも相手は歴戦のタイ人だぜ。
攻撃は読まれてるわ、途中重いのをもらってたし、入れなくなったのはしょうがないじゃん。
また、俺はひとりでそう思った。
仮に試合をしたのが自分でも泣かずにそう思っていたと思う。
こう理由を見つけて納得してしまう俺は、勝負事に向いてないのかな。
その後に皆で飲みに行った帰り道、そんなことをふと思った
[PR]
by masa3406 | 2008-02-24 06:32

引退宣言

プロ選手の試合が終わったので、自分が幹事で企画してジムのみんなで
俺の地元だった街の穴場の魚の美味い居酒屋で飲んだ。
ここは魚屋が経営していて魚が新鮮で安くて実に美味い。
穴子の白焼きや鯨の刺身など珍しいメニューもある店だ。
冬なのでみんなで鍋を食べた。

俺はずっと男子校だったので、こうやって男だけでわいわい集まって飲むノリは好きだ。
女がいる飲みよりも本当の意味でリラックスできるのだ。
みんなも楽しそうに話も盛り上がっていて、いい集まりになったなと
幹事としてちょっぴり嬉しかった。
俺は運転なので1口も酒を飲めないのが少し残念だったが。

皆の酒が大分進んだころ、つい最近壮絶な打ち合いをして負けたプロの人が、
今日は皆に話したいことがあって、実は自分はこれで引退をして
もうジムにも行かないつもりだと、突然の引退宣言をした。
飲みにいく前に足を見せてもらったのだが、ローキックのダメージで
足は太腿や脛が内出血だらけで足の踵部分は降りてきた血で
1・5倍くらいに膨れ上がっていてなんともグロテスクだった。
K-1とか見ている人にはローキックはその場だけ痛いだけだと思われがちだが、
現実にはとんでもないダメージを負う。
皆、仲間の急な引退発言で場はさっきまでのワイワイムードから一変して、
しんみりして沈んだムードになった。
実は試合前から今回の試合を区切りに引退を決めていたそうで、
勝っても負けても引退する腹づもりだったと語った。
これからは、キック以外のほかの趣味を楽しむつもりだとも。
本当はジムで会長にひっそりと告げて辞める予定だったのだが、
今回俺がたまたま飲み会を企画したので、みんなが集まるこの機会に
先に言おうと思ったそうだ。

そこから選手を辞めても、キックは趣味程度に楽しめばいいじゃない
何も辞めなくていいじゃないと言った意見が場を占めて、
場に居合わせた誰もが引き止める意見を彼にぶつけた。

俺は何も言わないで黙っていた。
プロではない俺が、彼がずっと前から決めていた決断に対して、
俺なんかが軽々しく意見すべきではないと思ったからだ。
あと、俺が高校のときに夏の大会前に野球部を引退した時の心境を思い出したからだ。

当時、高校を留年していた俺は元々いた学年が夏の大会を最後に引退しても、
そのまま野球部を引退しないで続けていた。
ただ、留年するくらいに勉強に落ちこぼれていた俺は、部活との両立に苦しんでいた。
そんななかで続けていてたある日、自分の中でもう野球はいいかなとふっと思った。
自分なりに限界を覚えたし、練習へのモチベーションを失い練習をするのが苦痛になった。
前まで楽しかったのに、ぜんぜん楽しいと思えなくなってしまったのだ。
そして俺は監督に引退の意思を告げて退部をした。
帰りに乗った地下鉄の中で、もう練習しなくていいんだと思うとすごく気が楽になった気がした。
まったく寂しい気は起きなかった。
もう野球はやりたくない。
これからはプロ野球を見るだけにしようと思った。

彼もその時の俺と同じで、キックはもういいかなと思ったのだろうと俺なりに感じたのだ。
多分、情熱を失ってしまったのであろう。
引退することは彼女にも告げていて、試合に呼んでいたそうだ。

俺は、人生は仕事以外は自分の自発的にやりたいと思うことをすべきだと思っている。
人はやりたいこと楽しいことをすると、脳からアルファーファが出てリラックスするという。
やりたくないことはする必要はないのだ。
人生は1回きりだ。
自分がやりたいなと、ウキウキ楽しい気分になるものをすればいい。
だから余暇なのだ。
苦痛か楽しいかの度合いなんて、その人個人にしかわからない。
辞めたいなと思ったらそれで卒業でいいと思う。

ずっと黙っていた俺に対して、1人が俺はどう思うと聞かれたので
とりあえず今はゆっくり休んで、その後やりたいと思えばやればいいと思うし
その時の気持ちで決めればいいようなことを言った。
本音は、前述のとおり自分がしたいようにすればいい。だけなんだけど、
なんか冷たく聞こえて、場の空気をぶち壊しそうなのでやめておいた。
言葉が足りないと誤解を受けてしまいそうだし、日本語って難しい。

俺も皆の、練習仲間が突然来なくなってしまう寂しさはわかるのだが、
それは彼への押しつけでしかない。
彼の人生、自分が今いちばんやりたいことをすればいいし、
それがいちばん彼の幸せなのだ。と自分の経験で思う。
彼はキックから卒業したのだ。

店を出てラーメン屋に流れて、最後に彼とそれじゃあまたと挨拶をして別れた。
その『また』 はいつになるんだろう。
卒業おめでとう
いい人生を
[PR]
by masa3406 | 2008-02-17 03:24

無常

ジムのプロの選手の試合を高校時代の友達2人誘って試合の応援に行った。

結果は僅差の判定負け

1ラウンド目はドロー
2ラウンド目でダウンを取られて相手
3ラウンド目は取っていてドロー延長かと思ったら3-0で判定負け。

相手は主催者側がいちおしに推している選手ということもあり、
多分、これが主催者側が負けさせたくない選手なら
ドローで延長になっていたような気がした。
とりわけ3ラウンド目は相手はローやミドルのダメージから手が出なくなっていて棒立ち
5ラウンド制なら確実に勝てたように思える試合だった。
案の定、相手の選手は次の試合ではダメージで満身創痍であっさりと敗北した。

去年は負けなしでチャンピオンになった選手はかねてから
テレビ中継もされるこの舞台が一大目標で、
そのために練習をひたすら積んできたのを知っているだけに、
試合後になんとも無常で気の毒な思いにとらわれた。
世の中、努力したからといって報われるとは限らないのだなと。

友達の1人は休日出勤で仕事帰りに合流したのだが、
その友達がようやく会場に着いたときは
ちょうど決勝戦が始まっている最中で、席に着く前にダウンで決着がついてしまった。
つまり、友達は1試合も見れなかったことになる。

こちらもああ無常

帰りに3人で高校時代によく歩いた道を歩き、居酒屋でもつ鍋をつつき昔話に花を咲かせた。
街も高校時代とさほど変わっていなくて、
皆が高校時代のまんまでなにもかもがとても懐かしかった。

試合は負けてしまったけど、この日こういう機会を与えてくれたことに感謝したい。

お疲れさま
[PR]
by masa3406 | 2008-02-03 16:45