<   2012年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

おひとり様

休みなので前にレスをした
深夜放送していたアニメのBLOOD-Cの続きが映画で上映されているので、
生まれて初めて1人で映画館に見に行った。

さすがに、繁華街の映画館に1人で行く勇気などなく、
車で行けるようなショッピングモールの施設内の映画館を選んで行った。

買い換えた車で到着した平日の午後のショッピングセンターは、高校生やカップルがいて、
映画館のチケット売り場前に近づくと、そういう人達がいるのが見えた。

来るまでは、あの続きが見れると期待をしていたわけだけど、
ここに来て急に臆病風に吹かれた俺は、

1人で映画館はなかなか敷居が高いな・・・。
やっぱりやめようかな。

と、急にビビッてたじろいだ。

だが、またあらためて来るのは面倒だ。と思いなおす。

映画はいくつか同時に上映されているらしく、おそらくBLOOD-C
を見に来た人は、この中にはほとんどいないだろう。
と意を決して、チケット売り場でチケットを買い中に入った。

いくつか部屋に分かれていて、言われた番号の部屋に入ると
中はガラガラだった。
全部で20人に満たない数だろうか。

女性客が結構いるのに気づく。
女性1人客もいる。
このアニメはかなり残虐なシーンが多かったのだが、女の人は意外に平気なのだなと思った。

俺は映画を見に行くと大概そうなのだが、
最初の15分くらいはなかなか集中できずに入っていけない。
たぶん、気が散るのであろう。
入れない映画は、(つまらない)最後まで入れないときもあるほどだ。
この時もそうであったが、途中からようやく集中モードに入る。

内容は、作りやシナリオがアニメの延長と言うよりも
映画のためのシナリオや作りこみにこだわって、予算をかけて作りましたいった感じの作品だった。
残虐なシーンの描写も残虐な殺戮も、クレームでもあったのか控え目だ。
アニメでは当たり前のように殺されていた仲間は誰も殺されない。

敵を仕留めるための復讐の鬼となり、キャラまで変わってしまった主人公の
完全に敵のボスをただ倒すためのシナリオで、
そこには主人公のほのぼのとした日常生活の風景描写もなく、
深夜やっていたアニメの雰囲気の延長を求めていた俺には、
金をかけたであろう美しいCGを見せられているだけで、イマイチであった。

このアニメは、ほのぼのした日常と残酷な殺戮のコントラスト
それらが、めちゃめちゃに壊されていくそのギャップが見事だったのだ。

途中で、無意味な主人公や登場人物のお風呂のおっぱいシーンがあるのには苦笑した。
サービスショットじゃあるまいし、蛇足なんじゃないだろうか。

やはり、映画と何話からなるアニメとでは作り方が変わるのだろう。
俺が求めていたものとは、かなり違った。

別に俺はア二オタではないので、基本的に何もわかっちゃいない。
だから、たいそうなことは言うつもりはない。

いやいや、お前は何もわかっちゃいないぜ。と言われれば、それはそうなのかもしれない。

最後EDで流れた水樹奈々の曲と
最後に敵を殺して目的がなくなってしまった主人公が、
仲間から離れざるえなくなりまた孤独になってしまう所は、
らしい雰囲気を出してはいたように感じた。

1人映画という貴重な体験をしたので、まあよしとしようと思う。
[PR]
by masa3406 | 2012-06-27 21:48

廃車

昨日、家業の自動車整備の仕事をしている友達がカーナビを付け替えるので
その間に代車を貸すから車に乗って取りに来いよと言われた。

仕事が終わってから俺は、何も考えずに車でそいつの家に向かった。
その友達が紹介してくれた中古車を買ったのだが、それに友人がナビを
移し変えてくれるのだ。
その時は、ちょっと預かるんだな程度に思っていたのだけど
車を持っていくと私服姿の友人が家から出てきて、
じゃあ、これナビ外したらそのまま廃車にするから全部荷物を代車に
うつしかえておいてな。
と言われて、そこで初めて俺は気がついた。

今日、ここでこの車とは最後のお別れだったのだと。

俺は、しばしその車に見入ってしまった。
それなら、ここに来るまでにもっと回り道でもしながら、
ちょっぴり感傷にでも浸りながら、
最後の走りを楽しんで来ればよかった。
と、いつものように普通に運転して来てしまったことに後悔をした。

この車には、いろいろお世話になった。
トラブルや事故はなかったけど、思えば随分距離を乗ったものだと色々感慨深い。
が、今日で最後だという現実感がない。翌日には、業者が引き取りに来て、じきに解体されてしまうのだという。

一緒に、軽く近くのファミレスで飯を食おうぜ。ということになり
最後に、その車を人の運転で乗ってみたかったのだが、
友人がじゃあこれで行こうぜと俺に貸してくれる代車を指して、
ささやかな俺の願望は叶わぬ思いとなった。

飯を食って、友人を送って戻ってきたときは
借りた代車のカーナビの使い方を教わったりしているうちに、
すっかり車と最後のお別れをするのを忘れて、そのまま自宅に帰ってしまった事に気づいた。

最後まで、何事にも感情にも中途半端な俺らしいなと思った。
[PR]
by masa3406 | 2012-06-16 22:35

脱出

夜の店を今月末で辞めることが受理されて正式にやめることが決まった。
これまで1年
泥仕事もしてきて色々と不満があったけど、これで後腐れもない。

上の人間は、かなりいい加減な奴だ。
もともとは別の店で仲間だったのだが、大層えらくなったもんで、
こいつは、店の女をあちこち手を出したり色々な面でやりたい放題だった。
下で働く人間としては、上がこんなんじゃ
女の子たちに示しがつかないし、恥ずかしい思いをしてきた。
少なくとも俺は、仕事はまじめにはやってきたつもりだ。
そいつのようにお気楽に趣味と実益を兼ねているようなことはない。

この前辞めた仲間も、そいつには体よく使われてとても気の毒だった。
その人は、俺によく愚痴を言ってきていたのだけど、
俺は昼の仕事が忙しくて、それだけにカマってはあげられない。

仕事中にかかってくるので、どうせ愚痴だろうと電話に出てあげられないことも度々だった。
俺ももうくたびれ果てていたから。

その人は、俺のように直接は文句を言えない気弱な人だった。
それだけに完全にナメられていて、えげつない仕打ちも受けて言いなりだったのだ。

もう、あまりにも扱いがひどいんで辞めるんだ。
ただこれは誰にも言わないでくれよ。と言われていて、男の約束なので
それは他の仲間には、最後まで言わなかった。

出勤した時には、愚痴を聞いてあげてはいたけど
もっとちゃんと聞いてあげれば良かったな。と去って行った今になって思う。

その上の人間が、俺にも最後までナメたいい加減な対応をしてきたので、
こっちだってやめたいのに、これまで我慢してやってきたんだから、
ちゃんと男としてのスジを通してくださいね。

そこのところをちゃんとしてくれないと、こっちはおさまりがつきませんよ。
こっちもこれまで眠いのに頑張ってきたんだから、
仁義はちゃんと守りましょうね。
と怒りながら言った。
恩を仇で返すようなことは、人間としてしてはいけないことだ。

昼の仕事でもそうだが、俺は少なくともこいつのように汚い真似だけはしてないつもりだ。
毎日眠いけど義務は果たしてきた。

それだけにその仲間みたいな扱いはさせねえよ。
と思ったのだ。

そもそも俺は、ほかに店で働き始めて上手くいっていたのに
そいつの腹心の部下に
俺に免じて頼むよと無理に誘われて、何にもやめることはなかったのに
やめて来る羽目になったのだ。

入ってみたら条件が違うし、だまし討ちに遭ったようなものだ。
そうしているうちに、どんどん条件が悪くなり仲間の1人が去って行き
先のもう1人もつい最近去って行った。

後の奴らは、保身だけだ。
敵か味方かと聞かれれば、味方ではない。

ともあれ、これで気持ちはスッキリした。
来月から別の町の銀座の店に行くことが決まった。
気持ち新たに頑張りたいと思う。
[PR]
by masa3406 | 2012-06-13 00:28

強制参加

会社の帰りに前の同じーチームの同僚5人で会社の近くで飲んだ。
昨日は近所に住んでいる同僚2人と夜中まで飲んでいたから、
2日連続だ。

メンバーは、俺の近所に住んでいて日頃からつるんでいるBさんと
俺にやけになついてくるOくん、バリバリの営業マンタイプのEさ
営業から内勤に移ったHさんという女性の構成だ。

唯一の女性の参加者のHさんは、移動してからというものの、
内勤のボスにずっとネチネチといじめられているらしく、
今日も出てくるときに嫌味を言われたとのことで、とても疲れ果てているように見えた。
たぶん、繊細なのでその言われた一言でショックを受けていたんだろう。

内勤に移ってからのSさんは、どこかよそよそしくおどおどしているように
俺達からは見えていた。
Sさん大丈夫かな?
俺たちは心配して、時おりそう話していた。
以前の快活なSさんが、別人のように目がびびっていて、
学生時代のまるでいじめられている人のようだった。

俺は、その内勤のボスの人からは、どちらかといえば親切にされていたので、
前から聞かされていたそうした事実は、人の持つ二面性の恐ろしさを感じた。

俺には、そのボスはむしろ協力的で、俺が成績が良かった時とか
自分のことのように喜んでくれたこともあり、
このことを聞かされた時には、あの人が?とにわかには信じ難かったのだが、
そのボスは好き嫌いが激しいらしく、俺には表の顔で接しているのだろう。

その人は、俺達営業の個人名をあげて頻繁に悪口を言っているという。
人はわからないものだ。

もしかしたら、俺も言われているのかもしれないけど。。。

そんなわけで、俺が企画したこの飲み会で彼女にガス抜きをさせてあげようと思って、
今日はとことん話を聞いてあげようとの思惑もあった。

それが逆に忘れたい事を蒸し返す結果になってしまったらしく、
途中からどんどんSさんが無口になっていくのを感じた。

Sさんがトイレに立ったのを機に、普段帰りによく一緒にSさんと飯を食うというO君から、
その話はしないほうがいい。
逆に楽しい話題で忘れさせてあげないとと注意をされて、話題を変えることにした。
その時のSさんは、自分の過去の楽しかった話をうれしそうに話し続け、
O君はそれをただ聞いてあげているんだそうだ。

俺は、やっぱり女性の扱いは苦手で的外れなようだ。

そんなわけで、急いで話題を変えることになった。
このSさん。
実は、意外な顔があり
顔が広く女の子を人に紹介することが趣味らしく、
以前から合コンをやるようなことを飲んだ席で話していた。
将来は、結婚紹介所のような会社を立ち上げるのが夢だと
生き生きした目で語っていた。

彼女の紹介が縁で、今まで何組もカップルになり
そのうちの3組は結婚にまで至ったそうだ。

俺は、横でそれをほう。それは、すごい才能だねえ。とまるで他人事で聞いていたのだが、
で、俺は誰か紹介して欲しくないの?
とSさんに切り返され、その時に俺は適当ににやにやしてごまかしていた。

Sさんも、ああこの人は特に紹介してほしくないんだな
と空気を読んでくれて、それからは何も言わないでくれていた。

俺は、普段O君とも度々メールをしているのだが、
このO君。いま彼女が欲しくて欲しくてたまらないらしく、
やたらとメールの中で、合コンに行きましょう。
ナンパできるバーがあるので、帰りに行きましょうと
それまでの話題と全然脈絡がなく突然、誘ってくる。

俺は、そのたびに面倒くさいので
別の人の名前を出してその人と行けばと適当にごまかして逃げていたのだが、
ここ最近、その合コンがついに具体化をしたらしく、
それからというものの俺に参加しましょう。としきりに迫ってくるのだ。

俺は、最近忙しいから疲れているのでとか、彼女ができるように応援しているよと
空気を読んでくれと参加を逃げていたのだが、
それをついにこの主催者のSさんがいる逃げ場がない飲み会で、
このタイミングで言ってきやがったのだ。

マッチングが趣味だという主催者のSさんを目の前に参加したくないとは言えないので、
例によって適当に笑ってごまかしていたのだが、
O君はそこをぐいぐい突っ込んできて、俺が参加してくれないと
安心して参加できないだの
人数のバランスが取れないだの全然容赦をしてくれない。
メールだとはぐらかされるので、この時に逃がさんとマニアックなまでに詰めてきたのだ。

普段つるんでいるBさんも当然参加しますよね。と迫られている。
たぶん、内心では参加をしたかたっただろうBさんが
比較的簡単に参加を約束させられてからは、
Bさんが参加するんだから、当然参加しますよね?と詰問するように聞いてくる。

なぜだか、俺にはまったくわからないのだがO君は必死で
俺が承諾するまで折れてくれそうにもない。
メールどころじゃなく、執拗に食い下がってくる。
笑いながらもその目はマジだった。

普通なら、合コンが決まったらどんな女の子が来るかの話題が普通なのに
そんな話はそっちのけで、俺に参加を迫り続けている。
バイトのことは内緒なので、さすがにキャバクラで副業をしていて、
もうプライベートまで女と接するのはうんざりなんだよ。とは言えない。

それを言えば誰しもが納得してくれると思うのだが、それが言えないところがまた辛いのだ。

Bさんだけは、その事情を知っているので、O君のアシストはしないでくれている。
さっきまで、Sさんの事で空気を読もうと注意していたくせに完全に矛盾している。
なんで、俺の空気は読んでくれないんだ。

これ以上この場で断るのも不自然で、もしかしてこの人ホモなんじゃないか?と疑われたり
空気が悪くなりかねなかったので、
さすがに閉口して、わかったよ。参加するよ。
と俺は降参した。

それを聞いて、O君は喜んでいる。

嗚呼、面倒くさい。
どうしてプライベートの時間で気を遣わねばならないのだろうか・・・。

その他にも、みんなでドライブ。女の子を集めてのBBQと企画が目白押しなんだそうで、
それにも俺は、強制参加させられるんだそうだ。
同僚だけのドライブなら楽しいからいいけど、合コンBBQとか気乗りしない企画だ。
想像しただけでも面倒だ。

夜の店ですっかり疲れてしまったのか、理由を抜きにして女の子がらみのものは、
今の俺には、まるで興味もなければ全く気乗りしないのだ。
そうでなくても、男子校出身の俺はこの手のものが苦手だ。
今まで特に楽しいと思ったこともない。
適当に合わせることはできるけど、気疲れすることは目に見えてる。

最近は昼の仕事もハードなので、俺が求めているものは休息や
自分本位にマイペースに過ごせる時間。
好きな事だけをしたいのだ。

明後日の、お店の女の子の引っ越しといい、
人と接することでの副産物。
しがらみを感じた次第だ。
[PR]
by masa3406 | 2012-06-12 03:25

飛ばないボール

休みだったので、友人と横浜とロッテの試合を千葉マリンスタジアムで観戦してきた。
最近会った同級生が、会社が5時に終わるので神宮で応援しているヤクルトの試合を
度々観戦していると聞いて、非常にうらやましくなったのと
俺もそろそろ自分が応援しているチームの試合を観戦しないとなあと思ったからだ。

影響をされやすい俺は、同級生のチーム愛に触発されてしまったのだ。

それで、たまたま仕事が休みだったロッテファンの友人を誘って見てきたわけだが、
去年から導入された打球が飛ばないと言われている低反発球の統一球の影響を
かなり感じさせられる試合だった。

俺なりに打球を観察していて感じたことは、

ボテボテのゴロが多い

ゴロのヒットの球足が途中から失速する

完璧に捉えたと思った角度良く上がった打球が外野で途中から失速して
外野手に取られる。

飛距離が思ったよりも伸びない

そんなシーンを幾度ともなく見た。
よほど完璧に捉えなければ、打球が死んでしまうのだ。

打球がそんななので、見ていても1発長打が出る気配がなく
迫力不足でてんでワクワクしないのだ。
ヒットが出ても過半数がシングルヒットだ。
抜けた球が補給をする頃には、転がる球足が力なく遅くなっている。

打球が飛ばないので、外野手もそれを前提として
長打への警戒心が少なく以前よりも守備位置が浅い。

俺は野球部時代は外野手だったので、打球が伸びないので抜かれてしまう心配が少ない打球は
非常に野手には守りはやすい球だろうなと思った。

打球が飛ばないのだから、これでは投手が有利なのは明白だ。
低めに集めてさえいれば、滅多にホームランが出ることはないわけだ。

とりわけ長打力がない打者の打球が、さらに力無いものになっていた。
打者も軒並み打率を下げていて、3割打者がまだシーズン折り返してもいないのに
極端に少ない。

俺も決して大味な試合を見たいわけではないが、ここまで打球の質が変わってしまうと
ずいぶんとプロ野球が地味になっちまったなあ・・・。と感じた。
この試合ではホームランは1本も出なかった。

俺は、小さい頃によく親父にプロ野球観戦に連れて行かれたものだが、
プロのごっつい選手のホームランの迫力には、心躍らされたものだ。
俺も、あんなホームランを打ちたいなあと思った。
そのごっつい選手達が、飛ばせない球とはよほど重いボールなのだろう。

お互いにプロ野球が好きなので、観戦は楽しいには楽しかったけど、
これでは、観客動員も以前とは減っているのではないだろうか。
マニア受けはしても一見さんを引き込むことは難しい。
俺たちのような、マニアですら地味に見えるんだから退屈してしまうと思う。

子供達も球場に足を運ばないのではないだろうか。
とロッテファンの友人と懸念してしまった。

そして、この貧打線が多くすっかり地味になってしまった
プロ野球を見に会社帰りに通うヤクルトファンの友人のチーム愛が、
さらに偉大に思えたのだった。
[PR]
by masa3406 | 2012-06-06 05:57

プレゼント

この休みに色々と考えたのだが、仕事の両方を天秤にかけて考えてみた場合
明日の仕事に行くのは楽しみを感じるけど、果たして夜の仕事のほうはどうだろうか?

もう、行きたくない自分がいた。
出勤して人と話すのも、何もかもが面倒だった。
仲良しの女の子も何人かいるけど、もうついこの際どうでもいいことだった。

明日の昼の仕事は、色々と施策が思い浮かぶし
お客さんに情報や知識を話せる事に喜びを感じるが、
今の俺には、夜の仕事は完全にやっつけ仕事だ。

よく昼間の仕事の上司が、気持ちがあるなら頑張ろうと口癖で言うのだが、
俺は夜の仕事に関しては、もうその気持ちがなくなってしまったのだ。

こんな気持ちじゃあしょうがねえな。

そう思った。

こんな奴が職場にいたら迷惑極まりない。

というわけで、来週に辞めることに決めた。

話はまったく違うのだが、自分の車が車検を迎えることになり、
距離も10万キロをゆうに超えているし車を買い替えることにした。
そこで、顔が広い友達に中古車を頼んでいたのだが、
出物が見つかって、前に俺が欲しかった車種が破格の値段で出てきた。
昔俺が乗っていた車の後継の車種だった。

俺は、スポーツタイプの車が好きで免許を取ってから、何台か乗り継いできたのだが、
それが壊れてしまい、今は妥協をして友人から譲り受けたセダン系の車に乗っていた。
足回りがやわらかいセダンに乗る俺は、自分でもどうもしっくりこなかった。

以前は、その車種が欲しかったのだが、無職になったりして金もないしいつしかあきらめていたのだが、
世の中のめぐり合わせは不思議なものだ。

見せてもらったのだが、距離も色も形も申し分なかった。

もしかしたら、ここ数ヶ月頑張ってきた事に対する、神様からのプレゼントなのかもしれないと思った。
生きていれば、人生 なにかいい事はあるのだろう。

人生なんて、悪いことと良いことの繰り返しだ。
ある人に言わせると、人生は7割は悪いことで3割が良いことなのだそうだ。

6月も気持ち新たに頑張っていこうと思う。
[PR]
by masa3406 | 2012-06-01 00:11