<   2012年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

友の死 その2

翌日、俺は高校サッカーの予選を高校の同級生と観戦する約束をしていて、
会場で午前中から試合に夢中になって観戦していた。
負けたら終わりのトーナメントで、高校生たちがグラウンドを所狭しと必死になって走り回っていて、
俺はそれを固唾を呑んで見守った。

秋から冬になる晴天の会場は心地良く、そのときの俺は高揚して、
頭の中はまさにサッカーの試合でいっぱいだった。

そうしているうちに、友人Bから午前中にメールが届いた。

見ると、午前中に入院している友人の携帯に電話をしたら、
本人は出られない状況らしく、
なぜか病院の人が出て、ご家族の方ですか?と聞かれ
ちょうど奥さんに電話をしようとしていたところです。と言われたそうで、
なにか様子がおかしく、まずい容態なんじゃないかと危惧しているという内容だった。

確かに、いくら患者がすぐに電話に出れない状況だからと、
患者個人の携帯に病院の人が出るのは妙な話だ。

2試合目が終わって会場からの帰り道に同級生と別れると、俺はすぐにBに電話をしたが、
何か危機的な状況にあるのかもしれないし、
あるいは検査をしているとかそうではないのかもしれないし、結局2人ともしばし待つしかないという
結論しか出なかった。
彼も関西に住んでいるので、おいそれとは出てこれない。
俺も、家族でもないし病院に行っていいのか悪いのかも判断がつきかねた。

奥さんの話だと、Bが電話をした時間帯は急に容態が悪くなった時間だったそうで、
それで病院が奥さんを呼ぶための電話をまさにするところだったのだろう。
そして、俺達がBと電話をしていた頃には、もう亡くなっていたのだそうだ。

それを知らず、俺はその日の夜に電話に友人の携帯に電話を入れてみたけど、
主を失った携帯には誰も出ることはなかった。

そうして、今日の夕方に奥さんから携帯に電話がかかってきたわけで、
今までは、何回も生還してきた友人もついに力尽き、
俺達の危惧していた結果以上の最悪な結果になったわけだ。

突然。あっけない。と表現するしか他になく、

突然すぎて頭の整理がつかないし、なんで彼が会いたいときに会わなかったのかとか、
後悔の念はいくらでも湧いてくる。
なによりも、もうあいつと話ができないかと思うと寂しくて仕方ない。
これまでの想い出は、尽きないほどにあり、数々の情景が浮かんでくる。

彼とは社会に出てから友達になった親友の1人だが学年も同級生。
同じ時代を生き続けた親友を失うのは喪失感が大きい。

人は失ってから大切さがわかるとよく言うが、その通りなのをいま感じている。
奴は大病を患っていたのに、のん気にいつでも会えると思って、俺は甘く考えていたのだ。

俺は実は、ちょっとした個人的な問題があったのだが、彼は一昨日の電話でもそれを気にしてくれていた。
あんな体調が悪い状況でも、俺のことを心配してくれた心優しい友人に申し訳ないと思う。

奥さんとの電話が終わると、すぐにBから電話があり奥さんから知らされたとのことで、
2人してまさか昨日のがね・・。となって、いろいろ話し込んだ。
Bはたぶん泣いていたと思う。

それから俺は、共通の友人に電話をしたりメールをしたりで、奥さんから聞いた
お通夜や告別式の日程を連絡した。
ある共通の女性の友人は、お見舞いに来いと言われて今月の頭に行ったらしく、
彼がそんなことを言うのは珍しいらしく、たぶん死期を予期していたんじゃないだろうか。
というようなことをしみじみと語っていた。

俺もちょうどその頃に着信があった記憶があるし、もしかしたら俺も呼ばれていたのかもしれないと
どうしてかけ直さなかったのかと悔やまれて仕方ない。

彼女は元気な姿しか見たくないので、お通夜には来ないそうだ。
いつもバイタリティーがあり、強気だったあいつの姿を見ていたわけで、
亡くなってしまった姿を見るのは耐えられないのだろう。

豪胆だけど、繊細で寂しがりやで、臆病なところもあり、
そんな彼だからこそ、酒で体を壊してしまったのかもしれない。

子供っぽさや無邪気さがあり、博学で女にもモテた彼の人間的な魅力が
この世から失われるのはあまりにも残念なことだ。

よく考えたら、あいつの遺体と対面をするわけで、
俺もその現実を受け入れられるだろうか・・・。

奥さんが、主人も喜びますのでぜひ会いに来てください。と言ってくれた優しい言葉に
彼が縁で繋いだ素晴らしい仲間と一緒に会いに行き応えたいと思う。

とにかく、あいつには今まで付き合ってくれてありがとう。と言いたい。
[PR]
by masa3406 | 2012-11-11 21:44

友の死

昨日、友人が死んだ。
今日、見慣れない番号から電話がかかってきて、出たら友人の奥さんだった。

嫌な予感がした。

いつもよりかしこまった口調でそれを告げる奥さんの言葉に俺はしばし絶句をした。
人は、予期せぬことが起きて、突然告げられると、現実感が無く言葉が出ないようだ。

実は、亡くなる前日の一昨日に友人と俺は電話で何ヶ月ぶりに話していた。
俺は、最近忙しくて友人からの電話になかなか出れないでいた。
彼は、大変もつ焼きを食べに行くのが好きなので、またその誘いだろうくらいに思っていて、
時間ができたらそのときに行こうくらいに軽く考えていた。

その気になれば、またいつでも会えるのだ。

数ヶ月前に電話で話したときは、ものすごく元気でいつもと変わらなかったから、
俺はすっかり安心しきっていたのだ。

そうこうしているうちに、2ヶ月が経ち一昨日ふと電話をかけてみた。
共通の友人Bがいて、連絡すべき頼まれごとがあったのだが、
携帯電話が壊れてBの電話番号を失念していたので、
その番号もついでに聞こうと思っていた。

電話に出た彼の口調は、普段とは打って変わってもうろうとしてろれつが回っていなかった。
非常に具合が悪そうだ。
もしやと思って聞くと、また先月末に担ぎ込まれて入院しているとのことだった。

状況を聞こうと質問する俺に彼の話したことを羅列するなら、

ついつい禁止されている酒を付き合いで、飲んでしまっていたこと。
また血を大量に吐いて病院に運びこまれたこと。
食欲がなくて病院で出るご飯を10%程度しか食べれない。
筋肉が落ちてしまって、痩せてしまったこと。
夜は睡眠薬を投与されて寝るらしいのだが、それがあまり効かずに
あまり眠れないこと。
腹に水が貯まって腹だけ出ているということ。
奥さんは定期的に仕事の合間に看病に来ているということ。

と、体調の話が主だった。
入院して、数週間と経過をしているのにこれまでに入院した時と比べると、
回復傾向にない様子なのが気になった。

また、彼のご両親が田舎から出てきて、翌日に来ると言っていたのも
とても気になった。
今回は、状況的に非常によくないのではないだろうか。

いつもなら強がる彼が、今の体調を非常に良くない。だるいよと力無く言い
筋肉が落ちてしまったと弱気なことを言う。
俺は、前に入院して痩せてしまったときも筋肉が人並み外れてあったし、大丈夫だよ。
なくなることはないし、また退院したらすぐに戻るよと力強く言った。

口調は呂律が回らないものの、言っている内容ややり取りはしっかりしてはいたので、
そこだけは安心をした。

あまり話していると悪いので、また電話をするし
近いうちにお見舞いに行くよと約束をして切った。
その際に、電話は午前中に比較的話せる時間であることと、入院している病院名を教えてくれた。

結局、友人Bの電話番号を聞けなかったのだが、
これはすぐに連絡をしないとならないと、俺も彼もミクシーに登録はしていたので、
何ヶ月ぶりかにログインをして、そこにメールをして電話番号を教えてもらうことにした。

そうして1時間ほど経ったときに、すぐに友人Bが電話番号をミクシーに送ってくれたので、
電話をして、また入院をしたことや今度は何かいつも以上に調子が悪そうだと話した。
Bは、最近まではよく連絡を電話で取り合っていたようで、忙しいのか俺と連絡が取れないんだよと
話していたという。
それを聞いて、とても申し訳ない気がした。

しかし、今にして思うとこれがとても不思議なことだった。

友人Bは、最近はフェイスブックに乗り換えて、ミクシーにまったく出入りをしていなかったらしく、
それがこの時にたまたまミクシーを何ヶ月ぶりに開いたのだと言う。

おまけにミクシーはメッセージを送ると登録をしたアドレスにそれを送ってくれる機能があるのだが、
彼は携帯の迷惑メールの防止のためPCからのメールを遮断していたのだという。
なのにたまたまこの時に開いて、即座に連絡が取り合えたのは、偶然とはいえ不思議なことだった。

また、亡くなる前日にたまたま俺が電話をして友人と話していたこと。
これらは、偶然にしてもあまりにも不思議な出来事だった。
科学では説明できない、何かが引き合わせたのではないだろうかと思う。

俺は、友人Bにぜひ電話で話して元気づけてやってほしい。
明日なら午前中に電話をしてくれると助かると言っていた事などを伝えた。

友人は、これまでも何がどのように悪いのかを具体的には話したがらなかったので、
いま何がどのように悪いのか状況がわからない。
それを聞こうにも奥さんの電話番号もわからないので、結局わからないこと。
Bは関西に住んでいるので、おいそれとお見舞いに東京には出れこれないので、
俺が近日中に行ってそれを報告するということで、
しばらく見守るしかないなという結論になった。
[PR]
by masa3406 | 2012-11-11 20:31