<   2009年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

本当の心霊スポット

ちょいと夏ということもあり、特に理由はないのだが
心霊的な話をしてみたいと思う。
ちなみに俺には霊感はまったくない。

以前、俺はとあるメーカーの販社で営業の仕事をしていたのだが、
隣のデスクに50歳くらいのベテランの先輩営業マンがいた。
その人は、仕事がとても出来る人で取引先に販促キャンペーンを
提案して仕切ったりいわば責任者的な立場にあった。

家は奥さんとお子さんが2人ほどいて、趣味は海釣りに
キャバクラ遊びと 大変エネルギッシュで明るく冗談を言う面白い人だった。

社内でも取引先でも彼の仕事ぶりを見ていて思ったのだが、
とりわけ女性の扱いのうまさは特質ものだった。
誰とでもすぐに距離を縮めて仲良くなり、女性に協力してもらう関係を築いてしまうのだ。
女性のちょっとした変化にも気づき褒め上手で、
すぐに○○ちゃんと下の名前で呼ぶフレンドリーな関係になり、
まめにコミュニケーションを築いて、販売店では女性を活用して
販促に協力してもらうのも実に上手かった。
女性に小さな頼みごとをするのが上手く、俺なんかは恐縮して
女性には滅多に頼みごとをしないところを、彼は構えることもなく気軽に頼みごとをしていた。
彼には頼みごとをすることは、コミュニケーションを取り、仲良くなる機会でもあったのだと思う。

女の人はその人と会話をしているときは、誰しもが楽しそうな
リラックスをした表情をしていたのが実に印象的であった。
本当にモテる男には、年齢など関係ないのだ。

俺なんかは、そんな芸当は無理だしそんなキャラでもない。
男社会で育ったので自然と足が向く、同じような若い男連中と密にコミュニケーションを取り、
仲良くなり、それで販促協力をしてもらい数字を伸ばす
全く逆の方法を取り、この方法が功を成していた。
人生は自分の得意なこと、苦手なこと。出来ること。出来ないことを早く見極めて
自分が得意なことを生かしていけばいいのだ。
そんなことを教訓として得た在籍期間だった。

その人には、ある特殊な能力があった。
いわゆる幽霊が見える体質なのだ。
年齢も50代ということもあり、そんな話題が出ることはなかったのだが、
ひょんなことから、そういう話題になりわかったのだ。
その人は、日常的にも見るそうで、
霊自体は見ても居てもどうということもない
驚くに値しないことなのだそうだ。
ただ、中に悪い霊というのが存在してこれが人に取り付いてしまうと、
お払いをしないと離れないし、実に厄介なんだそうだ。
だから、そういうものには絶対に近づいてはいけない。と真顔で忠告をされた。
そして、次のような話をした。

彼は社歴も長くベテランということもあり、沢山の販売店舗を担当していたのだが、
1軒だけその人が嫌がってまったく行かない、「行けない店」というのがあった。

商店街の中にあるその場所には、取引先の店が建つはるか昔に
大型の某有名スーパーがあった。
ある時にそこの1階フロアが火事になり、若い女性従業員数人が亡くなった。
その火事でそのスーパーは撤退して、後にその取引先ができたようだ。

その火事で亡くなった中の女性従業員1人が物凄い怨念を持つ悪霊になり、
後に建ったその店に居ついて、現在に至るまで
そこに出入りをする人間に様々な害をもたらしているとのことだった。
俺も本当にそんなことがあったのかと、
ネットで検索を試みたのだが、実際にその火災は存在していて
4人が確かに亡くなっていた。
火災直後の写真や火災発生状況の詳細な見取り図なんかもあり、
それは実に生々しいものだった。

取引先の店の従業員室は最上階にあり、その上は屋上なのだが
夜中従業員が残って残業をしていると、女性のハイヒールのコツコツ頭上を歩く音を
はっきりと聞いたなんて話もあったようだ。

そしてこれは嘘のような恐ろしい話なのだが、その取引先の従業員が
これまでに3人変死を遂げていて、
3人目に亡くなった店長は、店の最寄の駅のベンチで眠るように死んでいたそうだ。
この話は、ほかの社員やメーカーも知っている有名な話だった。

その人は、その店の表に行くだけで悪い霊の存在を感じて体調が悪くなるので
近づかないようにしているとのことだった。
また、あまりにも怨念が強くて近づくと危ないんだそうだ。
その人だけの話なら、信憑性を疑うこともできるのだが
俺の前任者がそこの担当で、その人もちょっとした霊感があったそうで
その店に近づくことが出来ず、
なんと駅から、毎回その店の担当者を電話をかけて来てもらい、
駅前で商談をしていたという、ありえないエピソードまであった。

世には心霊スポットなるものが沢山あるようだが、
その店のことは、心霊話としてはサイトを含めどこの媒体にも出ていない。
その業界でも有名な話なのにだ。
だが、確実に存在して今日でも営業をしている。
案外、本当に出るところはそんなものなのかもしれない。

ちなみに、そのときに働いていた会社のフロアはぶち抜きで
何十人もが働く広いオフィスだったのだが、
その見える人いわく、この中で3人霊がついている人がいると言っていた。
それは誰であるかは、内緒だと最後まで教えてはくれなかった。

恐る恐る聞いたら、俺にはついていないとのことでほっとした。
[PR]
by masa3406 | 2009-07-31 04:41

また遊びに来ますよ

先月で辞めたバイト先に、給料を取りに行った。
この会社はいまどき珍しく、給料は手渡しだった。
本当は振り込んでもらいたかったのだけど、手渡しのみで
振込みは出来ないと言われたのだ。
早い時間だと、俺が苦手にしていた性格がキツイ事務のおばさんがいるので
いない頃合を見計らって夜にバスで30分くらいかけて取りに行った。
辞めてまで嫌な人間に会う必要などない。
正直、辞めたバイト先など行くまではなんか面倒くさい気分だった。

外も暗くなった中、事務所に入ると、一緒に働いていた社員の人が2人いて
○○さん! とうれしそうな顔で俺に声をかけてくれた。
俺もその場が、妙に懐かしく感じられて雄弁になり色々と話した。
何かこう事務所に入った感じが、辞めて3週間経過しても
その場にいる俺自身に違和感を感じなかったのだ。
最後はあれほど、たるい。早く辞めたいと思っていたのに、
非常にいい加減なものだ。

会社は経費削減なのか、俺が辞めた後は人を補充していなくて
そのしわ寄せで大変みたいだった。
先月の売り上げが悪かったらしく、売り上げ目標金額が
デカデカと書いてあった。
俺が辞めた時期はベターだったのだろう。

ひとしきり話して切りがいいところで最後に俺は、
「じゃあ、皆さんお元気で。また遊びに来ますよ。」
などと、心にもない事を言って挨拶をして事務所を出た。

いや、俺は心にもない嘘をついたつもりはない。
なんとなく、懐かしいその場の雰囲気がそう言わせたのだった。

また、ふらりと来て話したいような懐かしい雰囲気はあったのだけど、
実際また来るか?と聞かれれば行く用もないし
行くこともないだろうな。
と事務所を出てバス停に向かいながら思ったのだ。

社会人になると、また電話しますよ また遊びに行きますよ
じゃあ、また今度飲みに行きましょう
そのうち飯でも食べましょう

こんな言葉は、よく交わされる。
だが、ほとんどが実現しない社交辞令だ。

でも、嘘かと言ったらそういうわけではない。
なんとなく、雰囲気から出る言葉というものがあるのだろう。
その時に、そういう気分になった。
その事実だけでいいのだと思う。

また、新たな環境を見つけたいと思う。
[PR]
by masa3406 | 2009-07-28 19:20

不甲斐なさ

最近、夏バテで停滞気味だ。
スランプというわけではないけれども、ややテンションがあがらない状態にある。
昼間仕事をしていないせいか自分の中でしっかりとした
生活のサイクルやハリみたいなものがないからかもしれない。
職探しの活動がない日なんかは、完全に日中の時間を持て余している状態だ。

夜中のバイトから明け方帰宅をして、職探しの活動がないときは寝るのだが、
日が出てくると部屋が蒸し暑くて、どうにも寝付けない。

UHFのテレビで甲子園の地方予選をやっているので、
なんとなくそれを見ていたりする。
俺も高校時代は野球をやっていたわけだが、
こんな灼熱のグラウンドでよくやっていたなと今にして思う。
でも、あの頃は純粋に頑張っていた気がする。

夜のバイトでは、なぜか仕事後に日々女の子に彼氏との恋愛相談や
恋愛の悩みを聞かされる。
俺はそれをニュートラルな立場で聞いてやり、
聞かれたらできるだけポジティブな返事を返している。

彼女たちは、若くて仕事と恋愛の活動をして日々を生きている。
話を聞きながらも、それだけでもう十分だと思う。
人生を楽しんでいて、うらやましい限りだ。
彼女たちにも悩みは色々とあるんだろうが、生きている気がする。

それに対して、今の俺のなんと中途半端なことか。
俺は何も義務を果たしていないし、何も頑張っていない。

癌と戦う友人、新婚生活を始めたばかりの友人、試合がある仲間
周囲には、これだけ頑張っている人がいるのに・・・

もうちょっと俺は、頑張らないといけないぞ。
不甲斐ない自分を反省したいと思う。
[PR]
by masa3406 | 2009-07-25 18:11

賢さ

ジム仲間が試合で勝った。
これはなんの世界でもそうなんだろうけど、才能がある人間が努力をしたら、
すごい力が発揮されるのだとあらためて感じさせられた。
そして彼は、気持ちが強くて非常に頭がいい。
これは日ごろ接していて思うのだが、
いい実績を上げている選手ほど、冷静さに頭の良さと気持ちの強さが備わっているものだ。
単に身体能力が高い。強い武器を持っている。
だけだと上のレベルになると、それだけでは通用しないのだ。
対戦相手のレベルが高くなればなるほどに、
試合では決して折れない気持ちや、頭の良さが必要とされるものだ。
強い選手ほど、練習でも試合でも頭を使っているものだ。
格闘技も馬鹿だと勝てないものなのだ。
彼は、特にこの2つが秀でているのが才能以上の武器なんだと思う。

頑張り結果を残していく彼を見ていて、
自分はこのままでいいのか。と自問自答させられた。
俺も早く自分のフィールドを見つけて、そこで頑張らないといけないのだ。

せっかく、そういう素晴らしい人たちがいる環境にいるのに
へえーあいつすげえな。
やっぱ、強い奴はすげえー
とただの出来事として消化して終わってしまっては進歩がない。

日ごろは、線を引いて個人主義で物事は自己完結をしている俺だが、
自分の身近にいいものがあるのならば、
良さは見習って、生き方の刺激に変えていかないと
ならないなと思った。
そしてそこで、何を考えるかが重要なんだと思った。
[PR]
by masa3406 | 2009-07-18 04:24

友達が癌に

夜飯に蕎麦屋でザル蕎麦を食べていると、
友達から着信があった。
また、飯でも食いに行く話か女の話題なのかな。
なんて思って、食べてからかけ直した。

友達は 「○○さー 俺、病院で肝臓の検査をしたら癌が発見されてさ。」
いきなりこう切り出した。
声はいつもと変わらずに明るいままだ。

な なんだって?

言葉が詰まった。

この友達は、酒が原因でかなり進行している肝硬変になっていて
度々病院で検査をしている。
その時に、肝臓に影が見つかり再度調べたら癌がわかったのだそうだ。
この段階だと、早期発見。
手術すれば大丈夫だと思った。

ただ、友達には非常に困ったことがあった。
酒の飲みすぎの肝硬変が原因で、血小板が信じられないほどに減少していることだ。
血小板は血を固めて血を止める役割をしている。
それが少ないと血が止まらないのだ。
たとえば、ちょっとした切り傷でも大変なことになる。
前にも、友達は何度か突然鼻血を出しそれから血が止まらなくなり
口からも血反吐を吐き
大量出血して救急車で運び込まれている。

そこで手術をして、切開なんかしようもんなら想像には難くない。
医者の見解だと、輸血しても流れるだけで効果がないだろうということで、
どこの病院も手術に難色を示すだろうと友達に告げたそうだ。

かと言って、癌細胞を切らないと体が若い分、細胞分裂が活発なので
あっと言う間に癌細胞は肥大して、転移してしまう。
切除しないわけにはいかないだろう。
切らないと、最近亡くなったキャシー中島さんの娘さんじゃないけど
あっという間に死んでしまうことになる。

俺も手術を勧めた。
早期発見なのだ。
癌さえ取り除ければ、元通りだ。

友達は結婚している。
とりあえず、実家の親に話したら
親の提案で故郷の病院で診てもらい、実家で療養する方針に決めたそうだ。

友達は、そんな最中でも毎日酒を1リットル以上飲む生活を
続けているらしく、俺はたしなめた。
以前から、友達は好きなことは十分にしたからいつ死んでもいいから
と、周囲の人間に 医者 俺がいくらたしなめても、ポリシーなのか酒を絶対にやめようとしなかった。
カミさんもあきらめているらしかった。

全ては、友達の長年の不摂生が招いた事態だった。
友達は、肝硬変悪化の方でも、このままだと早死にをすると言われていた。

こんな時でも友達は、結婚してくれと言われていると、
浮気をしているらしい女の話をうれしそうにしていた。
いろんな意味で、破滅型な性格なのだ。

今日は、本当の友達にだけは言っておきたいと、電話をかけてきてくれたんだそうだ。
そう言ってくれるのはありがたいが、俺も友達を亡くす事態にはなりたくない。

癌の専門の病院で手術をして切ってもらうしかあるまい。
俺にできることはなんだろうか・・・。
いろいろと考えてしまった。

入院したら、俺なりにできることで手助けをしようと思った。

友達は、しょっちゅう家に泊まりに来いと誘ってくれていたのだが、
家が遠く最近は行っていなかった。
肝硬変ではあるが、俺の中の友達は会いたいときに会えて元気なままだった。
また、時間があるときでいいさ。と思っていた。

奴は美味いものを食べるのが大好きだ。
友達と、今しかできないことをしたいなと思った。
[PR]
by masa3406 | 2009-07-11 05:31

合コン

合コンに行った。
3対3で、適当に話し適当に盛り上げに頑張り、適当に疲れて終わった。
参加してみて思ったのは、
出会いを求めていない俺には、ただのお付き合いの飲み会であり
それ以上でもそれ以下でもなかったのだ。
電話番号の交換も、皆が赤外線で交換していて
自分の携帯の赤外線操作がよくわからない俺は
交換もしなかった。
どうせ二度と連絡することもないのだ。
する必要はあるまい。

時間と金を考えたら、もっと楽しいことに使えたのではないであろうか・・・。

異性と話すだけなら、お店の仲良しの女の子たちと普段話をしているので
それでもう十分だ。
そっちのほうが、環境が似通い
お互いの素性を知っているので、まだ気楽なのだということを
この日実感した。
わざわざ知らない環境の子と集まり、すり合わせて共通の会話を見出すこともないのだ。

鳥料理の地鶏が、美味かったことだけしか覚えていない。
飲みすぎて翌日は、二日酔いで頭がカチ割れそうに痛くなるわ、
微熱が出るわで、コンディションまで崩すオマケつきだった。

幹事の友達に、お疲れさん電話をしたら
また、合コンに誘うよ。早く彼女を作れよ。と言ったので
ヒィー(((゚Д゚))) もう勘弁してくれと思い、
今度は男同士で美味いものでも食いに行こうぜ。と逃げておいた。

これからは、プライベートは自分が好きなことだけにしようと、
心に誓った日だった。
[PR]
by masa3406 | 2009-07-07 05:19

マッサージ勧誘の中国人

夜、街を歩いていたら
路地裏で、中国人のマッサージの客引きの女が立っていた。
この街は、中国人の客引きの女が非常に多い。
俺はそのマッサージが、性的なものなのかちゃんとしたものなのかは知らないが、
東京ではあちこちのそれなりの規模の町に
夜になると、どこからともなく中国人の女が集結する。
たかが箱の小さい1店舗の客引きに、なぜ大勢の呼び込みの女がいるのかは
構造的にまったくの謎なのだが。

東京の人間は大多数がそうだと思うのだが、
俺は道を歩いていて、呼び止められたり勧誘されるのが大嫌いな人間だ。
チラシやティッシューの類すら好きではない。
ちょっと話を聞いてみよう。と思うタイプではない。
自分のペースで歩いていて、そのペースを乱される
ことが俺を苛立たせるのだ。

俺の友達なんかには、そうではない奴がいて
本屋によくいる英会話の勧誘で入会して英会話教室に
通ったのがいる。

目に入った段階で、めんどくせーと思ったのだが
案の定、俺に近づいてきて
お兄さん、マッサージイカカデスカ?と客引きをされた。
どこの町でも、ここでそのまま無視をして歩き続けると
相手が諦めて離れていく。

今回も、同じように無視していたらこの女は俺に並走して
さらにマッサージ3千円よ。と呼びかけてくる。
3千円でも100円でも、行かねえよ。
しつけえ女だ

俺は、いかないから。と顔も見ずに言うと
あろうことか、この女は俺の左手首を掴んできた。

度を超えてやりすぎだろ、てめえ!ここは日本だぞ。なんて真似をしやがるんだ。カチンときた。

俺は掴まれた瞬間に手を振り払うと、てめえ、ふざけんじゃねえ!と怒鳴った。
女は離れていった。

前に、神田で腕を掴まれて激高した通行人が殴って
逮捕された事件があった。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090228/crm0902282300020-n1.htm
俺には、そいつの気持ちがわかった。
その通行人は4人に囲まれ腕を掴まれたらしい。
さぞかし、恐怖を感じたと思う。

そもそも、キャッチや呼び込みは法律違反だ。
歌舞伎町でも、あれだけいたホストですら以前のようにキャッチをできなくなった。
なのに、なんでこの中国人どもは
東京のいろんな町で野放しになっているのだろうか。

新橋や神田でも日常的に中国女の大群が客引きをしている。
警察も当然、知っているはずだ。
夜中の新橋で、酔ったサラリーマンが2人の中国人に
両腕を掴まれている光景も何度か見た。
俺も実際に警官に、あいつらをなんとかしろと言ったことがある。
だが、現行犯じゃないとかなんとか
巡回しても逃げるだけなんだよね。とか言ってお茶を濁すだけだった。
なら私服で現行犯逮捕すればいいだけの話だ。

こいつらを取り締まることが外交的に、どんな問題になるのかは知らんが
日本人は取り締まられてこいつらが守らないでいて、
見て見ぬふりをされていることに憤りを覚えた。

俺も水商売の人間だ。
キャッチ行為自体は否定はしない。
だが、やるにしても暗黙のルールがある。

手首をつかむなんて暴挙は、日本では完全にルール違反だ。
しかも、大勢の女にキャッチをさせるなんてことは
通行の妨げだけではなく、通行人に脅威にすら感じさせる
市民を脅かす迷惑行為だ。

日本の警察は、水商売の人間は取り締まり処罰するが、
こいつらは野放図なままだ。

弱者に強い警察様よ

しっかり仕事をしろ
[PR]
by masa3406 | 2009-07-02 03:59

若さと情熱

昼間は職探しをして、
ジムに行き練習をして、夜のバイトに行く生活が始まった。
これまでとは違い、十分な睡眠が取れているので身体は非常に楽だ。
俺は、暑がりなので、この国特有の高温多湿の夏がなによりも苦手で大嫌いだ。
湿度がまとわりつき、汗をかき体力も非常に奪われてしまう。
だから、外に出ることが多い昼間のバイトがなくなったことは
時期的に好都合だった。
毎年東京は、梅雨が開けたら
それが合図のように、連日は30度を越えて地獄のように暑くなる。

まあ、この生活のままでいいわけはなく
実際にそんな贅沢なことを言っていられるのは、今だけなのだが。

夜のバイトは、20歳くらいの若い子が多く性格に癖がない気さくな子が多いので、
構えずに接し精神的なゆとりを持って仕事ができている。
お店というものは不思議なもので、昼間の仕事の職場以上に類は友を呼ぶで、
ホステスも似たような子が集まりがちだ。
キツイ子が多いノルマが厳しいギスギスした店には、そのような人間しか残らないし
フレンドリーなアットホームな店には、そういう子しか結果的に残らない。
当然、自分にも合う店、合わない店という環境への相性が出てくる。

若い彼女らの人生の最大の関心事は、恋愛や男のことのようで、
俺は、その手の話を聞かされることが多い。
彼女たちは若いせいか、理想追い求め、まだ無理をしたり頑張るような恋愛が多く
恋愛観も若いなあといった感じだ。
中には、ちょっと病んでいて大変そうな子もいないことはないのだが、
みな今まさに、遊びも悩みも青春真っ只中という感じで、
体力も有り余る、彼女たちのその元気がうらやましい限りだ。
退屈そうではなく、楽しそうな人達を見ていると俺も元気が出る。
恋愛でも遊びでも、人生は楽しんだもの勝ちなのだ。

ちょっと元気をもらったというか、好きなことには
情熱を燃やしていこう。とそんな彼女たちを見ていて思った。
[PR]
by masa3406 | 2009-07-01 04:54