<   2012年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

人間

仲間がデビュー戦をした。
試合前や前日までは、あれほどこうやって戦おう。と2人で作戦を話し合ってきて
本人もそうすると納得していたのだが、(みんな同じアドバイスをしていた)
いざ試合が始まると彼は緊張してしまったのだろう。

それらが、すべて真っ白になったのかのように真逆の動きになってしまった。

普段のシャドーやマススパーやスパーの動きとも全然違って、
本能むき出しのままに戦っているように見える。
自分が出したい攻撃を本能のまま出していて、組み立てもへったくれもないし、
普段の練習やマススパーでもしないような
見たこともない攻撃をしている。

良い意味での誤算と言えるいい動きもあったけど、
勝つためにしなきゃいけない大筋のプランニングが台無しだ。

ゲームに例えるなら、トランス状態かバーサーカー状態のようだ。
こうなるとセコンドの声も届かない。
他に形容するなら、スピーチで大勢の人を前にして緊張してあがって頭が真っ白になり、
今まで用意した文面すべてが吹っ飛んでしまって、
自分でもわけがわからずに話している状態のようなものだ。

距離が普段の自分本来の距離ではなく、わざわざ相手の土俵に付き合ってしまっている。

緊張してあがってるなあ・・・。
これはまずい。と思っていたら、負けてしまった。

晴れ舞台に彼の両親が来ていたわけだが、とりわけお父さんの落ち込みようが凄くて
うなだれていてとても気の毒に見えた。

普段の彼の動きができていれば、普通に勝てていた相手だった。
いや、彼のポテンシャルを以てすれば、普段の70%でも出せれば勝てていたと思う。

ありがとうございましたと俺に律儀に挨拶をするご両親に、
「今日は初めてで緊張していたし、普段の○○は全然こんなもんじゃないですから。
この次は絶対に勝ちますよ。」
と悔しいやら残念やらで、興奮した俺は声高に言ってしまった。

それくらい悔しかったのだと思う。

普段、彼とよく一緒に練習をしている仲間もこれは全然普段の動きじゃない。
こんなものじゃないのにと茫然としていた。
彼も、こんなものじゃないのにと悔しかったはずだ。

つくづく試合は、練習とは別物なんだなとあらためて思わされたのと
練習でいくら反復をしても端正しようが、人間とは面白いもので、
良くも悪くも長年染み付いた動きが出てしまうものだなと思った。

日常生活でも、心がけていたり散々他人から注意をされていても、
人は同じことを何回もミスしてしまったりすることがあるが、
それが人間というものなのだろう。

よく本番になると基本を忘れたかのように大ぶりのパンチになっている選手がいるけど、
そんな選手でも普段の練習では違うのだ。
わかっちゃいるけど緊張するとそれが出せない。

仲間で右フックの練習をしょっちゅうしている仲間がいるけど、
その彼の試合に行ったら、右フックを1発も打たなかった。
なんて不思議なこともあるくらいだ。

緊張してしまうと、得意なことを本番で出すことですら難しいのだろう。

人間がやるもので、機械がやるものじゃないからそうなるわけで、
そこが面白く魅力があるのだ。

とか余裕なレスをしながらも、本当は悔しくて帰りにやけ酒を飲んでしまった。

試合になると緊張してしまい、いくらキャリアを積んでも
固くなってしまって出せないタイプの選手もいるけど
これらは、場馴れしさえすればある程度は解決されていくと思う。

これからに期待したいと思う。
[PR]
by masa3406 | 2012-09-20 16:35

キャバクラ

近所に住んでいる前の部署の仲間に飲みに誘われて、近所の焼き鳥屋に行った
最近は前ほどは会ってはいなかったので、お互いの近況話を主にしたように思う。

酔って上機嫌だったのだろうその人が、
おごるから風俗に行かないかと言ってきたのだけど、
いきなり風俗はちょっと勘弁してくれ・・・。と思った俺は、

苦し紛れに、それならキャバにでも行きましょうと言って
行きたくもないキャバクラに行くことになった。

俺は、今までさんざん女の子と接する仕事をしてきたので、
女の子と話をすることに何か付加的な価値を感じることはないし、
本当はもう面倒くさいくらいだ。
だけど、せっかく連れて行ってくれているわけだから、落ちているわけには行かない。

ここは郊外店なのだが、安くて有名な店でかなりの大箱店だ。
安い店なのでカラオケがある。

その人は、その店には前からの指名のこの店が長いベテランの子がいたので
入り口でその子を指名し、
フリーの俺には、ヘルプの子がつくことになった。

合計1時間30分くらいいたのだが、ヘルプの子がだいたい20分くらいで入れ替わって、
こちらとしては、話し相手がコロコロ変わるので、
そのたびにまた1から話をしないとならなくて、相変わらず疲れるシステムだ。
普段、一切キャバクラに行かない俺には、この遊びの何が楽しいのか、
どこにメリットがあるのかいつ行っても皆目わからない。

年齢層は、大体20代前半と若い店だ。
気を抜いて素に戻れば湧き上がる気だるい感情を捨て払って、
こちらから積極的にどんどん話しかけて会話をする。

1人目とは俺も実は夜の仕事をしている話をして、その話題で盛り上がった。
2人目についた子は、
この間仕事を辞めて水商売を始めたばかりの子で、
今まで働いていた会社が同族会社で非常に労働条件が酷く、今就職活動をしているけど
厳しくて、いかに決まらないかを俺に熱心に語っていた。
確かに水商売に染まった感じもなく、どちらかと言えば素朴で
どこかのオフィスにいそうな普通の昼職の子のままだ。

その子は、事務職を希望しているのだそうで、そうなると女の人で事務職に就きたい人は
この世にごまんといるらく、非常に競争率が高いのだそうだ。

土日祝祭日が休みなのが希望条件らしく、そこに異常に固執をしていた昔の俺と同じだなあ。
と聞きながら懐かしくも思った。
また、最初の就職先の労働条件が悪く、給料が安くてすぐに若者が辞めてしまうのも
俺の頃と何も変わってないなと思った。

この失われた20年で、日本は何も変わっていないのだ。
まったく良くなっていない。

若いときは、休みにやりたいことも行きたい所もいくらでもあるし、
友達も土日休みの仕事に就いて一緒に遊びたい。とか若い子なりの願望があるのだろう。

給料は前は安かったからいくら以上じゃないと。と話すその子を見ながら、
俺が友達とお互いに頻繁にそういう話をしていた事も思い出した。
若いときは、体力 活力 好奇心があるので、仕事よりもプライベートを重視するんだと思う。

しかし、新卒で職歴もあるこんな若い子が決まらないのだから、
このご時世の厳しさをあらためて感じる。
話を聞きながら、厳しいなあ・・・。と感じた。

3人目の子も、アパレルで働いていた子でこの世界に来たらしい20代前半の子だった。
何の話をしたのかはよく覚えていないが、会話は弾んだ。

最後の4人目についた子は、今年高校を卒業したばかりだとかでなんと18歳だった。
ダンスが好きだそ言うその子は、話していてもまだ何も世の中の事を知らないであろう子供で、
あたかもジムの高校生と接しているかのようだった。

完全に俺が子供の相手をしているようで、
話を振って聞いてあげながら、これではどっちが客かわからないよな。。。と思った。

とまあ、俺が夜の仕事をしてきた都心のメインの繁華街の店に勤める子とは違い、
郊外の店は、庶民的で普通の子が多い気がした。
ホント、そこいら辺の子なのだ。

この先きっと、たちまち風化され印象にも記憶にも残らないことだろう。
金を出してもらってこんな事は言えないが、つまらない映画でも見た後のような感覚だ。

若い女の子と話したい 口説きたい エロい話をしたい かわいい子のそばに寄りたい
話を聞いてほしい ちやほやして欲しい けなしてストレスを発散したい
酒を飲んで一緒にわいわい盛り上がりたい

思いつくままにあげたけど、
たとえばこの中のなにか願望や目的でもなければ、面白くもなんともないのだろう。
俺には、願望が0なのでつまらないのは必然なのだ。

帰りに道、陽気な千鳥足の仲間と一緒に帰りながら、
俺にはこの遊びには、全く向かないことをあらためて感じた
[PR]
by masa3406 | 2012-09-03 21:44