<   2013年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ナンパの心得

高校時代の同級生に誘われて4人で、東京湾納涼船なるものに行ってきた。

この夏の2ヶ月限定で運航する大型客船は、竹芝客船ターミナルを出港して
レインボーブリッジ、お台場、 大井コンテナ埠頭、羽田空港、東京ゲートブリッチの夜景を見ながら
戻ってくる航路で、
2500円で、船内ではビールやサワー  ワインソフトドリンク等が飲み放題だ。
月~木曜日までは、浴衣を着ていくとさらにそこから1000円の割引を受けられる特典もあり、とてもリーズナブルだ。

この船には別の顔があって、別名ナンパ船と呼ばれているほど出会いの船でもあるらしく、
幹事の友達はこれまでに何度も行ってナンパをしたらしい。

平日の6時すぎに浜松町の駅に着くと、その船の乗船客なのだろう浴衣姿の女性の姿をちらほら見かけた。
色とりどりの浴衣はとても艶やかで、思わず目を奪われる。

駅を出て竹芝の船の乗り場に歩いていくと、乗り場の前は大きな広場になっていて、
浴衣姿の女性や男性やスーツ姿の男たちで船に乗る長い行列がとぐろを巻いている。
女性だけのグループも多い。
ギャルや女子大生くらいのグループも多く、全体的に女性の年齢層は低めだろうか。

幹事の友達に電話をすると、3人とも既に着いて並んでいて合流してしばらくそこに並んだ。
6時45分くらいになると、乗船が始まり列が動き出した。

階段を登りチケットを渡して船に乗ると入口にたこ焼きやいか焼きなどの店が出ていて、
生ビールを振舞うコーナーもあるのだが、幹事の友達はそこには目もくれずに
甲板に登った。

俺たちもついていくと、友人はすかさず海に面した端の場所をキープした。

甲板部分はそれほど大きなスペースとは言えず
しばらくすると登ってきた人たちで、甲板スペースはたちまちいっぱいになった。
人との距離がなくてそこそこ混んでいる電車内のように思えなくもない。

いろんなグループが甲板の上に入り乱れて、人がすぐ真横にいるような間隔でごちゃごちゃして
ワイワイガヤガヤしている。
静かに夜景を見るような船ではなく、お祭りの会場内のような雑然とした雰囲気だ。

ネットでこの船について調べてみた時に、カップルで行くにはどちらかといえば不向きだと書いてあった意味が、その場でようやく理解できた。
とてもではないが、2人きりになれて静かなスペースなどないし、
酒が入っていて人と人との距離があまりにも近いがゆえに
カップルでもナンパをされることもある、掟破りの船なんだそうだ。

景色が見える端の部分は限られていて、すぐに埋まってしまうので、
まずこの夜景が見える、限られたベストポジションをキープすることが大事なのだと幹事が教えてくれた。
この船に何度も乗っている彼が言うには最初に、場所取りに走らずに飲み物や食べ物の確保に走るのは素人なのだそうだ。

甲板の上にも生ビールのコーナーがあって、そこで生ビールをもらって皆で乾杯をした。
船が動き出すとまずレインボーブリッジの下を通った。
橋の上の高速道路は何度も通ったことがあるけど、下から見る景色は見たことのない景色でいいものだった。

台場のパレットタウンにある観覧車が見えてきた。
昔付き合っていた子と乗ったことがある観覧車だった。

こうしてほろ酔い気分で夜風にあたりながら船からきれいな夜景を見て、
友達と過ごすのも非日常的でそれはまた格別な気分だ。
酒が飲み放題というのもまた良い。

俺たちの真横付近に女性だけの浴衣のグループが2組いて、幹事の友達が
もう1人の友達Bに手前のグループはどう?と小声で振ると
うーん。イマイチ。などと気のない返事で答えていて、おまえ そんな贅沢言ってたらダメだぜ
こういうのは選り好みをせずに数を打たないと駄目なんだよ。
こいつそりゃねーよと呆れて、俺に同意を求めてきた。

俺も基本的にナンパはできない人間なので、人のことは言えない。
Bは、普段もおとなしい奴なんだけどこの日はさらに無口でビールを静かに飲みながら、まったりと流れていく夜景を見ているのを
幹事がおまえ楽しんでるか?などとしきりに心配している。

酒ばかりでは腹が減ってきたので、俺ともうひとりのCで、食べ物をあらかじめ購入してあるフードチケットを持って買いに行くことにした。
階下に降りて船内をひとまず探検してから、フードを買い求めに行くと
たこ焼き ハムステーキ 寿司 ポテト 焼きそば いか焼き ケバブなど様々な露天が出ていて、
限られた2千円分のチケットをどれに換えるか迷う。

俺はとりあえずたこ焼きを購入して、再び甲板のキープしてある場所に戻ろとすると
さらに甲板が混んでいて人をかき分けてようやく友人の元にたどり着いた。

甲板は、酒が入った人たちばかりでワイワイガヤガヤ、例えるなら船上ビアガーデンだ。
さっきまでいた浴衣の女性のグループに男が声をかけて盛り上がっている。
ちょうど羽田空港付近なのか、飛行機が離発着するのが真横に見える。
甲板を見回してみると、即席の男女のグループがいくつかできていることに気づく。
俺はそこで気づいた。 ナンパ目的なら完全に出遅れている状態なのだと。

多分、この船は最初の2・30分くらいが勝負なのだろう。
あらかじめ声をかけたい女性のグループにあたりをつけておいて、声をかけてダメなら次と移行していかないと、
同じような目的の男達に取られて少なくともその時間の盛り上がるグループができてしまうのだ。

ナンパが得意な幹事の奴が、まだ船も動きやらない停泊中からしきりにキョロキョロしていた理由や、
友人Bにあのグループはどう?あっちのグループはと聞いていた理由が理解できた。
俺たちのまわりには、会社の同僚だろうか男ばかりのグループや男女のグループ 
カップルと出会い目的なら、対象外の人たちしかいなくなっていた。

夜景を眺めながら友達と話をしていたのだが、
俺は腹が減ったので、フードでも買おうかと再び階下の船内に降りることにした。
先ほどの階下に降りていくと、そこにはステージがあり
ガンガンダンスミュージックが流れて浴衣を着たダンサーたちが踊っている。

そこはさながらダンスフロアのようになっていて、客が一緒に踊って誰もがハイテンションで盛り上がって踊り狂っているではないか。
酔っぱらいでハイになった俺は、これは参加するしかない!と
そのまま吸い込まれるように、その中に参加して踊りまくってしまったのだった。

もうクラブに全然行ってないし、イベントともご無沙汰だ。
踊るのはなにかが解放されたようで最高に気持ちが良い。

ああ 俺って人間は本質的に体を動かすことが好きなんだなと再確認をした。

最後の曲が終わって、周囲の人にハイタッチをして、再び甲板の友人の元に戻ると船はもう到着寸前の様子だった。

友達におまえどこに行ってたんだよ。50分くらい戻ってこなかったぞ。と言われて
やってしまったと反省。

夜景も途中から全然見てないし、もったいないことをした。

幹事の友達は横のカップルと何か仲よく話していて、
さすがの社交性を発揮して、カップルの女性と番号交換をしたらしかった。

4人で船から降りて階段を降りていく道すがら、お前ら全然なにもしないし声をかけないからさあ。と幹事はおかんむりな様子だ。

いくつか女性だけのグループが出近付近にいて、
ナンパが得意な幹事の友達は鼻が効くのか、例えばあの2人組のグループはナンパ待ちで、
今日は収穫がなくて帰っていくグループ。
あれもそう。 本当にもったいないよ。

声をかけない男も本当にもったいない。
チャンスは沢山あるのにバットを振らないとかどういうこと?と嘆いていた。

それから電車で移動をして、幹事の友達が行きつけらしい居酒屋で反省会が行われた。

ここは幹事が好きなバイトの子がいるらしく、その子が来ると褒めてヨイショしまくっている。
黒髪のショートカットで小柄なスレていないようなマトモそうな感じの子で、
奴はこういう正統派のタイプが好みなんだなとそれを見て思った。

女好きで女性経験が豊富な奴ほどケバかったり派手な自己顕示欲が強そうな
遊び人タイプの女は選ばない。大人しそうで控えめな普通っぽい子を好むのだ。
多分、それが経験則からくる女性選びでの一番の正解なのだろう。
見た目の派手さに左右されないのだ。

幹事は、彼女がいないBに一肌脱いで今日はナンパをしてあげて、
なんとかいいところまでまとめてあげようとするつもりだったらしいのだが、
Bがあまりにもテンションが低く、乗り気ではなさそうなので、やめたのだそうだ。

Bの俺はナンパとかできないし無理なんだよという弱気な釈明に対して、
その中で彼が発した言葉で印象的だったのは、

お前な、あのイチローは4千本安打を打った裏では、その倍以上は凡退しているんだぞ。
それだけ膨大な失敗して、4千本打てているんだよ。

もしかして、失敗したら恥ずかしいとか思ってんだろ?
こんなところでいくら恥をかこうが、誰もなんとも思わないし
傷つくわけでも何かを失うわけでもないんだよ。

当たれば儲けもので失敗したなかから成功するんだから、
どんどん自分からいかないと駄目なんだよ。

お前は出会い系をやっていると聞いていたから、もっとできる奴かと
思ってたからがっかりだぜ。

俺もナンパはできないタイプだし、世の有象無象の物事に対しても
彼のような強気なマインドは根本的に持ち合わせてはいないんだけど、
Bを奮い立たせるために熱弁を奮うそれを聞きながら、
言っていることに一理あるし、気持ちや姿勢の問題なんだなと思った。

幹事の友人がいつも仕事でも人に対しても何事に対しても
自信を持っていて強気な姿勢なのがわかるような気がした。
そういうやつだから、女も誘いに応じるのだろう。

本当はここにナンパをした女の子たちと来るために、今日はこの店を予約してくれていたに違いない。
奴なりの段取りや配慮を心暖かく感じたし、男だけでくる結果になったことを悪く思った。

リベンジで、次は幹事がBに遠慮をせずにナンパをするということで、また行くことが決まった。
次回はBと幹事のためにナンパは大の苦手な俺も微力ながらアシストに勤しもうと思う。
[PR]
by masa3406 | 2013-08-25 08:40

花巻東の千葉選手の批判について思う

高校野球の甲子園大会で花巻東の2番打者 千葉選手の投手に何球も投げさせるために
投球をカットしてファールにする打法が、準決勝の試合前に審判から
『あの打法はスリーバント失敗になります。次からアウトにしますよ』と圧力をかけられて
禁止をされたとの記事を読んだ。

中高時代に部活で野球を経験している俺は、それを見て我が目を疑った。

さらにネットで彼がサイン盗みは別問題としてこの打法をことさら大げさに叩かれているのを見て、
役割や技術的な難しさを理解されることなく非難を受けることが理不尽に思えた。

その粘る打法を禁止された彼は、準決勝の延岡学園戦では粘ることができずに淡白な打撃を繰り返して、
花巻東は敗退してしまった。
まあ、準決勝の延岡学園の左腕の投球が素晴らしすぎて、たた単にそれを打てなかっただけとも言えたのだが、それは置いておいて話を進めよう。

日本高野連の高校野球特別規則には「打者が意識的にファウルにするような、いわゆる“カット打法”は、
そのときの打者の動作(バットをスイングしたか否か)により、審判員がバントと判断する場合もある」と記されている

とのルールから、千葉選手の打法は最初から投球をカットすることありきで
振り切らない打撃で、いわばバントと同等なのでルール違反なのではないかとの指摘らしいのだが、

実際に、これをバントに近い打撃をしたらポップフライになったり
落ちる変化球をカットすることは難しく三振をしやすくなるわけで、
とてもじゃないけど確実性には乏しく、バントの類ではないことは経験者ならわかるはずだ。

これをバントの応用としてカットをしようとしても至難の業で、
振り切らなくてもポイントを後ろにして、そう何回もファールにするのは立派な技術なのだ。
やろうとしても、行うは難しで詰まってファールフライになってしまったり、ポイントを後ろに遅らせたことで、
球威に負けて三振してしまう可能性も高くなる。

これを遂行できたのは、彼の抜群のボールに当てるミートセンスと抜群の選球眼があってのことだ。
現に彼はこの大会の打率は5割と高打率なのだ。
また足の速さも50m6秒0と俊足でリードオフマンとしての資質も兼ね備える。

ボールに当てるのが天才的なことで知られる、大リーグのイチロー選手が、
わざとポイントを後ろに置いて芯を外して、天然芝のグラウンドにボテボテの死んだ打球のゴロを三遊間に転がして、
足で内野安打にする場面を頻繁に見かけるけど、技術的な原理は同じことである。

千葉選手の打順の2番の、いわばリードオフマンの役割は投手に球数を投げさせる
いやらしい打者として出塁するのは基本的な仕事であって、
彼は、ただその役割を最上級に果たしたに過ぎない。

ストライクやストライク臭い球をバットを短く持って徹底的にカットをして、ボール球を見送ってファーボールで出塁するか、打ちやすい球が来たらヒットにするのが
目的であり、これは全盛期の西武の森監督の野球では、
よく見られた光景でもあり、勝つための野球では定石とも言える戦法である。
嫌らしく粘ってボール球を投げさせて出塁して、投手にプレッシャーを与えて揺さぶりをかけるのが目的だ。

仮にこのカット打法を誰でも容易に行えるなら、負けている場面で何がなんでも出塁したい場面で、
皆この打法で粘って出塁をして、ランナーをためにかかることだろう。

いち野球経験者の端くれとして、プロ野球が大好きで長きに渡り見ている者としても、
千葉選手は技術的にも非常にいい2番打者だなあと思って見ていたものが、
世間ではこんなに批判にさらされているんだから、見方とはわからないものである。
恐ろしいとも言える。

個人的には誰でもできることではない、素晴らしい技術や才能を生かして役割を全力で全うした千葉選手
この批判に負けずに、これから先の野球人生をさらに頑張ってもらうことを願ってやまない。
[PR]
by masa3406 | 2013-08-22 06:30

謎の都会に出没する若者の果物売り

去年、会社帰りに銀座の交差点を渡ろうと横断歩道で信号が変わるのを待っていると、
突然「八百屋ですけど」と声をかけられることが何度かあった。
声の主はだいたい20代前半の若者が多く、男性の時もあり女性の時もある。

その若者が、いかにも格好に不似合いな果物の入ったケース(よく八百屋で市場から仕入れてきた時に入っているケース)
を持って、これ今日、市場で仕入れたばかりなんですが、売れ残ってしまったので
安くでお売りしますよ。(だったと思う)といったセールストークで声をかけてきた。

俺は、俺の格好を見てくれ。
このスーツのいかにもサラリーマンの男が、これから乗るであろう
混んでいる帰宅ラッシュの電車に果物を持って乗りたいと思うか?
すでに片手は鞄で手が塞がっているのに、これ以上荷物を持ちたいと思うだろうか?

と売る相手に俺を選んだのことを疑問に思いながらも、いいです。とだけ返事をしていずれも断った。

帰宅時刻。銀座。サラリーマン

売りにくいよな。 仮に果物を買うとしたら、みんな近所のスーパーで買うと思うよ。普通

22時くらいだったこともあり、こんな遅い時間まで大変だなと同情した。

その時に印象的だったのは、いずれもその若者が男ならスリムなイケメンで
女性なら清潔感のあるかわいい人で、さわやかな笑顔だったことだ。

普通の仕事をしていたらソフトで感じの良い人たちで、
その人たちが果物のケースを持っている姿は、非常にミスマッチだ。

多分、容姿やスタイル。清潔感で選んでいるんだろうな。と思ったほどいずれも爽やかで容姿もよく
太っている人も見かけたことがなかった。

俺が断るといずれも、微塵も食い下がることはなくさわやかな笑顔ですぐに引き下がり、
また別の人のところに行って声をかけている。

それを見て、彼らはなんでこんなことをしているのだろうか。 大変だな。と気の毒に思った。

その後、千葉県の妙典や外回りの仕事をしていて、同じように果物のケースを持った若者を
会社の近く以外でも頻繁に見かけるようになった。
また声をかけられては面倒なので、近寄らないようにした。

最近は、俺の近所にも出没しているようで
不思議に思ってネットで調べてみたら、
これはダイナミックフルーツというマルチ商法の組織なんだそうだ。

別の求人を掲載して若者を集めて、将来の夢を実現させるという名目で蓋を開けてみたら
二束三文で組織が買い取った果物を、各地に散らばって
フルコミッションで行商をさせられるシステムのようだ。
あくどいことに、自分であらかじめ果物を買い取らせてから売りに行かせるらしく、会社にとっての
損失はなく、売り子の彼らは使い捨て。
吸い上げて儲かるのは、マルチビジネスの親ばかりだ。

子もいつまでも騙されていてはくれない。気づいてやがて去っていく。

遅い時間まで、俺みたいなサラリーマンに声をかけていたのも、買い取らされた果物を1つでも多く
売りさばこうと、なりふりを構っていられなかったからなのだろう。

1個いくらの果物を完全歩合制で外で通行人に声をかけ続けて売るなんて、
あまりにも難易度の高いミッション。さながら罰ゲームか苦行にしか思えない。

俺が見たところ20代前半の若者が多かったのも
まだ世の中の酸いも辛いも味わったことのない世間知らずで純粋な年代が、
この手のビジネスの格好のターゲットだからだ。

いずれも、権利意識の低い 大人しい人。純粋でお人好しなタイプの人間がターゲットだ。

なんで、俺がこんなことをしなきゃならないんだよ。
などと不平不満をいうような、権利意識が高いタイプの人間はこの手のものには引っかかることはない。

俺が前に友達に連れて行かれた自己啓発セミナーも、いかにもお人好しそうな
20代前半の純粋そうな人ばかりだったのが印象的だった。
会員になるには、23歳だかの年齢制限もあったほどだった。

こうした若者の無知に大人たちがつけ込んで食い物にするマルチビジネスが、
今も横行していることに憂いを覚える。

果物と純粋な若者というきれいなものを利用して、
汚いことをすることに世知辛さと物悲しさを覚えた。
[PR]
by masa3406 | 2013-08-13 10:01

都内でタヌキが増殖している

ここ数年、都内で夜に頻繁にタヌキを目撃するようになったと思う。
先日は、うちの近所の住宅街を夜歩いていたらタヌキが2匹寄り添って
歩いているのを目撃して、ついに近所にも生息するようになったのか
と驚いた。

タヌキは、体の縦の長さ 歩くときの腹の位置の低さ しっぽ 顔の鼻がとがっているところに
特徴があり、シルエットを見ただけであれは猫ではないな。
と思って凝視するとほぼほぼタヌキなのだ。

そのコミカルな外見に反して、猫に比べると獰猛で、
餌をやろうと手を伸ばせば食いつかれることもあるほど、
野生のタヌキは人馴れはしないんだそうだ。

自分がこうしてすぐに見てわかるようになったのは、以前2年間だけ東北に住んでいた時に
よく車を深夜走らせていた時にタヌキを目撃していたのもあると思う。
その時は、ピョンピョンはねる野生のうさぎ キツネなんかも見かけた。
友達は、磐越西線の車内で熊を目撃したことがあるそうで、
電車内でおもわず あっ!クマだ!とびっくりして思わず声が出てしまったと言っていた。

タヌキは都内ではあちこち夜に見かけるのだけど、1番頻繁に目撃するのが、
皇居の周辺道路を横切る姿だ。
多分、相当数のタヌキが皇居の敷地内に住んでいるに違いない。

夜、市ヶ谷駅のホームで電車を待っている時にホームの下にタヌキがひょっこり
姿を現したのには、こんなところまでいるのかとびっくりした。

ほかも市川市 習志野市 神奈川の横浜市なんかでも見かけた。

なんでも都内には1000匹は生息していると言われているそうだが、俺の見た頻度だと
絶対にそんな数ではなくもっと生息していると思うのだ。

俺が小さい時の東京では、タヌキを見かけることは皆無なので、
ここ数年で大幅に繁殖している気がする。
反対に野良猫が大分減ったきがする。
あと雀も

なかなかニュースに取り上げられることはないけど、
なぜこんなに増えているのか、どこかのテレビ局で解明して欲しいものである。
[PR]
by masa3406 | 2013-08-10 08:07

安心できる場所

故郷の街で高校時代の同級生と彼の仕事終わりの遅い時間に会った。
彼の家の下で待ち合わせて駅向こうのファミレスに行く。

彼は週休1日もない生活のようで、明日も6時起きとのことだった。
よくそんな生活ができるよなあ。
それでいて、彼は疲れきった様子でもない。
むしろ充実してそうな雰囲気すらある。
きっとその仕事が嫌いじゃないんだろう。
嫌いだったらストレスも相まって、死にそうな顔になっていることだろう。

大柄な彼とファミレスに入ると彼は開口一番生ビールを頼んだ。
自分は今日は花火大会に行き、それから実家に寄って飯を食べてきたので、
ドリンクバーだけにした。
彼は、そこから単品をいくつも頼んだ。
相変わらず、よく食べる奴だ。
彼と外食をするとやたらと頼むので、なんてことのない店でも
そこそこの金額が行ってしまう。
前に安楽亭で1万円超えたときはびっくりした。
実家に住んでいるのだけど、それにしても無駄遣いだろうよ。といつも俺はそれを見て思う。

食べる量がリアル孤独のグルメに近いよ。

彼はプロ野球チームのファンクラブに入るほどプロ野球が好きなのだけど、
今年はまだ1試合も観戦に行けていないのだという。
彼とは何回も観戦しているので今年は1回は行こうぜ。
そう約束した。

そこから近況話になり、最近あっちの方はどうよ?と彼女の話になった。
彼は高校時代は真面目だったものの、卒業してからは女好きで、女性が切れないタイプだ。
時に二股三股していたときもあるほどだ。
彼のどこにそれだけモテる秘密や武器があるのか、俺や他の同級生にも皆目わからない謎なのだけど、
女性に対して身長が高く大柄な彼は積極的で強気だ。

すると、なんと今は年齢が近い彼女のほかに20歳そこそこの子とも関係を持ち、コンスタントに
会っているのだという。
この週休日がない生活でも、やはり彼は彼だった。

彼はすかさず、もう1杯生ビールを頼んだ。

すげえバイタリティーだ。
俺が彼の生活になったら、おそらくぶっ潰れて仕事以外はなにもできないことだろう。
彼女すらほとんど会うこともなくなりかねない。
俺は仕事がキツイと家に帰って、自分の世界にこもりたくなるタイプだ。
それか親しい弱音を吐ける友人と会うだけだ。
自分のことで手一杯になるのだ。

生命体としての強さが俺とはまるで比較にならない。
そういうみなぎる強さが、また女性を虜にしてグイグイと引っ張っていくに違いない。
俺みたいな弱々しい男は、生命体として淘汰される側だ。

そんな彼だけど、付き合う女性の数は人一倍多いのに、不思議と結婚はおろか
同棲をしたという話を一度も聞いたことがなかった。
こういう女性が切れないタイプは、おおむね傾向としてさみしがり屋と相場は決まっているのだが、
これはどうした矛盾だろうか。
彼は、同じ故郷のこの街にある実家から、どんな彼女と付き合おうが離れることはなかった。

いつぞやの長く付き合った彼女は、あまりにも彼が結婚しようとしないので、業を煮やしてやがて
故郷に戻りそのまま音信不通になった。

それに懲りることもなく今の適齢期の彼女が結婚願望が強くて、それで困っているとこぼしている。
それは無理もないだろうよ。その彼女もかわいそうだ。

その子と結婚したくない理由でもあるの?と聞くと
他人と一緒に生活するとか考えられないし無理!
と俺は絶対に無理だぜ~といった表情で、いかに無理かを堰を切ったように語りだした。

ベットも別々じゃないと、自分のかたちで寝れないから嫌らしく、
いつも繊細には思えない彼が、意外なところが神経質なことに驚く。
俺は一人っ子なので、人とずっといる生活だと疲れを伴う。

例えば、仕事で疲れて帰ってきて、その上 帰宅しても人に気を遣わないとならない生活になったら、
家にもどこにも自分の身の置き所がなくなってしまう。

自分が自分らしくいられるところが、唯一の家という場所なのだ。
俺とは違う理由だろうが、人と生活をするのが嫌な気持ちはわからなくもなかった。

彼もどこか深層部分では女性に心を許せていないのではないだろうか。
だから、そこまで嫌がるのではないかと思う。

彼女が何人いようが、案外人なんて孤独なものなのだろう。
意外な共通点を見て、なんか親近感を覚えた日だった。
[PR]
by masa3406 | 2013-08-04 16:38