<   2008年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

忍耐力

涼しくなって食欲が湧いてきたせいか、お好み焼きが食べたくなり、
高校時代の友達を誘い、夜中に広尾の天現寺の交差点近くにある
お好み焼き屋 のろ に行ってきた。
http://okonomiyaki-noro.com/menu.html
ここは、本場の関西風で前から美味いと有名らしく気になっていた店で、
ネットで調べると、あの島田伸介が出資者らしかった・・・。
店は明治通り沿いにあり、照明をやや落としたダイニングバーのような黒中心の内装で
カウンターが奥にあり、椅子席が4つほどとそう広くはなく
行った時間が夜中ということもあり、すんなりと席に着くことができた。

友達が運転なので、俺も酒の注文は我慢することにした。
メニューはさほど多くもなく、人気メニューらしいお好み焼きの
のろ焼にんにくと のろ焼きもちチーズを頼んでみた。
最初から調理した状態で出てきて
どちらも、大きさは小さくもなく大きくもなく、
あっさりしていてでも出汁と混ぜてあるであろうソースの味が
程よく主張していてくどくなく、ちょうど口当たりがいい感じで美味かった。
中身もほどよい柔らかさでちょうどよかった。

関西風なので山芋を使っているのだとは思うが、山芋の味はほとんど感じなかった。
あっさりしていておそらく、女の人には特に好まれるんじゃないかと思う味だ。
デートなんかにはいいのではないかと思う。
その後に追加で塩焼きそばを頼んだが、こちらは塩味の出汁と
麺をからめてあって海老なんかが入っていて、コクがあって美味かった。
値段は1つが1000円ほどで、決して安くはないのだが
粉ものなのですぐに腹が膨れ十分満足した。
バイトが六本木と近いので、また来てもいいかなと思った。

帰りに近いので、恵比寿の同級生が経営しているバーに寄ってみた。
せっかくこっちに来たし、もう1人の同級生はまだ来たことがなかったので
今回は軽く挨拶だけしていこうと思っていた。

そいつとは高校時代は仲良く話していたけど、
俺の今の生活圏から遠く、ここはカクテル類の酒しか置いていないので
去年の何月かに行ってからは、なかなか来る機会がなかった。
1杯が1000円くらいするので、焼き鳥やモツ焼きなどの
つまみを食いながら飲むのが大好きな俺には
酒だけで数千円してしまい、なんとも物足りなくコストパフォーマンスに
見合わなかったからだ。

そいつは、高校時代は毎日がいかにもだるいといった雰囲気の遊び人で、
進学校で真面目な奴が多かったうちの高校には、
落ちこぼれだった俺同様に、なんとも雰囲気的に似合っていない奴だった。
そいつは遊び人グループに属していて、
なんとなく堅実なサラリーマンや会社勤めが似合わなさそうなキャラな奴だったので、
今バーを経営しているのは、なんともマッチしている気がした。
人ってのは、見ていて俺なんかもそうだけど
結局どんな環境を出ても人間関係を含めて巡り巡って
自分のキャラに合った交友や環境に落ち着くように思える。
俺の母親なんかは、エリートやインテリ層とは程遠い
俺のまさにそんな人種が大嫌いなのだけど。

もう夜中なので店が開いているか心配だったけれども、
行くと常連らしき客がまだ2人ほどいて、
暗い照明の中、同級生がカウンターにいるのが見えた。
店に入ると、同級生が驚いた顔で おお!久しぶり~ と俺たちの名前を呼んだ。
ちょっと前よりも顔が疲れている気がするけど、変わってない。
そりゃ前に来たのが、1年前だから当たり前か・・・。

2人ほどいたお客さんは、ちょうど帰る時間だったようで会計を済ませて
出て行き、友達はサービスでジンジャエールの小瓶を出してくれて、
俺たちはカウンター席に座りお互いの近況報告なんかした。
そいつは、去年2人目の子供が生まれて休日は家のことで追われて
自分の時間がほとんどないらしかった。
ほかの友達も言っていたけど、2人目が出来ると完全に家族中心になり、
自分の自由が完全に失われてしまうものらしい。
ほかの友達もそうだが、2人目ができると急に付き合いが悪くなり
休日に遊ぶ機会が極端に減る。
明日は、休日なのだが子供の運動会の手伝いに行くらしかった。

途中で、同級生がこの店を出すに至った経緯の話になった。
同級生は大学を中退してしばらくバーでバイトをしながらブラブラしていて、
ある日,このままでは自分は一生フリーターでだめになってしまうと思い、
決意して、カクテルやらのこの業界の専門学校に通うことにしたそうだ。
それは卒業すると、老舗の有名なバーを勤め先に紹介してくれるからだった。
やがて専門学校を出て、同級生は老舗の店を紹介してもらいそこで本格修行をした。

修行先の老舗の有名なバーでは、この世界では名の知られたベテランの
50過ぎのバーテンの師匠がいて
とにかく厳しかったそうで、毎日怒鳴られたり仕事や自分の作ったカクテルを
けちょんけちょんにけなされ、毎日むかついたり凹みながらも、必死にそれに耐えたそうだ。
高校時代から、だらだら惰性で生きてきたそいつの本質を見抜いたのか、
とかく厳しく当たられたらしい。
毎日が理不尽で、ほめてもくれないしこのオヤジ殺してやろうかと何度も思ったよ。
と同級生は笑いながら当時を語った。
その後修行先を別の老舗でもしたのだが、
そこでも同様に厳しく、同級生はそれを耐え忍び、いつか独立してやるぞ 独立してやるぞ
と日々思いながら数年後にようやく独立できたそうだ。

同級生が言うには、そういう否定されたり理不尽な事を言われ続けた期間があったからこそ、
何くそ!と思い
何とか認めてもらおうと自分なりのカクテルを追求し続けて、それを否定されても
負けないぞ。いつかこのカクテルを独立して店を出して客に認めてもらうぞ!
とメラメラと闘志を燃やし続けることが出来たそうだ。

そいつが言うには、そういう理不尽さや我慢する修行期間を経験していない人ほど、
負けん気が育まれることもなく、根性も身につかないそうだ。
そして、自分なりのカクテルを考え続け追求することもなく、
店を始めても、つらかったり飽きたら我慢できずにすぐにやめてしまう傾向にあるそうだ。
耐えて耐えて耐え抜いて出した店だからこそ、少々のことでは動じないし
我慢できるのだそうだ。
今店をこうして大変ながらも続けていられるのは、
その期間があったからだよと同級生はしみじみと語った。

昔からこいつは語るのが好きな奴で、授業中もいろんなことを
語っていて懐かしく思えたのと同時に
俺には、とてもそいつが大きく見えた。

一緒にお好み焼きを食べた友達にも注意されたけど、
昨日、ちっちゃいことでキレていた自分がとても恥ずかしく思えた。

時間はいつの間にか4時過ぎになっていて、
同級生は友達と駐車している車まで、見送りに出てきてくれた。
外は冬の到来を思わせる、冬の空気の臭いと肌寒さを感じた。
[PR]
by masa3406 | 2008-09-28 17:54

悪循環

とにかく今日は仕事が忙しい日だった。
そんな忙しい中、入社5年目くらいの奴から
電話がかかってきて、今からものを持ってきてくれと頼まれごとをした。
しかも、渡す物量が多いので面倒だ。
こいつはかなり若いのに普段から、何かと平気で頼みごとをしてくる。
サラリーマンは若いうちは、人を使って楽をすることを覚えてはならない。
地道に自分で動いて苦労しないとならない時期だ。
それでも仕方がないときに、他人に頼みごとをすべきだ。
俺は先輩にそう教わったし、俺も実際、過去にそうやってきた。

今日は通常でも忙しい金曜日。
それがさらに輪をかけて今日は忙しい。
正直、とてもそれどころではなく非常に迷惑だ。
得意先の件数が多く、自分の仕事に追われていて
昼飯を食う時間すらなくなりかねないのに、
そんなタイミングで平気で頼むこいつの神経を疑った。

そうでなくても俺は、自分のペースを崩されるのが何よりも大嫌いな男だ。
そんな俺は、忙しくなるとイライラして無口になる。

あわただしく得意先周りをしていると、途中でトラックが1本道で脇から出てきて
俺はとっさに急ブレーキを踏んだ。
後ろに積んであったそいつに渡すものの箱が、倒れる音がした。

振り返ると、ものの見事に箱が倒れ、
乗ってある台車の角の金具に突き刺さっているのが見えた。

あちゃー!

急いでそいつに状況を伝えるために電話をすると、
それは取引先に渡す入荷待ちだった品で、非常に困ったことだと言う。
俺は、一緒に謝りに行くからと案を出したが
あくまでもそいつの担当なので、それはできないという。

電話が終わって、合流して謝罪しながら壊れた箱を見せると
かなりネチネチと説教をされた。
そのときの、言葉遣いがなんともよろしくない。
こいつはかなり年下の人間だ。
今までいた会社でも、そんな口の利き方をされたことはほとんど記憶にない。
中途だろうが、相手が後から入ろうが最低限の礼節はあっていいのではないか
と俺は思う。

俺の中では、悪いなとは思うと同時に、非常に釈然としない気持ちが湧き起こってきた。

だったら頼みごとなんか、安易にしないでほしいな。
だいたい、お前がこの糞忙しい中に頼み事なんかしなきゃ
俺はこんなことになることもなかったんだ。
忙しいなか毎日頼まれる俺も、非常に迷惑をしているんだが、
こいつは、一度でもそれを考えたことはあるのだろうか?



最後にそいつにほかにも渡すものを渡したときに、
俺が。今日はモノが多いですねえ。と何気に言った一言で
そいつが急に、多くて悪いのかよ。悪いかよ?と突然キレだした。

なんだこいつは?いい加減にしろよ この野郎
俺の中で何かが切れた。

今日は、俺は頼まれて持ってきたんですけどねえ。
と言って、なぜだかわからないけど
気がついたら目の前を壁を思い切り殴っていた。

そいつは、急にすみません。 すみませんと敬語で謝りだした。
謝るくらいなら、最初からそんな態度を取るなよと・・・。
すぐ謝るのは、自覚している人間のすることだ。
根性がない奴ほど、人を見て態度を変えたりするものだ。

俺は、自分の体が怒りでわなわなと震えているのに気づいた。

もとはといえば、自分が単なるわがままな頼みごとをしたことに
よって起きたことで、俺が迷惑していたことに
こいつは今頃になって気づいたのだ。

俺はバタンと車のドアを閉めて黙って、次の取引先へと向かった。
もう、怒りで言葉がそれ以上は出てこなかった。

その日は、最後まで地獄のように忙しかった。
まわる最後の取引先の、かわいい女の子と仕事で5分くらい話す機会があって、
それがせめてもの救いだった。
もう、すっかり仕事が嫌になってしまった俺に
神様が、最悪な日の最後に帳尻合わせをしたのかもしれない。

だ、騙されんぞ (`・ω・´)
もういやなんじゃ!

帰り道。
忙しいのは俺には合わない。
余裕がないから頼まれごとをしても、忙しさでミスを起こしたり

忙しい→余裕がなくなる→イライラする→切れる

と、自分に取っては悪循環だ。
今回のも、どれをとっても起きたことは必然だったのだ。

もうここはいいな。長居は無用だ。
なんか自分の中で納得していた。
[PR]
by masa3406 | 2008-09-27 05:07

本場タイとのレベル差

ジム選手の試合があり、応援に行ったが
その日本では強い選手がムエタイの選手にコテンパンにやられ敗北した。
タイの選手は攻撃 守りの距離感が体にしみついていて、
動きに無駄がなく日本人のそれとはまったくレベルが違っていた。
とにかく日本人相手には通用する攻撃を当てさせてもらえないし、
その自分の攻撃が当たる距離に安易に入らせてもらえないのだ。
蹴りはさばかれるか交わされ
パンチで攻めようと接近すれば、切れ味鋭い肘が飛んできたり
組まれて首相撲で転がされまくる。
彼らは子供のころから200試合近くしていて、
距離感からすべてが体に染み込まれているのだ。
日本人相手は、奴らにとってはお遊びみたいなものなんだろう。
さすがに、この辺のレベルの相手には
気持ちだけではどうにもならないものがある。

また彼らは総じて体全体が柔軟で、身体能力にも差を感じた。
まだまだ日本のキックボクシングと本場のムエタイとは
途方もない歴史の差とレベルの差があるのを痛感させられた。
サッカーのたとえば世界の1流国のブラジルと日本の差くらいか
それ以上の差があるのではなかろうか。
おそらく、この差はサッカーのように一生縮まらない気がした。
試合後は口の横が肘で貫通するわ、額は骨が見えるほど切られるわで
タイ人の攻撃は人間凶器だ。
日本人相手にこんなことになることはまずない。

もしこれが、ラジャやルンピニーの現役ランカーや現役チャンピオンなら・・・。
タイ人のレベルの空恐ろしさを感じた。

あのK-1の魔娑斗選手もキックルールで本場のタイ人と試合をしたら
試合にならずに負けてしまうことであろう。
魔娑斗選手の得意なパンチの距離にはさせてもらえないのだから。

最近は相手が強いせいもありジム仲間がなかなか勝てない。
帰りの電車ではどっと疲れが押し寄せてきた。
[PR]
by masa3406 | 2008-09-21 18:32

ヒステリー

久しぶりに実家に行ったら、母親に俺の現状を糞味噌にこき下ろされた。
確かに俺は言われても仕方のない面はあるのだが、
昼も夜中も働き、俺なりにケツを拭いている最中でこう全否定されると
なかなか辛いものがある。
小さいときから、こいつには否定的に見られ散々やる気をなくすような事を
言われてきた。
多分、死ぬまで俺を認めることはないことであろう。
母親の性格は非常にしつこい。
いったいどういった環境で育つと、このような性格になるのかは
皆目わからないのだが、一度カッとなると、
ヒステリックにとことん言い続けないと、気が治まらない性格だ。
女性特有の残酷さで相手をとことん追い込み、
もうこの辺でいいだろうという限度がない。

俺がどこか女が苦手なのは、この気性が荒い母親の性格に大きく起因している気がする。
たとえば結婚に対する俺のイメージは、こういった諍いが日常生活の中で発生しそうで
想像するだけでもげんなりするものだ。

これ以上は不毛なので、早々に退散した。
やはり実家には行くもんじゃない。

帰りにゲストハウスに住んでいる友達と飯を食いに行ったのだが、
同室の中国人が夜中までゲームをしたり、
電話をしているのが限界に来て、引っ越すことにすることにしたそうだ。
新居は俺の家から車で15分ほど。
たまに飯を食いに行ったりできそうだ。
お互いに仕事や将来の不安なんかを話したりして、
今度はリラックスできた。

明日は連休最終日。
髪を切りに行ったり履歴書を書いたり、やることをやっておこうと思う。
[PR]
by masa3406 | 2008-09-15 05:15

タイムリミット

夜のバイトに行くと、お店では女の子がお互いの彼氏の話をしていた。
俺は、今日のボクシングで会長に教わった修正点を
ぼけーっと頭の中でイメージしていた。

しかし、お店の女の子は本当に彼氏や恋愛や異性の話題が多いものだ。
結婚に関する話題も多い。
不思議なことに、これはどこのお店に行ってもそうなのだ。
彼女たちがお互いの趣味の話を熱く語っている場面など
見たことがない。
どうも、この世界の子がとりわけそうなのかどうかはわからないけど、
人生における、恋愛の占める割合が非常に大きい印象がする。
おそらく、一大関心事なのではないかと言っても過言ではない。

俺は趣味のこととかスポーツとか、今の仕事とかとりとめもないことを考えたりで
恋愛の占める割合はさほど大きくない。
時期でそれがなくてもまったく平気なくらいだ。
ちなみに今は恋愛のれの字も関心がない。
それで生活が完結してしまっている。

まあ、女の人は子供を産む年齢的なリミットが個人差はあるけど、
現実的に存在するので、俺みたいに趣味とかくだらない非現実的な
ことを考えてばかりいたら、婚期を逃してしまうからなんだと思う。
時間が経過するのは本当に早いものだ。
精神年齢も高く、男よりも早く成熟するのはそのリミットに関係がある気がする。
彼女たちにはぼけーっとしている時間はないのだ。

だから、まずおしゃれに金を投資して外見を磨き上げ異性を意識して、
出会いの中から相手を見つけ、最終的に結婚するのだろう。
自然のメカニズムで、そうなっているような気がするのである。
少女漫画なんてコテコテに恋愛がテーマのものを幼稚園から読んでいるわけだし、
小さいときから目的に対してきわめて現実的にできているのだ。

それに対し、俺はいつもその時その時でやりたいことを
好きに気ままにやるだけで、まったく整合性のない人生を送っている。
小さな願望はあるが、これといった具体的な人生の目的もなく
現実的な生活とは程遠い。
行き当たりばったりだ。

彼女たちから見たら、きっと俺はガキそのものなんだろう。
世の中のほとんどのものに、タイムリミットがある。

そろそろ俺も具体的なビジョンを持って、現実的に生きていかないと
手遅れになる時期なのかもしれない。
[PR]
by masa3406 | 2008-09-13 04:58

退屈

今の仕事に就いてからは、平日の日中の俺はすっかり生活圏が東京郊外のみになった。
都心に行くことも皆無だ。
郊外の家から郊外の会社に行き、郊外の得意先をちょこまかと車でまわる毎日だ。
夜は都心の店に行くのだけれども。

前の仕事は会社は都心にあり、都内各所 埼玉やら千葉やら静岡や甲府や新潟や
九州と全国あちこちに行き変化がある仕事だった。
仕事そのものも芸能やスポーツと変化があったのだが、
移動中にゆっくり睡眠を取ったり、美味いラーメンを食べたりランチを食べたりと
仕事以外にもちょっとした自分の時間を見つけてささやかに楽しめたものだ。

それに比べると、環境を変えては見たものの今の仕事は変化に乏しく、
なんか中央で生活していた時と比べると、どこか取り残されている感もなくない。
完全に今の自分は、東京ローカルのせまーい社会のみで生きている状態だ。
毎日、行く場所も通る道も同じで本当に同じ変化もまったくない生活だ。
いわゆる、生活の視覚の中で情報が入ってこないのだ。

以前は移動中に見かける人々は、ありとあらゆる人々だったけど、
今は移動中に見る人は、完全な地域社会で爺さん婆さんや主婦が圧倒的に多い。

前は通勤時間が短く、都心の慌しさと無縁な仕事ってのんびりしてそうでいいなあ、
と憧れすら抱いていたのだが、いざしてみるとこれはこれで
変化に乏しく退屈だなあ。と思う。
仕事そのものは忙しいので、別にのんびりしているわけでもない。
なんか、こういう中でこのまま終わりたくないなあと思う。

メリットは通勤時間が少ないのでラッシュがほんの少しで済むのと、
都心のような渋滞とは無縁なこともあるのだけど、
現状のままでは、仕事以外にもなにかが物足りないのだ。
以前、田舎に数年だけ住んでいたときに退屈していたのと似たような感覚かもしれない。

転職や就職で、時に思い切って180度 今までと仕事や仕事のスタイル、
環境を変えてみるのもいいかもしれない。
変えたものが自分にとって合っているかどうかは、実際にその環境に
身を投じてやってみないとわからない。
人間は万能ではないし、性格的に向き不向きがある。
適応できないときもあるだろう。

そこで、もし回帰願望が募って来たのなら、また元の環境に戻るのもいいのではないかと
思う。
遠回りかもしれないけど、それは元の環境やスタイル、
それが実は自分に合っていたということを確認したわけで、
結果、己を知ったのだから。
[PR]
by masa3406 | 2008-09-06 05:16