<   2010年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

生活臭

1年数ヶ月ぶりに既婚の小学生からの付き合いの高校時代の友達と飲みに行った。
待ち合わせた駅で会うとずいぶん太っていて驚いた。
聞くと10kgは体重が増えたのだという。
ストレス太りなのだろうか?
わずか1年ちょっとで随分と変わるものだ。
すっかり外見が、家庭持ちのおっさんみたいな雰囲気になっていた。

この友達とは、独身時代はよくドライブをしたり
2人で出かけたものだったが、
結婚してからは、時たまメールの交換はするものの
ここ数年は、なかなか会う時間がなく、会う機会が減っていた。

予約していた美味い焼き鳥屋で、同級生の近況話や
お互いの昔話をしながら酒を飲み語り合った。
それらの話題がひと段落して、その友達の
最近は休みは何をしているのかを聞いてみた。

俺がこういう風に振るのは、
そいつが人生で、『いま』何を楽しんでいるのかを知りたいからで、
これは会う友達誰でも何気ない感じに振る質問でもあった。

それに対する答えは、なんとも話題に乏しいものだった。

仕事量が多いときは、土日に家に持ち帰ってしているか、
その他の時間は、飼っている犬と鳥の世話をしているとの答えだった。
大型連休は奥さんの田舎に行くパターンらしく
基本的にプライベートの時間は奥さんと過ごしていて、
他の友達付き合いも全くしていないとのことだった。

その答えからは、何か話題が膨らんだり発展するような要素は微塵もなかった。
俺も、へえーそうなんだー。と返すしかなかった。

友達は、独身である俺の反応を悟ったかのように
今は家庭を守るだけで必死と言うか、
今の自分は完全に守りに入っているよ。と心境を語った。

俺にとってそれは刺激にも乏しく、なんとも若年寄りのような答えに聞こえた。
子供でもいればわかるのだが。。。

明らかに余計なお世話なのだけど
つまんねえなあ・・・。なんとも世間が狭いなあ。
などとそれを聞きながら思ってもしまった。


昔は不器用なほどにマイペースで破天荒なところもあり、
自分の考えのままに動く自由で面白い奴だったのだが、
こうも結婚しただけで、
家庭にビッタリで保守的な人間に変わっちまうんだなあ。
と残念な気持ちになった。

そのような生活をしていたら、あくまでも夫婦2人だけの世界でしかないのだから、
当然、対外的な外部の人間に対しての話題も減るわけである。

俺が小学生から一緒に過ごしてきた、かつてのそいつとは違い
別人のようにスケールダウンして見えた。
もう、前とは感性や生活観もすっかり変わっちまったんだな。
なんて寂しくも感じた。
前にそいつが持っていた
俺たちに共通していた価値観であった自由な雰囲気は微塵もなく
すっかり家庭に取り込まれた姿でしかなかった。

俺の母親は人付き合いも多く
稽古事や趣味の音楽や海外旅行と
プライベートも自分の好きに常にアクティブに行動している人間だった。
今でもそれは変わっていない。
親父も好きなスポーツをしたり、音楽会に出かけたりときに旅行に出かけたり、
両親ともに休日はお互いに別々に好きなことをして過ごしてた。
俺は幼少からそんな家庭で育った。
だから、結婚しても夫婦別々の時間もある
そういうのが当たり前の生活だとも思っていた。

それだけにそういう夫婦常に一緒に行動をして、
一緒に過ごす生活は、俺には聞いているだけで
息苦しくて耐えがたく感じてしまうことだった。

夫婦が、お互いに好きな趣味をしたり
友達付き合いをしたり、お互い別の人生観があって
それを持ち寄って刺激をし合って暮らしていける関係。
お互いに持ち寄る話題がある家庭。
そういうのが、俺には結婚生活だと思っていた。

だから、友達がなんか生活臭に満ちた
別の人間に見えてしまったのだった。
もちろん、結婚生活なんて各々違うわけだし
当人が幸せなんだからそれはそれでいいし
大きなお世話なのはわかっている。

けど、なんかもう違うんだなあ。
大分、俺とは世界観が変わってしまったんだなあ。
と感じさせた出来事だった。

とても存在が遠くに感じたし、いまや奥さんとそいつがセットにも見えた。

人間は感性や価値観 生活観は時の経過とともに変化していくもので、
楽しかったつるんでいたあの頃は、もう二度と戻っては来ないのだ。
ということを気づかされた再会であった。
[PR]
by masa3406 | 2010-02-28 04:53

一変

最近は仕事が多忙で、帰宅するとシャワーを浴びて
そのまま寝てしまう日々が続いている。
ついこの間までは、自宅で暇を持て余してだらだらしていたのだが
今じゃ時間に追われる生活で、生活が一変してしまった。

2009年は、お金がない不自由さと悲惨さを嫌というほど
味わったので、
まだ稼げているだけマシなんだと自分に言い聞かせる日々だ。
またあの貧乏生活を送るのは、もう懲り懲りではあるのは確かだ。
あれはあれで辛かった。

しかし、このような日めくりカレンダーをめくるような生活をしていると、
慌しい生活に取り込まれてしまい
いろいろなことを考える余裕がなくなってくるものだ。
思考停止状態だ。
日本で生活をして働くといつもこうなってしまう。
俺が不器用なだけなのだろうか。

今は、せめて来月か再来月にも
無職の時には金がなくて行けなかった、一人旅にでも行きたいなんてことを思っている。
去年はできなかった、金を楽しみに変えることも
今年はちょっとは味わいたいと思っている。
[PR]
by masa3406 | 2010-02-25 04:53

閉塞社会

スノボーの選手が連日袋叩きに叩かれているが、
やはり日本は、全体主義の国だなあとつくづく思った。
村社会で出る杭は必要以上に打たれるのだ。

わかるんだが、そこまで大げさに叩くほどのことなのだろうか?
ニュースやネットを見ていても、まるで彼は人殺しか
重大犯罪でも犯したかのような扱いようじゃないか。
とさえ思う。

若者の若気の至りの些細な事柄。些細な過ちに対して、
あまりにも、いい大人たちが寄ってたかって大げさなのだ。

なにを隠そう、俺もそれくらいのときは金髪で髪を立てていて
部活の顧問がなくなったときも、そのままその頭で列席していた恥ずかしい過去もあり、
人間として分類分けをするのなら、きちっとできない人間の方であった。
それは若気の至りでもあり、勉強面での挫折もあり、
親との関係もうまくいかずにいろいろとうっ屈していた俺には、
当時は、さまざまなことに対しても反抗的であったと思う。

友達でも昔そういう時期があったり、
ジムの仲間や若手がタトゥーを入れていたりするのを見てきている俺には、
若いなぁ。そういうお年頃なのだなあ。とニヤリとしてしまうような些細なことだ。
それよりも、いいおっさんがとんがっていたり、不良を決め込んでいる方が
俺には痛々しく思え、今でもそれを苦々しい目で見ている自分がいる。

だから、そのスノボーの選手の心情はどこかわからなくもない。
とんがりたい、なんかしらの理由や問題が彼の中にきっとあるのであろう。

もちろん、国を代表していてTPOを守らないとならない立場もある
人間のすることではないのは確かであり、肯定はしないけれども。

オリンピック出場にまでなると公人になってしまうところで、
ただの若気の至りでは済まされない。そこが難しいところなんだろうけど
よくある若者の些細な過ちに対して、
叩くにしても、もう少し社会も懐の深さみたいなものがあってもいいように思う。

これは会社組織でもそうだけれども、日本社会は一度でもマイナスのレッテルを貼ると、
それを覆すことは、ほとんど不可能に近い社会だ。

日本は典型的な減点方式の社会であって、些細なトラブルや行動や一回の失敗で
それまで積み上げてきたことや信頼や評価が一発でパーになることは
往々にしてあることでもある。
だから、日本人は何か問題が起きた時に隠しがちでもある。
今回くらいのことでも、間違いなく今後とも問題児のレッテルを貼られ
その烙印を押されてしまう。

日本人特有の人や物事をネガティブに見がちな、
閉塞的な日本社会の非常に恐ろしい面でもある。
一度失敗をしたりはみ出してしまうと、リカバリーがきかずに
悲観的に自殺してしまう人が多いのもわかるような気がする。

日本人は、元来 村社会であり、あいつがああである。こうである。と
他人の噂話をしたり他人の悪口を言うことが根っから大好きな国民性だ。
ちょっとしたことが、大問題に発展しがちであるし
日常の社会ニュースを見ていても、絶えず誰かしらのスケープゴートがいて
やり玉にあげられ、吊るしあげられ叩かれている。
時としてそれは、サディステックにすら思える。
政治家の金の問題は叩くに値するので、別としてもだ。

ヨーロッパなんかは、個人主義でわりと他人は他人に無関心であり、
ある程度は放っておいてくれるのとは対照的だ。
オーストラリアで働いた友達も、日本の方が
職場でも他人を気にしてあれこれと批評をする、
相互監視社会であるといみじくも語っていた。
日本は、何かと生真面目で息苦しい社会なのだ。

朝青竜の件や今回の件を見ても、
やはり日本は、過ちを犯したりはみ出すとそれを許さない保守的な土壌であり、
閉塞的で生きづらい社会なのだなあ。と思う。
昔から、両親に日本の社会は、お前には合っていないと言われて育ってきたが、
こう思う俺は、やはりそうなのかもしれないな。
と思った。
[PR]
by masa3406 | 2010-02-13 06:01

謎の留守録

仕事が終わって帰宅途中に
携帯に留守番電話が入っていることに気づいた。
聞いてみると、想像だにしていなかった用件が。

○○警察の刑事課の○○ですが、○○警察の管轄内で発砲事件があり
その目撃者情報のことで聞きたいといった内容が入っていた。
近所の警察署ではない。
なぜ俺が目撃した、しうると考えたのだろうか?
俺がバイト帰りに車でその時刻に現場だかを通り
Nシステムにナンバーでも記録をされて
それで割り出されたのだろうか?
いつの事件とは入っていなかったし、こっちはいつのことであるかもわからない。

急いで、警察にそのような目撃はしていないことを電話をするも、
出た相手は違う課の人間だったものの、ああ、強盗事件の発砲事件の目撃者情報ことですねと
非常に話が早く、内容の案件についてはわかっている様子。
しかし、なぜ俺に電話を?と聞くも
留守録にいれた刑事の主は不在なので、
折り返してくれるとのこと。

俺がいちばん気になったことは、なぜ自分の留守電にピンポイントで
入れていたかということ。

なぜ俺の携帯にピンポイントで?

俺と発砲事件?

俺と強盗事件?

俺って怪しいのか? ( ̄□ ̄;)!! 


折り返してくれるはずの電話はいまだに来ていない。
俺がこれまでに事件なるものに遭遇したのは、後にも先にも
前のブログにレスしたものだけ。

なんなんだ?

非常に嫌な感じでもあり、
謎は深まるばかりだ。
[PR]
by masa3406 | 2010-02-12 04:57

人をナイフで刺すということ

秋葉原の通り魔事件の加藤被告の初公判始まったようだが、
俺も過去に1度だけ人が刺されるのを
目の当たりにしたことがあった。

もう数年も前のことだが、夜中のバイトから車で帰宅中の深夜に
唐突にそれに遭遇した。

とある、下町の商店街の細い一方通行の道を徐行して走行していると
進行方向の先から、けたたましいクラクションの音が聞こえてきた。
音もさることがなら鳴らしている時間も長く、はた迷惑なその音は
商店街に反響して大音響で鳴り響いた。

俺はクラクションのうるさい音が大嫌いで、大きく鳴らすようなタイプの人間が苦手である。
ちなみに俺は、ほとんど鳴らすことはないが、鳴らしても軽くプッ程度である。
人にやさしくの精神が大事だと思うのである。

なので、誰だよ。こんな深夜にうるせえ奴だなあ。
と運転席から条件反射的にそちらの方向を見た。
クラクションを必要以上に大きく鳴らすのは、輩や気が荒い人間が多いもの。

遠めにブルーの清掃車が停まっていて、どうもその車が鳴らしたようだ。
車の前には、浮浪者っぽい風体の男が見える。
深夜の時間帯の清掃車は、物凄く時間に追われて忙しいのか、運転が荒く
猛スピードで飛ばしている車が多い。
深夜は委託業者が請け負っているようだ。
だから、深夜の清掃車の運転手ならありえるな。
と思った刹那、
運転席から、身長は190くらいあるであろう
大きな坊主頭の男がバ-ンと扉を開け放つように開いて
勢いよく浮浪者風の男へと向かっていくのが見えた。
遠めでも浮浪者は160cm代から170あるかないか程度に見える。

こりゃ、喧嘩が始まるぞ。
と思った。
反面、どんな戦い方をするのかな。などと俺は思ってもいた。
一般的な喧嘩は、距離を物凄く顔をお互いに近づけて
つめてつかみ合う展開が多いものだ。
そんな展開になるのかな。と予想をした。

遠めなので、よくは見えないけれども
清掃車の運転手が浮浪者に、距離をつめた瞬間に
男が浮浪者からパッと飛び退くように離れるのが見えた。

それを見て俺はあれ?と思った。
通常の喧嘩なら、まさにここから攻防が始まる瞬間だ。

大男は、びっくりしたようなリアクションで胸の上辺りを手で押さえている。

俺には理解ができた。

多分、浮浪者の男が何か凶器のようなもので刺したのだ。
男は、松田優作のように刺された場所を手で押さえながら、
何度も自分の手を見て出血を確認するように
そのままへたり込むように座ってしまった。

心臓ではないし、さくっと刺しただけなので致命傷にはならないだろう。
とそれを見て思ったが。
これは一大事である。
そう思ったときに、車の横を小柄な浮浪者風の男が
真後ろを一度も振り返ることもなく
ゆっくりゆっくりと歩を進めながら、こっちに向かって
ニヤニヤ笑いながら歩いてくるのが見えた。
年の頃、50.60代くらいであろうか。
笑いながら宙を見ていてこちらには目もくれない。
手には、大きなナイフのようなものが握られていて、
それをブラブラとちらつかせている。

こいつは普通じゃない。
世の中には、危ない奴がいるものだなと思った。
情けないことに、車から降りて取り押さえようとか、そういう選択肢は
俺にはまったくなかった。
こっちも死ぬ気でないと、こんな奴を制圧できるもんじゃない。
こりゃ、下手に関わるとやべえぞ。と思っただけだった。
また、クラクションを思いっきり鳴らした運転手のきっかけと行為に対して
俺が心情的に、さほど同情を感じ得なかったこともあったのかもしれない。

駅に近くだったので、俺の前や対向車にタクシーがいて皆が目撃していたので
各々で通報をした。
運転手の男はそのまま仰向けに倒れてしまい、救急車で運ばれていき
浮浪者の男は数時間後に近くで逮捕されたと聞いた。

加藤の事件だけでなく、たまに通り魔的にナイフで刺す事件があるが
現実は、この事件のように刺す。
刺されるまでがあっという間の瞬間的な出来事である。

無防備なら、到底防ぎきれるものではない。
運が悪いとしか言いようがないのだ。
被害者のご冥福を祈るばかりである。

世の中にはどんな人間がいるかはわからないもの。
うかつに調子づいて喧嘩などしないに越したことはないと思う。
[PR]
by masa3406 | 2010-02-04 04:15