<   2012年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

被災地訪問

東日本大震災・避難放送の遠藤さんを教材に
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120126/k10015558741000.html

の記事を読んで、
彼女が最後まで避難を呼びかける放送をしていた南三陸町に
去年7月に友人と訪れたことを思い出した。

どちらかと言えば死を覚悟して放送をしていたというよりは、
その高さまで津波が来ることを想定できていなくて、
職員全員残っていたのではないかと俺は実際に現地に行った時に感じた。

訪れた現地の様子は、さながら空襲後の焼け野原。戦場のようであった。
街が丸々ないのだ。
アスファルトは津波にすべて洗われて剝され、
かつて道路があった道はすべてパリダカールの道のような砂利道状態だった。

瓦礫こそは全て道沿いに山積みされてのけられていたけど、
レンタカーを借りて訪れたので舗装された道がないのでパンクが気になった。
建造物は4棟の大きなコンクリートの建物以外は、全て空襲の後の焼け野原のように
見るも無残に根こそぎなくなって、残骸と言うよりも根こそぎさらわれて遺構のみが残っていた。

さながら北斗の拳のようだ
ほとんど荒野なのだ。
違うのは、モヒカンがバギーでアッヒャー!と走り回っていない事くらいなもんだ。
信号なんかどこにもない。
こうなると、もはやライフラインもへったくれもない。

不謹慎だが、一瞬俺の頭の中に北斗の拳のテーマ曲が流れてくる。

土台からひっくり返っているコンクリートの建物もある。
それは、今まで生きてきて見たこともない、情け容赦ない阿鼻叫喚だった状況が伺える光景だった。
  
いったいどんな力でこうなるのだろうかと唖然とする。

とりわけその残っている大きなコンクリートの建物は、5階くらいの高さまで
浸水したような形跡があったことに驚かされた。

被災地の水に浸かったビルは、天井のありとあらゆる配管が下に垂れ下がっているのが特徴だ。
まさかこの高さまで水が達するとは誰が想像できようか?
現場で見ても、リアルにその高さまで水位が上昇したことが、痕跡の事実を見ても
信じがたい現実であり、助かった人は奇跡に近いと思えたほどだった。

自然の威力は、人間の想像のはるか上をいくものだと否応なしに思い知らされる。
津波が来たことは理屈ではわかるのだが、想像がついていかない。

彼女が避難を呼びかける放送をしていたという防災対策庁舎は、
港からやや離れたちょっとした丘の上にあり、茶色い鉄骨だけになって建っていた。
中身はスッカスカで何もない。
津波の高さが職員達の想像をはるかに超えていたことは、想像に難くない。
彼らも、理屈では知っていても想像がついていかなかったのだろう。

そこから俺たちは、かつて幾度ともなく訪れた女川町にも足を運んだわけだが、
向かう途中の鉄道の鉄橋が落ちて線路が下に垂れさがり、
沿岸部を走れば、道路脇には養殖のものであろう漁業設備や道具がことごとく打ち上げられている。

沿道に無数にある車は、あたかも巨大な洗濯機に回されたかのように
紙の箱を握りつぶしたかのごとく、くしゃくしゃに丸まっていた。
道中、そんな状態の車体をいくつも見た。
このように鉄を紙のようにくしゃくしゃにしてしまう、津波の威力に驚かされた。

女川町も同じように破壊しつくされて壊滅状態だった。
石巻線の女川駅もアスファルトが剝されたホーム以外は線路も駅舎も何もかも根こそぎなくなっていて、
ここがかつては駅であった事が信じられないほどの変わりようだった。
俺はかつて石巻線に乗ったことがあるのだが、その記憶が現実の事ではなかったかのように
さえ、今では感じるほどだ。

そこから宮城県第2の都市、石巻市も訪れたわけだが、
女川から市の中心部に向かう海沿いの街道筋にある民家や商業施設が
ほとんど1階部分が津波の威力でボロボロになるほどに破壊されている。

駅のほうの中心街も、こちらは破壊はされていないものの
1階すべてが浸水した痕跡があって商店街も壊滅的であった。
中心部なのに信号も復旧していないのか、点灯していない有様だ。

駅のトイレに行くために車から降りて歩くと、ハエがそこかしこに飛んでいることに気づく。
とにかくハエが多い。

そこから石巻漁港に車を走らせたわけだが、そこでその原因がわかった。
近づいていくにつれて腐った魚の悪臭がたちこめていて、
とんでもない数のハエが飛び回っている。
臭くて臭くてたまらない。
とてもではないが、車の窓なんか開けられたものではない。

周囲には破壊された漁業関係の加工工場や魚の冷凍倉庫が立ち並んでいて、
窓を開けていないのに、その一帯を走るだけで車の中はたちまち腐敗臭に包まれる。

原因は冷凍した魚が倉庫が破壊されたことで大量に流失し、
それが撤去されずに夏の気候も手伝い手酷く腐敗しているかららしかった。
それで蛆が湧き放題湧いて、大量のハエが発生しているのだ。

倉庫街の海に面した所を走ると、沿岸のコンクリートの上に
カモメの大群が何かに群がっているのを見た。
たぶん、そこに流出した魚があるのだろう。

道中、車のすぐ脇に歩いているカモメを見ると、丸々と肥え太っている。
毛艶も良さそうで、満腹感からなのか車に対しても警戒感が薄れているのか、
近づいてもすぐに飛び立つ様子がない。
毎日毎日食料が無尽蔵にあるので、彼らにとってはここは楽園状態なのだろう。

信号も壊滅状態なので、警官が手信号をしていたのだが
ハエ・悪臭・暑さのこの状況でご苦労様なことだと頭が下がった。

そこから帰るために仙台へ向かったわけだが、途中の仙石線の線路も流されているのも見えた。
何回か乗ったことがあるが、この海沿いを走る区間の景色は風光明媚で美しかったものだ。
また船が道に打ち上げられたままな状態なのも幾度ともなく目撃した。

道中、色々の県のナンバーのパトカーが走っているのを見かける。
全国から警官が応援に来ているのであろう。
岐阜ナンバーのパトカーの後ろをたまたまついて走っていたら、
松島あたりの大きな旅館に入って行った。
旅館の前には沢山の警察車両が停まっていた。
多分、この旅館を全国から集められた警察関係者の拠点として使っているのだろう。

松島あたりは、数々の松島の小島が津波の威力を弱めたらしく冠水はあったようだが、
美しい景色は失われてはいなかった。

仙台市に近づいた多賀城付近を走るとここも国道沿いが水に浸かった痕跡が沢山残っていた。

仙台に戻ってレンタカーを返し、俺たちは東京へと帰路についた。
帰りの新幹線の中で、疲れ果てた俺たちは深い眠りに落ちた。

去年の7月の段階で思ったことだが、被災地をいくつか通っただけだが
震災数ヵ月は頻繁に被災地の現状を報道していたマスメディアが落ち着いてしまい、
現地で現状を伝えるテレビクルーらしき存在は見られなかった。

また、人自体が少なくボランティア活動をする人間もひと段落をして帰ってしまい、
報道の通り人手が足りていない様子が見受けられた。

まだ倒壊したり浸水した家屋が、手つかず状態なのが過半数で、災害の被害は甚大すぎて
どこから手をつけていいのか。
元通りの復興まで何年かかるのか、ちょっと想像がつかない状態であった。

福島原発に被災地の現状
地震直後からしたら、マスコミが取り上げる頻度が激減しているが、
もっと発信すべきなのではないだろうか。
と感じた。
[PR]
by masa3406 | 2012-01-28 15:55

門出

夜のバイトの店の女の子と話していたら、このたび婚約をしたんだそうで、
夜を上がって昼の仕事を探すらしい。
その日もいくつか面接を受けてきたという。

この子は、性格は穏やかな性格だ。
日ごろもニコニコしていて、不平不満が先に立つタイプの子ではない。
こういう性格の子は、容姿に関係なく早く売れていく傾向にある。

したいかできないのかは別として、結婚なかなかできない子のタイプは、

気が強い子
気性が荒い子
他人に自分のためにしてもらうことをまず求める子
私が私がと自己主張が強い子
常に不平不満や人生の不足を言う子

のどれかが傾向的に多い気がする。
要するに男が一緒にいても安らげないタイプだ。

これは、大学時代やどんな職場でも感じた客観的に見てきて感じた傾向だ。
ただの世の中の成り行きを語ったまでなので、
お前が言うな!というのは勘弁して欲しい。

俺は、おめでとうございます。と言った。

年齢を聞いたらまだ19歳だったんだそうで、その若さに驚いた。
その年齢の時の俺は留年した事もあり、将来も何も考えていない高3だったものだ。

結婚はどうせするつもりなら、色々と選択肢がある早い時期のほうがいいものだ。

後になればなるほどに、子供を停年退職に大学卒業が間に合うように早く作らないとならない。
家のローンは何年だから家を買わないとならないとか、
逆算をして計画しないとならなくなるのだと思う。

結婚式はまだ具体的な日取りは、きまってはいないんだそうだけど
話す顔は希望に満ち溢れていて、心機一転といった面持ちでとてもいい表情をしていた。

とてもめでたいことだ。
こっちまで幸せな気分になった。

彼女は、キャリーバッグを引いて帰って行ったのだが、
その中に未来への希望がたくさん詰まっている気がした。

彼女の人生に幸あれ

この前レスをした友人も就職が決まったらしく、電話がかかってきた。
また飲食業界で決まったんだそうで、しばらくそこで働きながら専門学校の資金を貯めるのだそうだ。
まだ春は到来していないのだが、いろんな人の門出の時期みたいだ。
俺も来月から職場が都心に異動になるので、
またラッシュの電車に乗る生活が何年ぶりかに復活することになった。


俺はというと今週は、週初めにノロウィルスにやられて家でのたうちまわって七転八倒した。
外食して帰宅したら、妙に胸やけがするなと思いながらもそのまま寝たのだが、
朝になって気持ちが悪さと物凄い悪寒に目が覚めた。

そこからは、上から下から出るものが出て、
悪寒に関節痛 発熱 胃腸痛とさながら地獄の責め苦のようであった。

皆さんも、くれぐれも手洗いとうがいはしっかりしましょう。
ノロウィルスの辛さは、尋常じゃないですんで。
[PR]
by masa3406 | 2012-01-28 11:58

長期計画

ジムの仲良しの高校生と軽くマスをしたのだが、パンチが素晴らしくよくなっていて
かなりびっくりした。
入ってきた中学生のときはパンチ力はあまりなかったのだが、
パンチにキレが出て重みもありすっかりパンチの質が変わっていた。
とくに槍を突くように繰り出されるジャブは、
ボディーワークが間に合わないのが数発あったほどだ。
彼は非常に手が長いので懐も深い。
自分の攻撃の距離をわかって徹底していることも素晴らしかった。
格闘技のインテリジェンス的にはとても成熟している。
大人の体になってきて技術に体力がついてきたのだ。

強くなったなあ・・・。
彼の成長には胸が熱い思いだった。

体も厚みを増してきて、身長も伸びてきて高校を卒業するころには180cmを越す勢いで楽しみだ。

その高校生とは、2人でいろいろセッションをしながら、長期的な計画の下に
只今、とある方向を目指してスタイルを作り上げてきている最中だ。
彼は普段からDVDを見たり
よく考えて練習をする資質と言われたことを忠実に聞ける素直さと
パフォーマンス能力の高さからもその効果がてき面に表れていた。

俺たちは2人とも、やるのと同時に格闘技を見ることも非常に大好きな人間だ。
格闘技に関してはどちらかと言えば、色々と考え研究をするタイプだ。
だから、初日からお互いに引き合ったのだろうが。

観戦したときも2人で常に討論や格闘技談義をしながら、
見てきた経験や試合を観戦をしたときに気づいた点があれば、
それを採り入れて必要な要素を集約したのだ。
帰りに居酒屋に連れて行って、試合や格闘技談義をしたことは1度や2度じゃない。
俺たちは、ボクシング・総合も見るのでキックにとどまらずに採り入れている。

今の男子高校生は、ネットという情報社会で生まれ育っているので、
理論や情報に対しての咀嚼能力はとても高いものがある。
賢いのだ。

近年、サッカーや野球のレベルは20年前とは大幅に技術進化をしてきているけど、
それもその表れである。

だから、何かをやるに際して何のためにやるのかちゃんと説明してからの方が
吸収するモチベーションや吸収効果がはるかに高い。
時代とともに子供たちも変化しているのだ。
そこを昔と同じように見くびっている大人の指導者が多いと思う。

彼のは将来、転向を視野に入れている総合の打撃にも通用するスタイルだ。
前にボクシングに転向をした2人の後輩もそうだけど
俺はかわいい後輩が殴られて馬鹿になったり
消耗品になっては欲しくない。と思っているから、ディフェンス面もとても重視している。
俺も殴られるのが嫌いなタイプだ。

通常の中・高校生で格闘技をやっている人間は、なんとなく漠然と上から言われた練習や
自分が好きな選手の真似をするの一般的な傾向だと思う。
まだ自分になにができてなにができないかはわからないし、
理想を追ってやりたい事やない物も追い求めてしまうものだ。
俺もそうだったし、今のような豊富な情報量もなかった。

だが、彼のスタイルは大人が行き着く成熟したスタイルで打撃系格闘技に
もっとも大切な要素や基本が詰まっている。
一本の太い幹なのだ。

言うのは簡単だけど、ここに着眼をしてできるのは簡単な事じゃない。
こんな高校生は、ちょっとお目にかかれないのではないだろうか。
人は、常日頃から目的意識を明確にして正しい方向性に伸ばすとここまで伸びるのだ。

だが、それを行うに際して大事なことは、
早急に色々着手をして同時にできるようにしようとしたり
すべてを手に入れようと思ってはいけない。
そんな甘いものじゃない。
計画性を持って、ちゃんと根が張って太い幹に育つために作り上げる期間や
それを見守る我慢も必要だ。
それくらい、スタイルの根幹を成す基本を正確にマスターするということは、
簡単なようで難しいことなのだ。

はっきり言ってしまえば、うちの会長とは考え方もスタイルも全然違う。
会長はデビューを急いで色々させたがっているが、
それでは元も弧もない。

俺たちのほうが経験に縛られずにボクシング経験や、常に最新の格闘技の動向を見て
研究をしているワイドな視野があると思う。
彼は絶対にこの方向性でとんでもなく強くなるし、必ずや世に出る選手になるだろう。

これからが末恐ろしい限りだ。
[PR]
by masa3406 | 2012-01-26 22:50

一番感動をした日

もう去年の話になるのだが、かといってつい先月のことだが
友人と柏レイソルの優勝決定戦を観にJリーグの最終戦埼玉スタジアムに行った。

その小学校時代からの友人は、昔一緒に柏レイソルを応援をしていた仲だ。
俺は、かつては柏のファンクラブにも入ったこともあったのだが、
いつしかJリーグをコンスタントに見ることはなくなり、
ファンであった過去も、いまではほとんど忘れていたほどだった。

数年前に仕事で柏レイソルの試合に行った時も、
すっかり応援していた頃とはメンバーが新陳代謝して入れ替わり
誰が誰だかわからない浦島太郎状態だった俺は、
試合中にのんきにうたた寝をしていたほどに、その熱意は薄れていた。

その柏レイソルが、去年はJ1に昇格をして優勝争いをしていたので、
珍しく俺も動向を追っていた。
そして、ついに最終節で引き分け以上で初の優勝が決定するということで、
かつてファンだったことを思い出して急に見に行こうかなと思い立った俺は、
チケットを2枚取って友人を誘ってみたのだ。

さっそくメールを送信すると普段ならメールをすぐに返信しない友人から、
この時は打って変って即座に行くよ。すごく楽しみだ。という返信が返ってきた。

その返信でちょっと今のチームの感想をレスしてみたのだが、
彼のメールには、いまのチームの事情や選手について色々と書かれていて、
今でも友人はチームの動向を見守って熱心に応援していたんだなと
その一途さに感心をしてしまった。

彼は当日車で来るということで、会場で落ち合った。
落ち合ってややピッチを俯瞰する中央の位置の席に並んで座ると、
会場は満員でホームのレッズサポーターは6割で、
柏レイソルのサポーターは4割といったところだろうか。
赤と黄色のカラーに分かれた両サポーターの応援の声が、大迫力の重低音で地鳴りのように響いていた。
http://www.youtube.com/watch?v=Movf2sjb2xA&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=rBDyb2f9hLs&feature=related

試合は、柏レイソルの監督の作りこんだシステムが素晴らしく
美しい波状攻撃が展開され、ほぼ一方的な展開で柏レイソルが
浦和を激しく美しく攻め立てた。
柏の選手の判断や動きのすべてに無駄がなく、目の前では極上のサッカーが展開されていた。
俺はただただ、すげえなおい!うめえ!と驚嘆の声を上げながら魅了されていた。

その無駄がなく連動した流れの攻撃から、前半だけで柏は2得点を取り
http://www.youtube.com/watch?v=aNJ2cCS5zlY&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=AmD2XnWE5pA&feature=related
そのたびに俺と友人と近くの柏の応援客は、やったー!といっせいに立ち上がって雄たけびを上げた。
今の俺はとんだにわか野郎だが、かつてこうして柏を熱い気持ちで応援をしていたことを思い出したのだ。
サポーターの応援のチャントもかつて応援していた頃のが流れていて、
それが身震いするほどに懐かしかった。
足しげく通った柏のスタンド・ゴール裏 熱狂。
様々な過去の情景が、興奮とともに脳裏に甦ってきた。

その流れのまま、後半は浦和が何とか一矢を報いようと1点を返したけれども、
終盤に柏がダメ押しの追加点を浦和のキーパーのやからしたミスで追加して3-1になった。
http://www.youtube.com/watch?v=ZhQjxosXiOY&feature=related
スタジアムが三たび歓喜に包まれる。これでほぼ優勝は決まったも同然だった。

柏を応援する観客は一体化をして、待ち焦がれた
クラブ初の優勝シーンを今か今かと期待するボルテージが高まるのを感じた。

そして、ついにその歴史的な瞬間がやってきた。
審判がタイムアップのホイッスルを吹くと
俺と友達やその周りの柏のサポーターが、声にならない雄たけびを上げながらいっせいに立ち上がった。
その瞬間、日常の不満や疲れ・すべてが開放された気がした。

俺は、本当にうれしかった。
心からうれしかった。

目の前のサポーター達と歓喜のハイタッチをし、友人とがっちりと握手をした。

ピッチではベンチの選手が一斉に中央に走り出し、抱き合って喜んでいる。
黄色い一団のサポーターのチャントの一体感で鳥肌が立つのを感じた。
http://www.youtube.com/watch?v=OQkEnpnM42w
http://www.youtube.com/watch?v=yQwRIh8JjNw&feature=related

ふと友人を見ると、普段はクールで感情表現に乏しい友人が、
涙を流しながら喜んでいた。

これが本当の嬉し泣きだった。

奴とは、小学生からの付き合いで親友だ。
お互いその長い付き合いの中で、学校時代も含めてお互いに様々な困難や挫折を味わってきた。
俺たちは、どこか人生に不器用な人間だった。

その親友の涙を見たのは、これが初めてのことだった。

それを見て、柏の初優勝の感動と相成って心の深い部分がジーンとするのを感じた。
これほど感動してくれるなら、今日誘って本当にいい事をしたなと思った。
この歴史的瞬間に二人で立ち会えた幸運に感謝した。
友人は、心から嬉しいといった満面の笑顔をしていた。

選手の表彰も終わって、しばらく優勝の余韻に浸って眺めていると
http://www.youtube.com/watch?v=RBHARp5y-3Q&feature=related

浦和レッズの社長がサポーターにシーズン終了の挨拶のマイクに向かった。
その瞬間、スタジアムに残っている大勢の浦和レッズのサポーターから、
いっせいに耳をつんざくようなブーイングが吹かれた。
それは、サポーター達の鬱積した怒りに満ちていて、
物凄い迫力であり、結集されたとてつもない負のパワーだった。
地鳴りのようなブーイングは鳴りやむことはなく、社長の挨拶の声はすべてかき消された。
http://www.youtube.com/watch?v=zkSFpEB3-os
http://www.youtube.com/watch?v=gp1gkObcf14&feature=related

シーズンを降格ギリギリという散々な成績で終えたレッズを応援する彼らは、
このために消化試合であるこの試合にわざわざスタジアムに訪れ、ここまで残っていたのだ。

さっきまでの大観衆の至上の歓喜。そして大勢の観客の怒声とブーイング。俺たちはこの日、
集団が織りなす人間の両極端な感情の目撃者にもなった。

この負のパワーにせっかくのお祝いムードも水を差されかねないと
友人と俺はスタジアムから足早に後にした。

俺たちは、帰りに地元のお好み焼屋で祝勝会を上げた。
どんな酒よりも美味い酒だった。

それが2011年で、俺が一番嬉しかった、感動をした日だった。

今年も、そんな感動を味わえたら良いものだ。
人生、生きていれば 何かいいこともあるさ。
[PR]
by masa3406 | 2012-01-08 06:26