<   2013年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

解放

それからも、彼女からの返事が来なかったので心配しているとのメールを送って
さすがにこれ以上はしつこいし、思いのたけは伝えたのでそこで自分の日常生活を送っていたのだが、
彼女から急に会おうというメールが来て会うことになった。

喧嘩をしてからちょうど2週間半の時が経過していた。

今までこんなに長く会っていなかったことはなかったので、
最近の俺は佳境に入ったプロ野球が楽しくて、それだけの時が経過していたことに
あらためて驚いた。

人は環境や習慣が変われば、こうしてすぐにその生活に順応していくのだろう。

彼女のバイト帰りにフェミレスで会った。

会うなり俺の顔を見た彼女が、
そんなに深刻な顔をしてと屈託なく笑ったので、
そりゃそうだろ。とメールしても全然返事をくれないし心配するわ。と俺も笑った。

前も喧嘩をした時にそのようなことを言っていたけど、俺を深刻そうにさせてるのは
いつもあんたの態度なんだぜ。。。

会って早々に笑う余裕があるってことは、機嫌がようやくおさまったのと仲直りを考えてるんだなと俺は思った。
あの時の気まずい空気は微塵もなくて、普段の俺たちの空気に戻っていた。

いろいろ悪かったと謝った。
メールに伝えたいことや思いは書いておいたので、もうここでは蒸し返して言う必要はない。
相手もそれを理解してくれて今日、俺と会って話し合う気持ちになったんだろう。

なんで喧嘩したかもう忘れちゃったと彼女はとぼけて言ったけど、
メールを無視して連絡を絶つほどに怒っていたのにそれはないなと思った。
プライドが高い彼女が、何を言われて腹を立てたか内容を覚えてないなんてはずはない。

俺には、ここでそれを言った真意を測りかねた。

思っていることはメールで送ったけど、読んでくれた?と聞くと
ちゃんと読んでいて自分の正直な思いは伝わっていたようで、やっぱり送って良かったんだなと思った。

彼女は、俺と喧嘩したあとに病気をして実家にほぼ引きこもっていたらしかった。
少し痩せたんだそうで、ダイエットだと喜んでいる。

メールは無視されるし、このままもう会えないでお別れかと思ったけど、
もう二度と俺と会わないつもりだったの?と核心部分の疑問をぶつけてみたら
メールを返事をいつかしようと思っていて、もう俺と会わないとかそういう気持ちではなかったんだそうだ。

○○ じゃあ仲直りしてくれる?と聞くと うんと彼女の返事。

それから家に送ったわけだけど、また彼女のお見送りがさりげなく復活していた。

と、まあ仲直りができて一件落着。と言いたいところなんだけど、俺の中で問題が。。。

帰り道、仲直りもできてこれで何も悔いはないしもうこれで会わなくてもいいかな。
と、そんな新たな気持ちが自分の中で芽生えてきたのだ。

これで一区切りというかすっきりした境地であり、
小説なら、さながらエピローグのような幕引きの心境だ。

俺は、ただあのまま仲違いをしたまま関係を切られるのが後味が悪くて嫌だっただけで、
また付き合いたいとか、
彼女が住むこの遠い街に前のように何度も来たいとか、思えなくなってしまっていたことに
仲直りをしてみて気づいたのだ。

思い返すと 喧嘩していた時も解放されたような肩の荷が降りてホッとした気がしていたのも事実で、
喧嘩して帰る道すがら、もしかしたらこれがここを通る最後かもしれないなと
1つ深く深呼吸をしたら空気がこの上もなく美味く感じがしたものだ。

べつに彼女に連絡を絶たれた逆恨みで倍返しをしたいとかそういうわけではなく、
また喧嘩をするかもしれないこととか、気が強い彼女といることにもう俺は疲れてしまったんだと思う。

嫌いになったわけではないんだけど、この平穏な2週間半を送っているうちに
いまの生活のままでいいかなと思ったのだ。
なんせ俺は、普段から平和主義で男友達と喧嘩をすることもほとんどないような男だ。

ただ穏やかに生活できるなら、そっちのほうがいい。

前の彼女と喧嘩した時に何度も起きる些細な喧嘩にうんざりした俺が別れを切り出した時に、
こんなことで別れちゃうの?
普通付き合っていくってことはそれを乗り越えていくものじゃないの?と呆れたように言われたものだ。

乗り越える前に喧嘩をしないようにしてくれよ。乗り越える前に神経が持たないわ!と思ったものだが、

気が強い母親に恐怖して苦労してきた俺は、付き合うなら穏やかな女性と付き合いたいと切に願うのだが
今回もそれは叶わなかったようだ。

あいつにはもっとタフなサンドバッグが合っていて、俺では役不足なんだ。

これから、どういうかたちで付き合いを解消するのか今はまだ決めていない。
だけど、とりあえずは今はすべてを忘れてプロ野球CSを楽しみたいと思う。
[PR]
by masa3406 | 2013-09-30 10:14

喧嘩

今月の10日くらいに彼女と喧嘩をした。

原因は一緒に行くドライブに行くのに何時に出るかという実に些細なことがきっかけだった。
その時の彼女の相変わらずの直接的なモノの言い方に俺をカチンときて、
ちょっとその言い方はないんじゃないの?となった。

この自分の思いを正直にハッキリ言えばいいと思っているマインドは
悲しいかな繊細さがない俺の母親とそっくり同じで俺を暗澹たる気分にさせた。
家でもそういう物言いをしているらしく、デリカシーに欠ける育ちなんだろう。

それをきっかけに普段のお互いの接し方の話になり、途中から彼女が
もうわかってくれないし面倒くさいからいい。とへそを曲げて黙りこんだ。
こいつは自分の思いが伝わらなかったり理解されないと思うと、ムキになってすぐに心に蓋をして黙りこくる。

俺は感情をあらわにして怒鳴ったわけでもひどいことを言ったわけでもなく、
穏やかに思いを話しただけだ。

大人の話ができない。

そのまま重い空気の中、家まで送って別れて帰ってきた。

いつもは俺の車を見送っている彼女が、その時はじめて車を降りてそのまま憮然とした顔をして、
振り返ることもなくまっすぐに家へ向かって歩いて行ったのを今でも覚えている。

いつも降りてそのまま車を見送っているのをなんでこの人は車を見ているんだろうか?
たぶん、ルーティーンな無意識の決まりごとなんだろう。と俺は内心思っていたわけだが、
見送らないバージョンの存在に驚いたとともに
あれには彼女なりの意味があったことをその時はじめて知った。

性格がサバサバしてあっさりした奴なので、おおよそ人を別れ難くて見送ろうとか
送ってもらった感謝の気持ちをあらわすだとか、
到底、そんな人並みの殊勝なものを持ち合わせているとは思ってもいなかったので、
そんなことですら不思議に思えてしまうのだ。

ただ、今まで些細な喧嘩をしても最後は必ず見送っていたので、これはかなり怒っているぞと思った。

女性と喧嘩をしたあとはとりあえず、こちらが正しいとかどう相手が間違っているとか
正論を言っても仕方ないので、
感情的になっているのをなだめて、機嫌をまずは直してもらわないことにはどうにもならない。

とにかくまずはこちらが折れて謝るしかない。
昔の俺ならば、冗談じゃねえ。ここで謝ったら男が廃る。くらいの思いで意地を張っていたことだろう。
だが、今は自我やつまらんプライドは捨てて引っ込められるので折れることは特にどうということはない。

そこで、帰宅して落ち着いた頃にラインで謝罪の文章を送ったのだが返事がない。
前は喧嘩をした時でも、返事をくれたのでやはり相当に今回は怒っているようだ。

その翌日にもラインで呼びかけてみたけど返事はなく、女性の友達に相談をしたところ
今は放っておいたほうがいいよとアドバイスをされた。

とは言っても、プライドが高いあいつのことだ、
放置をしたらより事態を悪化させるかもしれないと思った俺は、
わりと長文の謝罪のメールを送ってみた。

臭いとは思ったけど正直にいかに悪いと思っているか
彼女を大事に思っているか今の自分の思いをしたためた。

これも今までの俺だったら、カッコつけて気恥ずかしくてやらなかったことだ。
もしそんな文章をしたためようなら、己の恥ずかしさに
身悶えしてのたうちまわってたかもしれないし、
それが友達なら大爆笑でもして、ツッコミの1つや2つでも入れていたかもしれない。

本来なら、それはおおよそ俺のキャラではないし本当は我ながらキモいことこの上ない。

自分でもそれはわかっている。

今までの俺は、女性にはシャイで自分の思いとか好きだとか感情を表現したり
口にすることはほとんどなかったわけだが、
その逆を今回はやったら、相手にどんな効果があるかをここ5ヶ月くらい自分なりに試しているのだ。

すると、不思議なことに感覚が麻痺してきて、
どれだけ好きとか相手への思いを頻繁に言えるようになり、それを文章にすることもいつの間にか平気になっていたわけだ。

そこで思うことは、女性相手には思いはどんどん正直に伝えないと損だなということだ。
男以上に女性の方が、はっきりした好きだという意思表示をされたら意識をしてしまうし
弱い気がする。

付き合っているなら、そういう言葉の積み重ねが相手の心に残っていて
喧嘩をした時に別れに直結するのを助ける緩和剤となりうると思う。

もちろん、付き合っていないターゲットなら
相手にとって自分が広い意味でストライクゾーンであること。
恋愛でもなくていいし、なんらかの好意を持っている相手への方法論の1つだ。

つまりは、今は恥ずかしいかもしれないけど、この経験が後に必ず生きるに違いないとの思いで
やっているわけでもある。
今の相手には散々、そういうことを言ってきているので、臭いメールをしようが
いまさら恥ずかしいことはなにもない。

言うなれば、旅の恥はかき捨てみたいなものだ。

また、日頃からそういうことを言えていた相手なので、
こういう時に臭い長文メールを送れるのだ。
今さら引かれる心配はないわけだから。

話は戻るが、それでも彼女の怒りはおさまらないようで返事が来なかったわけだが、
ラインも相変わらずブロックはされてないし、
完全に俺を拒絶はしていないんだなとどこかで思っていた。

今までなら、毎週2・3回は彼女と頻繁に会っていたのだけど
喧嘩をしたことによって、急にそれがなくなった。

それだけ多くの時間を過ごしてきたので若干のさみしさが無いかといえば嘘にはなるが、
今まではなかった自分の時間ができたことで、
男友達と飯を食べに行ったりシーズンも佳境になった好きなプロ野球中継を見たりと
徐々に自分の生活のペースを取り戻してきた。

この生活も楽しいし悪くないなと思った。
急に不機嫌になられたりわがままを言われることもないし気を遣うこともないし、喧嘩をすることもない。
穏やかそのものだし、独り身も悪くない。

また、彼女と会わないことでお金が貯まるではないか。
まだ別れてもないのに
もうあの遠い街まで行かなくてもいいんだなと思った俺は、どこか安堵をしていることにも気づいた。

知り合って7ヶ月くらいだろうか。
あんたはもう十分よくやったぜ。

俺は俺をそう労ってやりたくなった。

ただ、矛盾するようだが喧嘩をして切られるような別れ方は俺の中で今まで経験はなかったので、
このままお別れはしたくないなと思った。

どこか解放されたい俺と喧嘩をしたまま別れたくない俺とが心の中に同居していた。
[PR]
by masa3406 | 2013-09-30 07:48