<   2008年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

会社の研修

会社の研修があったのが、俺は開始時間の時間変更があったことを
知らずにまんまと遅刻してしまった。
いや
前に誰かが教えてくれた気がしたのだが、仕事の忙しさに追われて
すっかり忘れていたのだ。
時間になっても来ない俺に、同僚が電話をしてくれて駆けつけたのだ。

色々な支店から集まった人が大勢いる大きな部屋に入ると、
前で説明をしていた偉い人らしき人に、おはようございますと挨拶をされてしまった。
やばい 支店長も来ている・・・。
だらしない奴だと思われたことだろう。

最初に業務に対する心構えの話があり、それから会社のコンプライアンス
安全運転 事故をした時の対応といろんな部署のえらい人が出てきて
説明があった。
会社の規模が大きいので、どの人も知らない人ばかりだ。

その後、いろいろな支店の人とグループを作ってディスカッションになった。
議題のテーマがあって、順番に自分の意見を言わされる。
最後にそれをまとめて、リーダーが発表するのだ。
両隣りはほかの支店の人で普段は接点もない人だが、
俺は自分の意見を言う以外の昼休みや暇な時間も、
議題に参加して、あえてコミュニケーションを取るべく会話をした。
机のちょうど反対側の人たちは、人見知りなのかお互いに下を向いて、
お互いに交わろうとしていない。
確かにこういう時に、壁を作り自分の殻をかぶって会話をしないのは、
自分のペースを保ったままだし楽だ。
どうせこれからも一緒に仕事をすることもないし、
二度と会うこともないかもしれない。
この時間、今日1日だけやり過ごせばいいだけだ。

だけど、同じ社内の人なんだしせっかくこうして会うのも何かの縁だし
その場だけでもコミュニケーションを取ってみるのも、
悪くないんじゃないかなと思う。
それで合わないなと思えば、別に話さなければいいだけの話だ。
こういう普段合わない人と会う場は貴重だし、それはそれで面白いことだと思うのだ。
話しても何かが減るわけでもない。
俺は大学時代はサークルには入らなかったのだが、
この方式でいろんな奴に話しかけて友達を作っていった。

研修は最後に感想文を書かされて終了した。

俺がこの研修に出るのはこれが最初で最後であろう。
そろそろ高校サッカーの予選が始まる季節になってきた。
夏が終わり、秋になり冬になるのはあっという間であろう。
時間がない。

来週から、具体的な転職活動を始めようと思っている。
[PR]
by masa3406 | 2008-08-30 17:46

睡眠不足

寝て起きたら、なんと夕方の夜18時半になっていた。
相当、1週間の疲れが溜まっていたと見える。
土曜日は、いつもこのパターンで実にもったいない。

人間は夜きちんと睡眠時間を長く取らないと、
疲れが取れないままに毎日を過ごして、
こうして溜まった疲れを週末にいっぺんに取ってリセットしないと
完全に元には戻らないのだろう。

店から帰るときのカーナビのテレビで、睡眠の重要性についてやっていたのを見た。

人間はしっかり睡眠をとらないと、記憶力の機能も低下するし、
頭の働きの能力はかなり鈍るんだそうだ。
よく人間は寝ないでも平気だ、4時間睡眠くらいのほうが頭が働くと
言う人もいるがそれは完全な錯覚で間違いらしい。
そして、寝ていないと感情を制御する機能が落ちて、
怒りっぽくなったり、落ち込みやすくなったり情緒が不安定になるんだそうだ。
睡眠不足は百害あって一利無しなのだ。

たまに仕事でイライラするのはそのせいもあるんだろうか。
だが、仕事以外ではイライラしないし、完全に仕事の問題なんだろうな・・・。

起きてキックのジムに行き、昨日ボクシングの練習で見つけた課題を反復した。
昨日、帰宅してから注意されたことや教わったポイントを汚い字でメモ書きをしたのだが、
それを水分補給するペットの横に置いて、時に見て練習をした。
まるで小学生みたいだ・・・。

今日は俺しかいなくて、たった一人で練習した。
前よりも力が抜けて、パンチのフォームがバランスがよくなってきている気がする。
週1のボクシングの練習の効果が、徐々に出始めているのがわかる。
1人で練習していると、時に無になった気分で落ち着く。
最後に骨折をしてから久しくやっていなかったベンチプレスをしてみた。
ベンチプレスの動きはメカニズム的に問題がないようで、
持ち上げることができた。

明日はジムの人がおやじバトルなるものに出るんだそうで、
応援に行くことになった。
その人は40過ぎているのにたいしたもんだ。
元気をもらって活力にしようと思う。
来週は会社の研修があり、土曜日は休めない。
帰りに皆で焼肉でも食べて、週末を楽しもうと思う。
[PR]
by masa3406 | 2008-08-24 03:12

予定調和のメール

仕事の昼休みに同期の女の子からメールが来ていることに気づいた。
お盆前に会社から一緒に帰ったときに電話番号とともに聞かれて、
メールアドレスを交換していたのだ。
内容は仕事に対する愚痴だったので、
俺もそれに乗っかり同様の愚痴で返した。
これをきっかけにメールを頻繁に送る関係にはなりたくないので、
感情表現は抑え、疑問系のレスはせずにあまり話を膨らませないようにした。

男友達とメールするのはいいんだけど、
会社の子と予定調和的なメールを頻繁にするのは疲れるし、
できれば避けたい。
面倒だ。
俺にはあくまでも、会社でたまに話す程度でいいのだ。
個人的なことは知りたくもないし、プライベートまでは首を突っ込みたくない。

今まで生きてきて過去の経験で、無駄だったこと
無駄だと思ったことは、もうしなくていいんじゃないかなと思っている。
それが経験則であり、人が年齢を重ねていくということなんだと思う。
人生の時間は有限であり、無駄を繰り返していても仕方がないのだ。
そうやっていき最後まで残っているものが自分にとって必要だったり、
大事なものなのだと思う。
俺は、そこだけには正直に大切にしていきたい。

仕事後にボクシングの出稽古に行き、
スパーリングを頼まれたので、付き合ったらガンガン殴られて、
やや頭痛だ。
ただでさえ足りない俺の脳細胞は、これでさらに死滅したことだろう。
ボクサーはパンチのまとめ方とタイミングのずらし方が上手い。
ディフェンスが上手くなかなか当てさせてくれない。
パンチだけのボクシングは難しい。
スパー後に、フォームやリズムの取り方の欠点のアドバイスを聞き、
バイトへと向かった。

なんか今朝は眠くて頭が働かない

今週も疲れた。
これからゆっくり寝させてもらおう。
[PR]
by masa3406 | 2008-08-23 06:14

京都

墓参りをした後、阪急電車で梅田へと向かい
京都の友人の家に泊まりに行くので、阪急デパートでお土産を購入した。

梅田から特急に乗り河原町に着き地上に出ると、
ああ、こんな町だったなあ・・・
修学旅行のときに見た風景があった。
目の前の漫画喫茶に寄って待ち合わせ時間まで
一息をついて涼んだ。
しかし暑い 関西はあまりにも暑い
紫外線も東京よりも厳しい気がする
神戸・大阪・京都と来て京都はその中でも1番蒸し暑い気がする。

待ち合わせ場所に現れた友人は、
茶髪で髪にパーマをかけ伸ばしていて若々しくなっていて
すぐに誰だかわからなかった。

友人は東京でサラリーマンをしていたのだが、
2年前から辞めて、故郷の京都で家業のアパレルの仕事を手伝っている。
ネット販売なんかもしていて、主に内勤なので格好は自由なのだという。
サラリーマンのときよりも生き生きとしている気がする。

友人はどうせ京都に来たのなら、京都らしい料理を食べさせてあげると
鴨川沿いの川床料理 に連れて行ってくれた。
川床料理というのは、川に面してせり出したオープンテラスみたいな
座敷の上で、懐石みたいな1品料理のコースを食べることを
言うものらしい。

鴨川沿いの細い路地にに現代風にアレンジされた京料理の店が並んでいて、
川床で食べるのが人気らしくどこもお盆で観光客が多く満員だ。
何軒かお目当ての店が満員で、ようやく友人が以前行った事があるという店に入った。

川床はライトアップされた夜の鴨川に面していて、なんとも風情がある。
真下の川岸にはカップルがお互いのパーソナルスペースを
保つように等間隔に座っている。

だけど、鴨川沿いのここって江戸時代確か刑場だったんだよなあ・・・。

友人と俺は生ビールを飲みながら、コース料理を食べた。
友人は、東京時代に比べたら、今は自宅と店の往復だけで
ほとんど買い物や趣味の店に出かけたりすることはなくなったらしい。
今は、仕事の収支は微々たる利益でまだまだなんだけど
家業なので上司の顔色を伺うこともなく、マイペースで仕事ができて
生活そのものはまったりしているんだそうだ。
充実してそうな表情がうらやましい。
サラリーマン時代の話になり、上司と喧嘩して友人は会社を辞めるときに
当てつけにこのまま死んでやろうかと思ったそうだ。
普段は博識で温厚な彼に、そんな繊細な面があったことに俺には少々驚かされた。

そんな状態から抜け出した彼には、今の仕事は精神的にも余裕ができて
合っていたのだろう。
仕事が充実している男の表情はカッコいいものだ。
俺も、早く自分に合う仕事を見つけたいと思う。

その後、友人と祇園を歩いたり、お好み焼きに似た壹錢洋食という
ものを食べて、京都市の郊外の友人宅に泊まり、
翌日は友人に連れられ、お気に入りだという神社を巡り帰京した。

東京では自分が店を選んで誰かを連れて行ったり、
自分が運転してエスコートすることが多いので
自分が受け身で連れて行ってもらうことは滅多にない。
たまには、こういうのもいいもんだなと思った。
[PR]
by masa3406 | 2008-08-15 23:21

ルーツ

神戸・京都の旅から帰還した。
今回、神戸に赴いたのは母方のばあちゃんと爺さんの墓参りのためだ。
恥ずかしながら、自分は墓参りは1度もしていなくて、
いつか行こう行こうと思っていて、ようやくこの休みに行くことにしたのだ。
行くことで、自分のルーツを辿りたいという意味合いもあった。

夜中のバイト明けでそのまま寝ないで行ったので、
電車の中ではほとんどの時間、爆睡していた。

JRで関西に着いて驚いたのが、とりわけその蒸し暑さだ。
アスファルトから熱が出て鉄板の上のように暑く、
湿度が凄く少し歩くだけで汗が滴り落ちる。
東京も暑いけど、こっちはさらに上を行く地獄の暑さだ。
荷物を持ち三宮から阪急電車に乗りお墓のある駅まで行く。

阪急電車は東京で言うところの、ちょうど東急東横線のようで
車窓には高級住宅地が見えてお金持ちで上品な雰囲気だ。
大阪の地下鉄や阪神電車や南海などとは違い、
乗っている人も品があり落ち着いている気がする。
代官山とか田園調布とかそんな雰囲気だ。
六甲山が背後に立ち、家が狭い山のふもとに立ち並んでいる。
神戸ではお金持ちは阪急の山側に住んで、海側の下町に庶民が住んでいる
ような図式が多い。
東京とは違い、なにかがはっきり分かれている。

霊園がある駅を降りるが、初めてなので場所を駅員に聞く。
大きな地図を出してくれて行きかたを説明してくれた。
駅から数分ほど歩くと、高台に続く傾斜の入り口に霊園はあった。
入り口に管理事務所があって、そこにお供えの線香や生ける花なんかを
売っている。
カトリックの俺は線香はやり方がよくわからないので、花だけを購入した。
傾斜に墓が連なって立ち並んでいて、とてもどこにあるのかわからない。
管理事務所に名前を言って教えてもらうと、入り口から程近い
後ろに壁があるような一角に墓はあった。

俺の母親の実家はたいそうな金持ちだったらしく、
霊園のスペースや墓石からもそれは伺えた。
その1画が一族の墓らしく、墓が全部で5つもあって
はじめて来た俺には、どれが爺さん婆さんのかよくわからない。
とりあえず1番新しそうな墓がそれであろうと、
花を供えて柄杓で墓石に水をかけて祈った。
ほかの墓も誰だかよくわからないけど、水をかけて祈っておいた。

なんともいい加減な俺

駅まで続く帰り道 閑静な高級住宅街を歩きながら、
先祖とは、ワーキングプアーでとんでもなく境遇も階級も違う今の自分の境遇が、
ふがいなく、情けない気分になった。

孫の俺は、なんでこうなっちまったんだろうな。。。

おそらく、一族でも自分は最低の生活レベルであろう。
とても情けない。


自業自得なんだけど、いくらなんでもこのままではいけないな。
もう少しマシな生活レベルにしなくてはならないなと感じた。
東京にいるときには、とくに先祖と絡めてそうは感じたことはなかったのだが
ここの地に来て痛感した。

金持ちになりたいとかそういうことではないけど、
マシな生活 にはしたいと思った。
なんとかせねば
[PR]
by masa3406 | 2008-08-15 22:04

減量後

家で爆睡していると、携帯に電話があり起きた。
もう夕方の16時だ。
また1週間の疲れで日中を寝て過ごしてしまった
もったいない

電話の主は、ジムのチャンピオンで、試合に出るプロが2人
田舎から出てきて計量をするので、
その後でみんなで飯を食わないかということだった。
本当は今日はジムで練習したかったのだけど、
そのプロ達は普段は故郷で練習をしていて滅多に飲む機会はないので
行くことにした。

店選びを任されたので、以前好評だった魚が新鮮でうまい料理屋をチョイスした。
料理屋の最寄の駅に待ち合わせ、3人と合流した。

明日の試合を控えた2人は、1人は7kg減量したとのことで
口数も少なく、いかにも疲労困憊で疲れた顔をしていた。
もう1人は3kgほどだったらしく、こちらは元気そうだ。

俺は車なのでウーロン茶 試合を控えた2人は1人は生ビールで
1人はウーロン茶 チャンピオンは生ビールで乾杯した。
一見したら、まるで試合後の打ち上げのようだ。

ここの名物の特大の刺身の盛り合わせに江戸前寿司 どじょうのから揚げに
生タコのから揚げ マグロのほほ肉のタタキ
どれも美味く皆でそれらを堪能した。

階級性のスポーツであるキックの選手は、計量が終わると
翌日の試合の日までに体重を戻すかそれ以上にして、相手よりも体重を上回り
少しでも有利にしておきたいと考えているのだ。
グローブをはめるとそれだけ体重が攻撃に伝わり、体重が重いほうが有利に働くのだ。

7kg減量した人は、胃が縮まっているらしく
少し食べては休み、少し食べては休みしていて、
あまり食欲がないようだ。
さすがに1日でそれを元に戻すのが難しいらしく、多分3・4kgくらいしか
元に戻せないだろうと言っていた。
とりわけ油ものが弱っている胃に辛いらしく、刺身などの生ものを中心に食べていた。

もう1人は、なんでも沢山食べている。
こっちは3kgほどなので1日ですぐに戻るんだそうだ。
我慢していた水分が取れるのがうれしいのか、コーラを何本も何本も頼んで飲んでいる。

みな明日の試合の話はしないで、ぜんぜん関係ない話をしている。
2人とも戦績はそれなりに多くキャリアもあるので、
試合直前は、いまさら明日の試合をどうこうはあまり話さないのだろうか。

俺はこの2人とは普段は一緒に練習していないので
いろいろ練習している環境などの話を聞くと、今回の試合のために新幹線で来たのだが
その金は連盟は出してはくれず、ファイトマネーから捻出しているそうだ。
収支としてはトントンらしい。

好きじゃないととても続けられない世界だ

みんなでまったり話しているせつな、
この目の前の2人は明日試合なんだよなあ。
などと俺は1人で感心する。
俺なんか明日を気にしなくていいし、無責任で気楽なもんだ。
もし俺だったら、こうしてプレッシャーに悩まされずに気楽に飯を食えるんだろうか。

店には2時間半ほどいて、帰りにスーパーで買出しに行き
家まで送り別れた。
魚が美味い県から来ている彼らが、ここの魚料理は美味いと満足していたのが、
自分的にはうれしかった。

3人とも、これから一休みして焼肉を食べに行くと言う。
俺は今の店でもう腹がいっぱいだ。
いくら体重を戻したいとはいえ、次から次へとよくそんながっつりと食えるよなあ。

ジムのプロは試合2・3日前から練習は休むので
試合前日にこうして会うことは初めてだ。
勝負師たちの試合前日という、繊細な時間をこうして垣間見たことは貴重な体験だった。

明日の試合は手伝いに行くが、2人の健闘を祈りたい。

明日は仕事で疲れた俺に元気を分けてくれ
[PR]
by masa3406 | 2008-08-10 02:00

転機

会社帰りにジムの高校生を連れてボクシングの出稽古に行き、
夜中のバイトからようやく帰宅した。
帰りに近所の川を渡るために車で橋にさしかかると、
パトカーが橋のたもとを封鎖していた。
警官が車を1台1台脇道に誘導している。
誘導するときに警官いわく、人が川に飛び込んだらしい。
後ろからは消防車がサイレンを鳴らして何台も向かってくる。

なぜ人が川に飛び込んで消防車?
ここの川幅は広く水量も多く、夜で真っ暗だ。
おそらく助からないかもしれないな。
自殺なのかな?
なんて考えながら帰宅した。

俺は小学生から電車通学だったので、人身事故には結構遭遇している。
人が半分になって、線路脇によけてあるのを小学生のときに見たこともある。
東京では日常的に自殺があって、日々人が死んでいる。
だから目の前の橋で、人が飛び込んだという現実にもさほど驚かなかった。
俺は感覚が麻痺しているのかもしれない。

しかし、本当に疲れ果てた。
この1週間は昼間の仕事で、いろいろと考えさせられた1週間だった。
仕事をしながら、さまざまな疑問が湧いてくる。
客先では顔や態度には出さないけど、
もはやそれは自分では解消できないほどに大きくなってる。

友達とのメールのやり取りで、最近仕事中イライラするんだよね。
とレスしたら、
返信に俺には女の癒しが足りていないらしく、風俗にでも行ったほうがいいと
丁寧なアドバイスをしてくれた。

いや イライラしているのは仕事中だけだよ・・・。
原因は仕事のことであって、女がいようがいまいが関係ないのだよ・・・
それに女は水商売のバイトでもう沢山だよ・・・。
癒されないよ

ア アドバイスをありがとう。。。

昔から天然な奴なのだ。

来週の半ばから夏休みだ。
とりあえず、長らく行っていなかった神戸の祖父母の墓参りをしてこようと思う。

ついでに京都の友達に会うためにメールをしたら、楽しみにしているし
いろいろ食べに連れて行ってくれると返信が来た。

この旅をこれからの新天地探しの区切りにしたいと思う。
[PR]
by masa3406 | 2008-08-09 04:26

グッドウィル解散にて思う

ネットで日雇い派遣会社大手の「グッドウィル」が廃業 していたことを
遅まきながら知った。

グッドウィルは俺が今の会社に入る前の、無職期間の1年7ヶ月のうち
約1年間、お世話になっていた?会社だ

ここに登録していた俺は、グッドウィル経由の飲料会社の駐禁対策の助手の仕事を
週に3回と夜中のバイトを週5日
これで無職期間の生計を立てていた。
俺にとって、グッドウィルの日雇いの仕事は
無職生活の生命維持装置だったのだ。

ピンはねを果たしていくらされていたかは知らないが、
1日で9千円ほど稼げ
飲料会社の助手の仕事は少し手伝うことはあったけど、
基本的にトラックの助手席に座っているだけで、
本を読んでいても携帯でサイトを見ていてもいい。
時間こそ長かったものの、俺にはとても楽なバイトだった。
だからこそ、俺はのほほんと無職期間をずるずると続けてしまった弊害はあったのだが。

ただ、給料を直接グッドウィルの事務所に取りに行かなければならないとか
週に数日 決まった時間しか取りに行けないとか、
俺なんか入る仕事や曜日が決まっているのに
いちいち仕事を毎回電話しないとシフトを入れてくれないとか、
とかくグッドウィルは何かにつけて融通が利かない会社だった。
就職したときに、源泉聴取票を請求したのだがいまだに送って来ない。

そして、俺に対してだけでなく
登録者に対して、お前らどうせ食いつめ者のその日暮らしだろ
俺らが仕事をふってあげないと生活が困るんだろ。
と、口に出さずとも明らかに見下した高圧的な態度で接している社員が若干いた。
登録者には、各人さまざまな事情を抱えているであろう、
グッドウィルの仕事で、かろうじてその日暮らしをしているような
年配のおじさんが多くいて、
確かに今すぐに仕事を探せといわれても困るような人たちが多かった。

そんな登録者が仕事の中でなにか困っても、何か融通を利かせてくれるようなことをしないし、
何か困ったときも通り一辺倒 の返事とにべもなかった。

一人暮らしをしていて、失業してなかなか仕事が決まらなかったら
それなりの貯金がなければ生活苦になるのは結構、簡単なことだ。
職になかなか就けない年配者なら、ひとたび職を失えば
簡単に路頭に迷ってしまうことだろう。
安定と生活苦は紙一重なのだ。

俺も今まで生きてきていろんな会社を見てきたが、
グッドウィルは社員の質を含め
お世辞にもいい会社とは言えなかった。

ニュースにはグッドウィルは廃業とともに、
給料支払いなど残務処理の担当者を除き、従業員は退職する。
とあった。
解散で彼らは職を失うのだ。

さらに、
同社によると、23日現在で
内勤従業員は約4000人のうち数百人程度しか転職先が見つかっていないという。
と書いてあった。

人は自分が弱い立場になってみて、はじめて他人の痛みを知るという。

今まで高圧的な態度で登録者を見下していた彼らが
同じような社会的な弱者となって、果たして何を知るのであろうか。
[PR]
by masa3406 | 2008-08-03 03:59

イライラ

忙しい月初の1日がようやく終わった。
帰りに週1のボクシングに行き、夜中のバイトを終えたら疲れを感じた。

昼間の仕事は、客先の件数が多くスケジュールがタイトな仕事なのだが、
俺は最近、仕事中に急かされたり時間に追われたり、
イレギュラーな事が起きると
あーもう!とイライラするようになってきた気がする。
たまに自分の中でキレている時すらあるほどだ。

元来マイペースでのんびりするのが好きなので、
自分のペースを頻繁に狂わされ時間に追われる今の仕事は
根本的に合ってはいないのだと思う。
動物の本能として、プレッシャーを感じてイライラして攻撃的になっているのであろう。
俺は、基本的にセカセカ急かされるのは大嫌いだ。

前職は拘束時間こそ長かったものの、時間に追われたり
ペースも狂わされることもなく、一日のスケジュールも自分に
任されていたのでその点では苦労はなかったし
情緒も安定していた。

特に急かされたり余裕がない時に、人にイライラした面を
社内の人間に見せてしまう今の俺の状態が
たまらなく嫌で仕方がない。
誰かに何かを言うわけではないのだが、
あれ?俺ってこんなやつだったっけ?と自分でも不思議に思うほどだ。
少なくともそういう面は友達や知り合い ジム仲間には見せない面だ。

俺は、イライラしている大人が大嫌いだった。
何をそんなにイライラしているのだろう。
余裕がない奴だ。と呆れていた。
そんな俺が今、イライラしているのだ。

俺は、本来はマイペースでのんびりした奴のはずなのに。
今の仕事をしている限りは、急かされたり時間に追われると
そういう自分の面が否応なしに出続けるのであろう。

空しくてため息ばかりついているのも嫌な状態だが、
急かされ時間に追われ、忙しくてしょっちゅうイライラしている状態も
精神衛生上、良くないことである。

仕事をこなしてはいるが、精神的にはずっと飛ばしてそれで
こなしている状態だ。

特に忙しかった今日は、一日中、何度もイライラした。
そして今後のことを色々と頭に思い巡らせた。

客先はいい人が多いし、社内もいい人は多い。
ただ、仕事のペースが自分と性格的にどうにも合っていない。

年内に、環境を変えることを真剣に視野に入れていこうと思う。
[PR]
by masa3406 | 2008-08-02 04:29