<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ある雑誌の廃刊

ちょっとマニアックな話題を。

老舗でもある格闘技雑誌の2大専門誌のうちのひとつの
格闘技通信が休刊・廃刊されるかもしれない。
ことをまだ噂の段階のようだが記事で読んだ。
真偽の程は定かではないが、売れていない雑誌はやたら定価が高いものである。
あなたの購読している雑誌の定価が高いとしたら。
それは、売れていない雑誌なのである。

昔は700円くらいだった定価が、デフレ時代に反するように
上昇し、最近では920円まで急上昇していたことからも、
売り上げが低下し続けていることは伺える。

普通のスポーツ雑誌、及び媒体は選手のインタビュー記事を載せるときは
インタビュー料や取材費を選手に支払い、
それを選手も収入の一部にしているのが一般的である。
たとえばプロ野球やプロサッカーの有名な選手ともなると、そのインタビュー料や
取材費は、年俸以外のかなりの副収入にもなるとも聞く。
一部の有名選手などは、その取材費の多寡でインタビューを拒否
することも普通にあるそうだ。

がしかし、この格闘技雑誌の世界。
有名選手なんかに聞くとインタビュー料は、
原則的に飯をご馳走する程度で、タダであることが一般的だ。
載せてあげて顔を売れるからそれが選手のメリットになるから、それでチャラね。
みたいな慣習なのだそうだ。

プロの格闘技の選手で、ファイトマネーだけで食える人はほんのひとにぎりだ。
ファイトマネーをもらえる試合のペースは、せいぜい2.3ヶ月に1回。
試合だって練習で怪我をしてしまったら、出場できずにそのファイトマネーだって入ってこない。

だから、大体の選手はアルバイトや仕事をしていたり、
有名選手には、ファイトマネー以外に個人スポンサーがついているもの。
最初から個人スポンサーがついている、総合格闘家の秋山選手や石井選手 
吉田選手みたいな例は
かなり稀な例。
大多数は、下積み時代に練習との両立に苦しみながらも、副業をしているものだ。
あのボクシングの内藤選手も今では個人スポンサーがついていて、
ファイトマネー以外にも数千万円をもらっていると聞く。

有名選手が、現役か引退してから個人でジムを出すパターンがあるけど
それはほとんどが、個人スポンサーの出資があってできているものだ。

そんな、競技を続けていくことも厳しい格闘技の世界。
格闘技ブームが去った今、大きな専門誌の廃刊でさらなる地盤沈下にならなければいいが。
と思う限りである。
[PR]
by masa3406 | 2010-01-16 02:25

さくらやの消滅

家電量販店のさくらやの2月で全店閉鎖、450人解雇をニュースで知り驚いた。
http://www.asahi.com/business/update/0112/SEB201001120061.html

さくらやは、俺がかつてメーカーで営業をしていたときに
担当していた法人だったからだった。

俺が担当していたときから、法人としては元気がなく
業績が思わしくないことは聞いてはいた。
売り場もどことなく活気がなく元気がなかったことも確かだ。
新宿の西口の本店が、いつの間にかユニクロに変わっていたときから、
非常に厳しいことは想像に難くはなかったけれども、
資本がベストの傘下になってからの突然の全店閉鎖は、予想外の出来事だった。

業界で俗にカメラ系と呼ばれる、ヨドバシ ビック さくらや
のうちの1つが消滅することは、
3カメ時代の終焉ともいえる出来事だった。

これらカメラ系は、業界では封建的かつ体育会系な会社の体質であることが
なかば常識となっているわけだが、
時にチンピラ紛いの社員に無理難題を言われたり、
若かった俺は、さくらやを担当するにつけ随分とその洗礼を受けたものだった。

さくらやは、この中では比較的マシな法人で、
若い社員さんは、やさしい人が多かったけれども、
古くからいる古参ともいえる社員には、そうしたお世辞にもガラの良くない人が
創世期からの名残りとして存在していた。

世の中にはいろいろと難しい連中がいて、営業はそんな連中にも頭を下げ続けて
付き合わねばならない。という、
社会の理不尽で辛い側面を
まだ蒼かった俺が、一番思い知らされたのもこの時期だった。
時に店に営業活動に訪れることも億劫に思うこともあった。
今となっては、鍛えられた期間であったのだろうが。

友達が、以前ヨドバシカメラで派遣でネットのプロバイダーの販促の仕事を
したのだが、そのピリピリした封建的で独特な管理社会の雰囲気に
わずか1カ月でギブアップしたのだが、その事は業界にいた俺には何ら驚きでもなかった。

友達が今の会社で辛くても耐えられるのは、あの会社で働いた時よりは
マシだと思えるからだと語っていたほどだ。
友達には、やけに若白髪の社員が多かったことと
朝礼で社訓のようなものを大声で社員達が叫んでいた光景が、
強烈な印象として残っているようだ。

俺が担当していた店は、新宿西口のかつてあった本店を入れて渋谷のセンター街など
4店舗ほどだったが、
幾度ともなく訪問したそれらが、丸々消滅してしまうのは非常にさみしい気分だ。
俺にとっても、過去のいろんな思い出が詰まった場所でもあるからだ。
売り場改装にメーカーの営業が招集され、夜中まで駆り出されたこともあったっけ。

当時、接点があった社員の人たちが、まだいるかはわからないけれども
仲良く接してもらった社員さんたちもいたし、
ついこの間まで無職であった俺なんかが心配することは、おこがましいことでもあるけれども、
彼らが気がかりでもある。

2月に無くなってしまう前に、自分の過ごした「過去」を巡ってみたいと思う。
[PR]
by masa3406 | 2010-01-14 05:03

刺激

友達の兄弟と飲むことになり浅草まで出かけた。
待ち合わせまで時間があったので、
浅草に来たついでに雷門で初詣を軽くしてくることにした。
毎年どこかの神社で初詣をしていたけれど、
ここ数年はろくなことがなかった。
つまりは、どうせしてもしなくても同じなのだが、
待ち合わせ場所への通り道ついでだから、行くことにした。
時間は夜の6時前だったが、仲見世には沢山の参拝客がいた。
賽銭を入れる四角い仕切りのあたりは人混みが凄かったので、
後ろから遠投して投げ入れて、その場で一瞬だけ今年はマシな1年が過ごせるようにだけ祈って
階段を下った。
年々祈る内容が、しょぼくなっている気がした。

それから、待ち合わせた高校時代の友達と友達の弟と
あらかじめ調べておいたコリアンタウンにある、美味い焼き肉屋に行った。
浅草は正月は観光客が多いので、ほとんどの店が正月から開いているのだ。
兄弟は2人ともジャンルは違うけれども格闘技をしているので、
大晦日のダイナマイトや格闘技の話題で盛り上がった。
お付き合いの話題抜きに好きな話題だけ話すことができる
男友達とは非常にいいものだ。
ここでは、ありがちな女の話題も一切出なかった。

1人は現在無職なのだが、金持ちの実家住みの余裕からだろうか。
近々アマチュアの試合に出る話を嬉しそうにしていた。
俺も応援に行く約束をした。
聞いていて、俺にはその余裕が羨ましく思えた。

俺が無職のときは、月々の家賃や生活費を稼ぐことで手一杯で、
バイトもしないで、格闘技にそこまで打ち込める余裕なんてなかったからだ。
俺も実家だったら、どれだけ去年は職探しと格闘技だけに専念することができて
楽だっただろうか。
現実的には、母親と不仲の俺にはありえない話だったけれども
ピンチの時に当たり前の生活が維持でき帰れる場所があることが羨ましかった。
よくテレビで派遣村のニュースをやっているけど、彼らには帰る場所がないのだ。
それだけで、この世は地獄だ。

俺も今年は積極的に試合に出て頑張っていこうと思う。
年末から、いろんな友達に会って感じたことだけれども、
みんなから、ちょっぴり元気や刺激をもらえたような気がした。
[PR]
by masa3406 | 2010-01-04 19:25

わずか1時間の帰省

親父から電話がかかってきて、正月でお節料理があるので実家に食べに来いと
誘われた。
が、母親と不仲の俺は、どうせ何か言われてもめるから行きたくない。
と何度も断ったのだが、大丈夫だからとかなり食い下がって粘るので、
折れて仕方なしに渋々行くことにした。
だいたい俺はお節料理が苦手だ。
それは正月早々、迷惑なことだった。

家には、親父が都心への買い物ついでに迎えに来てくれた。
ビールを買って実家に行くと、母親がいてPCで仕事をしていた。
食卓には、親父がアメ横で購入したと思われるタラバ蟹が並んでいた。
食事ができるしばしの間、俺は親父のPCを借りてネットをしたり
犬をかまいながらビールを飲みながら過ごしていた。
そこまではよかったのだが、
母親が何気に話しかけたことで、そこから気がついたら
いつの間にか口論が始まっていた。
向こうも引かないで互いがエキサイト。
女特有の感情論から、個人攻撃へと転じてくる母親。

やっぱり、俺はこいつとは合わねえ。

これ以上いたら、さらにもめて不愉快な思いをするだけだし
これからこんな奴と一緒に飯なんて食えたもんじゃない。
と判断した俺は。
じゃあ、俺は帰るわ。と上着を取ってそのまま家を出た。
時計を見たら、実家にいた時間はわずか1時間だけw

新年早々、実にバカバカしい時間だった。
ああ、面倒臭いと寒空の中 駅に向かいながら、
親父に言われようが、あいつがいる限りは二度と実家には行くもんじゃないな
と思った。
ああ腹減った。俺はいったい何をしに行ったんだ。
[PR]
by masa3406 | 2010-01-01 20:13