<   2011年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

人身事故

仕事先の先輩が最近、海外旅行に行ったのだが、
その帰りの出来事で俺にちょっとこれを見てくれ。とデジカメを見せながら話し始めた。

先輩は、空港からの自宅に帰る東京方面の電車に乗っていたわけだが
その最中に人身事故に遭遇してホームで電車が緊急停車してしまったらしい。

ホームは対面式で上り下り線とあり、先輩が乗っていた電車は上り方面。
自殺者志願者はその反対側の下り方面に来た電車に飛び込んだのだが、
距離を誤ったのか目標物を飛び越してしまい、反対方面の先輩が乗る
上り列車に衝突したのだそうだ。

その瞬間急ブレーキとともに電車は停まり、先輩はそこから車内から経過を観察していたのだそうだ。
そこから先輩はデジカメを回し始めたのだが、先輩の撮影した動画では、
まず最初に、乗務員らがホームに集まって一斉にゴム手袋をはめて、
さあ片付けるぞといった様子でホームに降りていって
1度視界から消えた。
先輩は、その段階で死んでいてバラバラになっているのかなと思ったそうだ。

それから、結構な時間が経過してから
慌しく乗務員たちがシーツに包まった人らしきものを載せた担架を運んでいて、
動画では、乗務員数人がそれをいったん下りホームに乗せて置いていた。
置かれた担架の白いシーツの下からは、明らかに不自然な方向に曲がった靴を履いた男の足の
ようなものが見えている。
折れているのは間違いない。
シーツからは、血が染み出しているようには見えない。

ホームに無造作に置かれた担架の横には乗務員が1人だけ担架の横にいて、
その他の乗務員や駅員たちは、みな飛び込んだ電車の点検のためであろう方向に
また戻っていった。
そうしていると、なんとシーツの横から腕だけがにょきっと出てきて、
腕を上げた様子が映し出されていた。
なんとしたことか、生きているようだ。
顔はシーツの下で見えないが、腕がうめいているように苦しそうな動きをしている。
それなのに、横にいる乗務員は介抱や救護体制に入るわけでもなく放置をしている。

それからしばらくしてようやく、救急隊員が駆けつけるわけだが
先輩いわくホームに乗せてからその間7分。

1通り映像を見せてから
先輩は、この有様をずっと見ていて大変憤りと恐怖感を覚えたことを
俺に堰を切ったように一気に話しだした。

まず、担架を運んでくる段階で頚椎が損傷しているかもしれない人間を
誰も頭を抑えることもなく運び、雑によけるようにホームの地面に置いた扱いについてで、
この対処1つで植物人間になるかならないかの危険性の分かれ道になるのだそうだ。

また、死に瀕した人間を鉄道員達は放置をして鉄道の点検や片付け優先に去っていったことと、
1人担架の横にいた鉄道員は、ただ立っているだけで一切触れなかったことだ。

鉄道員達は、重症を負い死に瀕した人間に対して救護活動をするわけでもなく、
放置をしたのだ。

この事はつまりは、鉄道会社の

鉄道の運行の再開>>>人命の優先順位のスタンスを示していて、
人間1人の命が助かるかもしれないのに
誰もが鉄道の再開作業を進めるのみで瀕死の人を救護するわけでもなく
救急隊員が駆けつけるまで放置をしたまま。
もしかしたら、その間の措置で生死の明暗を分けるかもしれないのに係わらずだ。

たとえ自殺志願者とはいえ1人の命。

先輩は、鉄道員達が誰もが人の生死に対して無関心で、
なんて恐ろしい事だと異常さを感じたのだそうだ。

これが道路交通法だと

道路交通法の規定
第72条1項、
「交通事故があつたときは、当該車両等の運転者その他の乗務員(中略)は、直ちに車両等の運転を停止して、負傷者を救護し、道路における危険を防止する等必要な措置を講じなければならない。」これらの義務を怠ることから道路交通法(事故における負傷者救護義務)違反に問われる

とはっきりと負傷者を救護義務 人命救助義務が銘記されている。
なにを置いても人命優先なのだ。

しかし、これが鉄道法だと運行優先に変わってしまうのだろうか?

自動車の人身事故に例えるなら、はねて倒れている人をとりあえず道路脇によけて放置をし、
皆で道路を掃除したりすぐに走れるように車の点検をしているようなものだ。

先輩が言うように、大変異常な事である。
こんな処置が、人身事故が頻繁に起きている東京では当たり前のように
日々、行われているのだろうか。
助かった人間も、助からなかった事例も多いのではないだろうか。
誰も知らない、恐ろしい現実だと思ったと同時に
俺も大変疑問を覚えた話であった。
[PR]
by masa3406 | 2011-04-29 06:16

友達作り

ジムの4月に高校生になったばかりの仲間と後楽園ホールにキックの試合を観戦しに行った。

高校はどう?と聞くと、普段の彼は俺には饒舌と言えるほど話すのに
外では大変人見知りをするらしい。
そのため、まだほとんどクラスの誰とも口を利いていないらしく、
始まったばかりの慣れない環境に精神的に疲れているのだと言う。

そんな話題が出て、自分の高校や大学時代を振り返ってみると
俺には、友達作りにおいてはどうもそういう苦労がなかった事を思い出した。
特に戦略的にそうしていたわけではない。
思いつくまま自然に俺からどんどんいろんな奴に話かけていき、
そして、その中から気が合う・話が合う ノリが合う奴を選んでいって
友達や仲間を作っていっていたようだ。
俺は、高1で留年を経験しているわけで、そうなると今までの学校の友人が
全て教室からいなくなってしまうわけなのだが、
2か月もすると、普通にその学年に溶け込んでいたことを思い出す。

単純に俺にとっては学校で
話し相手がいない状態が苦痛だったので、自然とそのように動いていたのであろう。
ギャグを言うのも好きだったので、話すやつがいないとギャグの言いようもないのだ。
大学でもその方法は同じだった。
相変わらず男ばかりで群れていたが。

当時思ったことは、例えばクラスが45人いたとしたら、その中に自分と気が合う人間がいるとしよう。
その人間を見つけようと思ったら、受け身に話しかけられるのを待つのではなく、
自分から能動的に会話をしたり、接することで初めて見つけられるのではないだろうかと。
偶然に頼って話さないことには、物凄く気が合う奴がいても見落としてしまう可能性もあるわけで、
それはチャンスを逃すことでもあり、せっかく一緒の環境・空間にいるのにもったいないことだと思う。

だから、自分から積極的に話してかないともったいないぞと
俺は自分の経験を話したのだが、でも○○さんは俺と同じ一人っ子ですよね?
よく人見知りをせずに、そんなことができますね。と驚いたように言われた。
それは、たぶん俺は初対面の人に話しかけるという行為は、特別なことでもなんでもないからだと思う。
単純に何も恥ずかしくもないし特に気張ることはないからだ。
反面、ナンパは絶対にできないが。
飛び込みの営業もするのは大嫌いだ。

いつかレスをしたと思うけど
社会人になると、なかなか本音で話せる本当の友達や親友ができないものだ。
年齢・生まれた地区・育った環境や家庭環境が共通していないので、なおのことだ。
できても、その環境が変わるとやがて疎遠になってしまうことが多い。
たぶん、同じ環境という数少ない共通項が失われてしまうからだと思う。
その経験則から、俺は職場の人間関係を軽んじてしまう傾向があるのだが。

年齢も同じで感性が豊かで、同時に成長過程を過ごせる若い時期にできた友達ほど
付き合いが長続きするものだ。
だからこそ、学生時代の友達は一生ものでもあり、生きていく上でとても貴重な存在だと思う。
彼には高校で親友と言える存在に巡り合って欲しいと願っている。

この日の彼は、日頃話せないストレスがかなり溜まっていたのだろう。
後楽園ホールでも、飯屋でも帰りの電車の中でも俺に機関銃のように話し続けた。

明日から、学校が憂鬱だと言っていたけど
今日の試合観戦と話したことでちょっとはストレス解消になってくれて、
和らげる活力になってくれればと思う。
[PR]
by masa3406 | 2011-04-18 02:02

怠惰さ

去年の最終戦以来、横浜ベイスターズの開幕戦を見に行く前に
新橋で下車をして、駅前のビルの地下にある行列ができることでも有名なおか田に行った。

http://r.tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13007833/
ここは、中がレアの牛カツ(とんかつみたいなもので中が牛肉)を
食べさせてくれるだ。
11時が開店で11時前に着いたのだが、7・8人先客がいたものの
幸いにして最初のターンで入ることができた。
中は狭い喫茶店のような作りでカウンター席に4人がけの椅子席が少々。

客の過半数が牛ロースランチかつセット(1200円)を頼む。
これは味噌汁とご飯がついて、ご飯は1杯だけサービスだ。

そう待たずして運ばれてくる。
皿には牛カツとキャベツ。
肉は最初から細めに切られていて、中はほんのりピンクのレアで肉がとても柔らかい。
それをソースか山葵醤油で食べるのだが、
山葵醤油との相性が抜群でこれがとても美味い。
牛刺しに衣がついたものを食べているような感覚でもある。
また、ここはなぜか付け和えの
やや水気があるキャベツが美味くソースとの相性がこれも抜群だ。
とんかつ屋のキャベツはあまり美味いとは思わないのだけど、
ここのは美味かった。
こうして久しぶりに平日に休みを取って、1人でのんびりと食しているだけで大変幸せな気分になった。

店を出て1階に上がって地上に出ると、新橋の機関車広場では
風評被害撲滅のムーブメントであろう福島県の野菜の即売会がちょうど始まる直前のようで、
沢山テントが作られていて、そこにテレビカメラが何台も構えていて人垣ができていた。
何が売られているのか見て行きたかったのだが、
時間がないので東海道線と根岸線を乗り継いで横浜スタジアムに向かった。

原発問題と電力問題でプロ野球は開幕が延期になり、異例の平日のデーゲーム開催と
なった影響で、試合前だというのに球場前やチケット売り場はとても開幕とは
思えないほどに人が少ない。
外野のチケットを購入して外野のスタンドに上がると、
人工芝は張り替えられており、球場はちょっとだけバージョンアップが施されていた。

横浜側の外野席はほぼ埋まっているものの、
レフトの中日側は、中央の外野指定席がぽっかりと空いていて5割りほどか。
内野はトータルで2割くらいとガラガラ。
おおよそ開幕戦の雰囲気ではなかった。
外野席では、常連のファン同士が今日は仕事を休んで無理をして駆けつけたような話を
あちらこちらでしていた。
俺も仕事を休んで来ているわけで、同じようなファンが開幕戦だからと無理をして駆けつけて集まって、
ようやくこの集客人数なのだろう。

今年は節電問題で関東圏ではナイターが行われない事が決まっているので、
平日のデーゲームは、これから集客力はさらなる苦戦を強いられることだろう。
これは、経営難でTBSが手放したがっている横浜ベイスターズの入場収入の
大幅減にも直結をすることを意味して、
今年のオフの身売りの後押しになることは間違いない。

それから、球場で例年とは違う光景だったことは、
理由は不明だが、書入れ時の開幕試合にも関わらず
いつもは邪魔なほど動き回っているビール等の売りの売り子が非常に少なかったことだ。
その日は、雲ひとつない晴天で直射日光が降り注ぐ横浜のライトスタンドでは、
ビールやコールドリンクの需要はとても多かったはずだが、なぜなんだろうか。
外野の鳴り物による応援は行われていたし、チーム専属のチアリーディングの女の子達も
いつもと変わらずに踊っていたし、地震による自粛モードは目だって感じなかった。

欽ちゃんが、欽ちゃん走りをしながらベンチから出てきて始球式をして、ゲームが始まった。

試合は、横浜が乱打戦を追いつきサヨナラ勝ちをし、実に8年ぶりに開幕戦を勝利した。
代打でサヨナラヒットを打った選手は、お立ち台で感極まって泣いていた。

試合からは、去年までは緩慢な怠慢プレーがよく見られた
4番の村田選手が常に全力疾走を怠らず、新戦力の日本ハムから来た森本選手が
盛上げ役をしてセンターラインとなり、選手たちからは勝ちたいという気持ちがビシビシと
俺たちファンに伝わってきた。
また、去年には見られなかった打線のつながりがあった。

万年最下位が低位置のお荷物球団、横浜ベイスターズの、
今年は違うぞ。俺たちはやるんだ!という気迫が感じられてとても嬉しかったし、
来て良かったなと心から思った。

人間は気持ちひとつで、こんなにも変われるのだとプロ野球観戦を通して教えられた気がした。
最近の俺は、何をするにしても楽に流れて気持ちが入っていなかったことを反省した。
いわば、去年の横浜ベイスターズ同様に怠慢プレーもあったことだろう。
そういう所は、人には見られているものだ。

これからどうするにせよ、ここで気持ちを引き締めようと思う。
[PR]
by masa3406 | 2011-04-16 15:52

キック馬鹿

近ごろ仕事で色々と疲れたというか、日々の生活に飽きたというか
リフレッシュするために明日から2日ほど有給で休むことにした。
1人でゆっくりしたいと思った。
1人で将来のことなどじっくり考えたりして過ごそうと思った。
これから生きて行くのに、自分にとって一番なにがいいんだろうかとか
最近色々と考える。
このままではいけないなと焦りもあって、落ち込んだりはないがあまり愉快な気分ではない心境だ。

火曜日は応援をする横浜ベイスターズの開幕戦が
デーゲームであるので、1人で観戦でもしてこようかと思っている。

ジムの関係の人の親族のお通夜があって列席をしたのだが、
皆が静粛にご焼香の列に並んでいると目を疑うような光景が飛び込んできた。

少し前で列に並んでいたジムのOBのお偉いさんが
最近試合で勝ったジム生がすぐ後ろに並んでいるのを見るや、
おい!この前の試合おめでとう!と笑顔で話しかけていた。

お通夜で おめでとうだって!? ちょwwwwいくらなんでも、それはまずいだろ
なんてスーパー不謹慎な人だ。

列の先の親族席には、親を亡くしたその人の彼の過去の教え子が座っているというのにだ。
近しいわけでもない俺ですら、彼は今どんな顔・気持ちで座っているのだろうかとか、
悲しいのを見せまいとお通夜の席で気を張って大変であろうと
心中を慮んばかっていたのにだ。

話はそれだけに留まらなかった。
その人は昔の現役時代は強い選手だったのだが、
今度は、その人に手振り身振りでああいう相手にはこういう攻撃がいいんだぞ
なんて、身振り手振りを交えながら技術論の熱弁を奮っていた。

ちょwwここはジムや後楽園ホールじゃないぞw

俺は、いまだかつて見たことがない、あまりにもエキセントリックな光景に
呆れて隣にいた中学生と互いに顔を見合わせてしまったほどだった。
俺も中学生も、唖然として半笑い顔だった。
笑い事ではないのだけど、非常識を通り越すと笑いたくなるものだ。

その人は分別を通り越すほどのもういい歳なのに
これが本当の『キック馬鹿』というものであろう。
馬鹿もここまで来るとたいしたもんだ。

帰り道も、中学生とその話題で持ちきりだった。
子供なりにも信じられない異様な行動に映っていたのだ。
弟子が親族の亡くしている席でもお構いなしにキックの話とは、
意味は違うが、この人こそ本当の『キックの鬼』だ。

その後 別室で列席者に寿司などの料理とビールが振舞われたわけだが、
格闘技関係者が多いとあって、みんなその席で格闘技関係の話ばかりしていた。
恥ずかしながら、俺も中学生と一緒にしっかりと参加をしていたわけだけど。
確かに故人の親族とは皆面識がないのだが、
ここまで遺族を気遣った話題がまったく出ない席も珍しいものだと違和感を感じた席だった。

皆いい大人なのに組織に所属した社会人経験の乏しさから来るのだろうか、
共通して悪気はないのだが、悪気がないがゆえに時として残酷な無邪気さが
非常識な形となって出てしまう。
アダルトチルドレン達なのだ。
そんな人たちを見るに、やっぱり独特な格闘技の世界ならではだなと思った。
ある意味、空気が読めない変人だったりどこかずれた人間の集まりなのだ。
そんな世界の居心地が悪くない俺も、どこか変わった人間なのかもしれないが。

よく親父にスポーツ馬鹿になってはいけないと言われたものだが、
その言葉をその日ほど感じたことはなかった。
[PR]
by masa3406 | 2011-04-11 05:49

女の子

会社帰りに友達と飯を食いに行った。
前回会ったのは地震前だったので、しばらく互いに過ごした事がある東北の地震の話で終始語り合った。

友人は、6月に子供が生まれる。
彼は男の子を欲しがっていたのだが、それが女の子だとわかったとメールがきてから
すっかり子供の話題がメールでは出なくなっていた。

子供の話題を振っても笑みが微塵もない。
スポーツを見るのもやるのも大好きな友達は、男が生まれたら一緒に
野球やサッカーをしたり
させたりすることを楽しみにしているようなことを度々話していただけに
落胆の色を隠せない様子だ。

俺も今ジムで中学生とも仲良くしているが、男同士共通の趣味があれば大人と子供でも
年齢関係なく何時間でも語り合えるものだと実感しているので、
奴がそういう親子関係を青写真に描いていたのはわからなくもなかった。
一緒に酒を飲んで語れる関係というか。

ある程度の年齢になった女の子の場合、共通の趣味や話題もない事から、
なかなかそのようなコミュニケーションを築くことは難しいことなのではないだろうか。

それに男の子の場合は、言い方は悪いが男親がある程度自分の趣味を洗脳できる場合がある。
俺が、学生時代に野球部だったのは、親父によくキャッチボールに付き合わされたり
プロ野球を見に行かされたり野球中継を見ていた影響だ。
今でも体を動かすのが好きなことやスポーツを観戦するのが趣味なのは、
親父もスポーツ愛好家でもあり家でスポーツ中継を頻繁に見ていたので、
安全にその影響である。
親父はただ好きなものを見ていただけだろうが、洗脳みたいなもんだ。

友達は、女の子は、若いときは父親に似るというし(歳をとると母親そっくりになる)
容姿で判断されることが多いから、
可愛くならなかったら申し訳ないとそのプレッシャーもかかると言っていた。
そいつはカッコいいので、かわいい子になると思う。
いずれにしても、考えすぎだと思うのだが。

話は変わるが、もう1人5月に子供が生まれる友達がいて、そいつも生まれるのが女の子だ。
彼も言っていたのだが、俺の周りでもなぜか女の子が生まれる奴が多い。

俺達の時代の人間は、小さい頃から食べ物が添加物が多いインスタント食品を
頻繁に食べて育っていることや環境ホルモンの問題も要因となり、
男の精子が薄くなりその結果として女の子が多いとも言われているが、
実際の所はどうなのかはわからないが。
ちょっと調べると、統計では今も変わらず男のほうが多いようだ。
たまたま俺や友人のまわりがそうなんだろうか。

女の子のほうが、将来親の面倒見が良いイメージがあるし
きっと女の子ならではの良さがあるのだと思う。
俺も仮に女の子の親になったとしても、扱いもわからず
コミュニケーションを上手く取れる自信はないけど・・・。
[PR]
by masa3406 | 2011-04-02 01:32