<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

埋まることのない心の隙間

テレビで女流棋士の林葉直子が末期の肝硬変であるという現在の姿でのインタビューを見た。

かつての美貌が見る影もなく痩せ細ってガサガサの肌。
生気がない表情で、滑舌も悪く腹がぽこんと膨らんでいた。
紛れもなく俺が見た友人の末期症状と同じ姿だった。

血小板が少なくて吐血をしたり腹水が溜まって腹がパンパンだと
どこか客観的に自分の現状を見ているような、サバサバした話し方がをしているのを見て、
一昨年酒で死んだ友達でも見ているようで、様々な記憶が蘇ってきた。
腹水を抜いても抜いても、すぐにまたパンパンになってしまうのだ。

血小板が少なくなってしまっているのも友人とまったく同じ症状だった。

友人は食道に静脈瘤が幾度ともなく出来て何度も破裂して大量の血を吐いて、
何度か命を取り止めたものの
最後も破裂して血が止まらずにそれで死んでしまった。

ここに至るまでは、再三酒を止められていただろうけど
あいつと同じで酒をやめないでやめないでこうなったのだろう。
引き返せるチャンスはいくらでもあったのに
周囲の止める言葉にも耳を貸さずに引き返さなかった、あいつと同じ破滅型タイプの人間なのだと思う。
わかっちゃいるけど止められないアルコール依存だ。

あいつの場合は、酒が本当に好きだったのもあるけど、この人の場合は酒が好きで飲んでいたのだろうか。

この人も、破天荒で生き急ぐような人で有名だったようだけど、
あいつもそうだけど酒に依存をする人は、どこか人生を達観しているような
諦観でもあるようで共通しているところがある気がする。
そんなあいつでも、最後の入院では相当に苦しんで亡くなった。

この人はその美貌が故に悪い大人の欲望に弄ばれてしまったり、
父親に稼いだ金を使い込まれて借金まで背負わされて人生を狂わされてしまったようだが、
その後も愛してくれる男性に出会えずに寂しくて愛情に飢えていたのだろうか。

人は心の重要なものを喪失するとなにかに依存して埋めあわせをしようとするものだ。

たとえば俺は、恥ずかしながら幼年期に甘えられなかった母からの愛だ
だから、付き合う女性と2人でいるときにやたらと手をつないだり
抱きしめたりベタベタしてしまうところがある。

自分でも理由はわかっている
幼年期に愛情を受けられずに甘えさせてもらえなかった喪失感から来ているものだ。
暖かい温もりに飢えていて、本能的に甘えさせて欲しいのだろう。

誤解して欲しくないのは、決して赤ちゃん言葉を使ったりゴロニャンと甘えるわけではない。

でも、いくらそんなことをしても得られなかったものはあとから得られるものではないし、
幼年期の穴埋めがいまさらできるわけでもない。

なにに依存をしようがそれは代替行為でしかなく、喪失した隙間は埋まることはないのだ。

酒への依存もそんなものがあるんじゃないかと思う。
飲んでも飲んでも隙間は満たされることはないし、いくら飲んでも飲み足りないのだろう。
必ず冷めるし悩みの根本は忘れられないのだから。

あいつとは親友だったけど、なにが原因で酒に依存させているのかまではわからなかった。
そうしないとならない、心の闇についてはついにわからず触れず終いだった。
嫁さんもいるし友達も多いし、人望も熱いし愛人なんかもいたし
仕事にも遊びにも
エネルギッシュで外交的だし人生を楽しんでいるように見えた。
マイホームもあるし少なくも表面上は幸せそうに見えた。

強いてあげるなら、プライドが高くて見えっ張りなところが有り 理想は社会的にこうありたいとする自分と
現状の自分とのイメージの乖離もあった気がする。

俺も10代や20代の時は理想を追って苦しんでいたけど、いつしかそれを捨ててから
力が抜けて楽にはなった気がする。

この人もあいつも死を覚悟しているところを見ても自傷行為と同じなのだろうか。
あいつは結局、死の淵まで酒をやめられなかったし、林葉氏も今も酒を絶ててるか怪しいものだ。

本人も言っているようだけど多分、あいつと同じでこの人はもう何年も生きられないと思う。
あいつには立派な体格と筋肉に体力があったから余命は伸びたのだけど、
この人は華奢だしもっと持たないのではないだろうか。

人でも犬でも死ぬ前の最後は何も食べられなくなるので、多少でも身体の脂肪が多い人は
その貯蓄で生きながらえるのだ。

彼女を見ていると友人の辿った過酷で急な下り坂が予見できて、朝からなんとも言えない気持ちになった。
[PR]
by masa3406 | 2014-02-24 11:26

ブラック企業

深夜の友人の運転で車を走行していたら、タイヤの聞き慣れない音が
もしやと思って友人が停めて見たら、タイヤが完全に空気が抜けてパンクをしているではないか。

スペアに交換だけならできるけど、某有名ロードサービスならタイヤの応急修理もしてくれる
サービスもあるので、電話をして車を安全な場所に移動して来てもらうことにする。

この時間は立て込んでいるので、40分くらいかかると言われて車内で待つことに。
こんな深夜でも混んでいるとは。

実際は30分弱ほどで来てくれて、すぐにタイヤを見てもらう。
寒い外で作業をしてくれている最中、中で待つのは申し訳ないので外で待つことに。

最初にまずパンクしたタイヤに空気を入れてくれたんだけど、空気が抜ける音がして
これはタイヤ自体に釘穴どころではない穴が空いてそうだ。

そこでタイヤを外してもらって見てもらう。
タイヤ自体の劣化で、これは修理のしようがないとのことでスペアに交換することになった。

自分も何度か利用した事が有り、
作業中に、この夜中なのに大変な仕事だな。
この仕事はいったいどのような勤労形態なんだろうと思って、さりげなく世間話を振ってみることにした。

まずは深夜なのにお忙しくて大変でしょう。
タイヤのパンク程度ですみませんね。

と、軽いところから入ると
こんな程度では、普通で全然問題はなく、この前の2回の大雪で車がスリップして動けないと呼ばれて、
大しそがしフル稼働で大変だったんだそうだ

ロードサービスは、あくまでも車の故障や付随するパーツの故障で呼ぶものであって、
雪なら自分で雪をかくなりして自走するのが普通じゃないの?と思った自分は、
少々驚く。

都内で雪にハマって抜け出せなくなったことはあるけど、1時間以上かけて自分でなんとか雪をかいて脱出したし、それくらいのことでロードサービスを呼ぶ選択肢は微塵も頭には浮かばなかったからだ。

半ば便利屋のように呼ぶお客も多くて、そんなことでも稼動しないとならないので、
やれやれと思うことも日常的らしい。

そこから勤務形態の話になって、これには驚いたんだけどデフォルトの勤務が、
夕方の6時から朝8時までの14時間労働だというではないか。
忙しい時はその合間に休憩が取れなくて飯すら食えないこともあるらしい。
キツイ仕事だ。

残業をしてそうなったのではなく、最初から14時間労働が前提で
あきらかに労働基準法違反だと思うのだけど、日にちをまたいでいるのでそれにもかからないらしくて、
いわゆるグレーゾーンの雇用形態で、話を聞くだけでも理不尽な話だ。
夕方から朝8時まで。おまけに雨天に関係なしの外で毎回違う作業とは、体力的なキツさは想像に難くない。

それならタクシー運転手のように夜勤明けが休みかと思えば、5日に1日しか休みがないという。
労働時間の割に休日自体も少ないのだ。

誰しもが知っている、ロードサービスの会社の実態がそんな理不尽な会社だったことに驚きを隠せない。
安定している会社だ。
それなら給料だけはいいに違いない。と思いきや安いんだそうで、聞いているだけで気の毒になった。

彼の言ったとても定年までは勤められませんよ。の言葉が重さを伴って聞こえてくる。

これもある種の現代版の奴隷だよなあ。
好景気だ、賃金上昇がニュースでは流されているけど、まだまだブラックな環境が多くてこんなものなのだ。
どうせ、上役の天下りの職員が高い報酬を得ていて、現場は激務薄給の労働者に還元しない構図なのだろう。
それなら年会費を上げてでも還元してあげるべきなんじゃないだろうか。

友人と真冬の寒い中で粛々と作業をしてくれた彼になにか申し訳ない気持ちになってしまった。
[PR]
by masa3406 | 2014-02-24 00:07

引越し

先週の大雪が降った翌日の土曜日、朝はシャワーを浴びたわけだけど
そのまま疲れて爆睡をして、夕方目覚めて再びシャワーでも浴びようと思ったのだが、
ひねってもいつまで経っても出てくるのは真冬の冷たい水ばかり。
からっきしお湯が出てこないではないか。

何度チャレンジしても同じで、東京ガスに連絡をして来てもらうことに。
来てくれて給湯器を見てもらって何度かひねるも結果は同じ。

どうも、給湯器そのものが壊れているんじゃないかということで、あとでまた検査に来ますとのこと。
壊れたことを家主には伝えてくれたようだ。

この2月の極寒の中でお湯が出ないの?

シャワーをこれから毎日浴びれないの?
真夏ならまだ水でシャワーを浴びれなくはないけど、この時期は手を洗うだけでも
冷たさが骨身にしみる。
なにもこんな真冬の時期に壊れなくても。

それで久しぶりに銭湯に行ったわけだが、普段は入らない熱々の湯船に浸かれるのは
それはとても心地よく、体の芯まで温まり疲れが取れるようで極楽なのだが、1つ困ったことに
1回450円と決して安くはないのだ。
これが毎日だと外食費に加えて結構な出費だ。

ちょっとした吉野家とかのメシ代相当の金額だ。
俺は朝と夜と1日2回浴びるのが日課だっただけに、朝はあきらめないとならない。

この生活がいつまで続くんだろう。
たかが、お湯が出ないだけでこんなに生活が一変して不自由に感じるとは。
不自由なんてもんじゃない。

一気に気持ちがブルーになった。
わびしい気分と言ったらいいだろうか。

再び月曜日に東京ガスの人が来てくれて、なにがしかの検査をしてくれのだけど、
給湯器の内部のどこかが壊れていて、やはりお湯にならないということ。
センサーかなんかの一時的な不調であわよくば出るのではという一縷の望みも絶たれた。

給湯器自体が10数年までの古いタイプで、そのものを交換しないとならないんだそうだ。
費用も10数万するらしく、急な出費に家主も大変だなと思う。

東京ガスは今は故障の修理の日程が立て込んでいて、対応できるのは半月後になると
悠長なことを言われる。
冬は給湯器が壊れる時期なんだそうだ。
原因は今回のドカ雪の可能性が高いらしい。

当然、そんなには待てないので家主が別の業者を当たってくれると言って、
また数日待つことに。

はあ いつまでこのシャワーの浴びれない生活が続くんだろう。

ネットで検索をするとガスの修理業者は無数にあって、24時間出張見積もしてくれるところも多々ある。
こんなのどこかに電話をしたらすぐに対応してくれる業者くらいあるだろうにと思う。

そして、翌々日に家主から連絡があり、色々当たってようやく3月の6日に交換に来てくれる業者が見つかったとのこと。

3月の6日だって!
まだあと2週間以上も先じゃないか。

この真冬にそれまでずっと風呂なしお湯なし生活かよ。
人の気も知らないで簡単にシレっと言うよなあ。と絶望的な気持ちになった。

俺がネットで検索して、片っ端から電話をしたほうが確実に早く対応してくれる業者くらい
見るけられると思うのがまた歯がゆい。

思い返せば、引っ越そう引っ越そうと思いながらも
夏は暑く冬は寒いおまけに湿度も高いこんな鉄筋じゃない狭くボロい家に
だらだらと7年も住んでいた俺も悪い。
5・5万とそこまで安いとは言えないんだけど駅からそう遠くないからなのか、ここはしょぼい。
エアコンも古いタイプなので効きが悪いし、真夏にはデカイゴキブリが毎年発生する。

夏のある日に至っては、床をダンゴムシが歩いていたり、蟻が俺の食べ残したお菓子に
列をなしていたときは、ついに外と同化したかとびっくり仰天し、時間差で
とても惨めな気持ちになったことを覚えている。

俺がこれまでに住んだ家の中では、俺の中ではダントツにボロい。
1階ってのは住んじゃいけないんだなということを今回初めて知った。


引越し当初は、当時就いていた職が終わる時間も遅くて土日も仕事のことが多い仕事だったので、
どうせ寝に帰るだけならどんな家でも同じだろうと
安ければいいやと多少のグレードも下げてここにしたのだが、
住んでいる家がしょぼいと心までわびしい気分になることをここに住んで知った。

友達が都内で友達を呼べるような家の家賃の相場はだいたい6・5万円くらいと
相談したら言っていたけど、それはどこかわかる。
言われたとおりこの家には人は呼べないので、呼んだことはない。

前に住んでいた、俺の家の上の階のOLさんは生活音から男と同棲をしていたようだったけど
この狭い部屋でよく生活できたもんだと思う。

これも何かのきっかけかもしれないな。
というわけで、俺は3月か4月に引っ越すことに決めた。
もうわびしい気分はごめんだ。

その前に3月6日が遠すぎる。
早く直してくれ
[PR]
by masa3406 | 2014-02-21 22:13

採点競技への疑問

ソチ冬期五輪の女子モーグルの決勝を見ていたわけだが、
決勝進出をした上村愛子選手が、タイムでも決勝進出者の中でも最速でミスもなく
これ以上にない最高の滑りをした。
滑り終えた本人も会心のガッツポーズをしていて、これはメダル確定だろう!あるいは金メダルか
と思ったのだが、なぜなのかさほど採点も高くなく
その後に滑った選手に次々に採点を上回られてしまい、あと1人残ったアメリカのカーニー選手が
上村の採点を下回れば銅メダル確定という場面になった。

そして最後に滑ったカーニー選手は、2つもミスをしてタイムも上村選手を下回り
素人目にも出来が良くない滑りだっただけに
これは上村選手の銅メダル確定だな。と誰もが思って見ていたと思うのだが、
どうしたことか採点は上村選手を上回りメダルを手にすることができなかった。

これはいったいどうしたことだ?という思いで憤りすら覚える。

モーグルという競技の採点基準はよくはわからないだが、早朝から釈然としない非常に理不尽なものを感じた。
視覚的な判断でもおかしいのだが、
採点の内訳を見てみても、ターンをカーニー選手がミスをしていたのに
なぜかターンの部分を切り取ってみても上村選手を上回っていて、
まったくもっていて不可解な採点結果となった。

採点基準が皆目わからない。

上村選手は34歳。試合後のインタビューでもこれが最後の五輪とコメントをしていたし、
有終の美を盗まれた気がして気の毒きわまりない。
目に涙を浮かべながら、最高の滑りができたとコメントをする上村選手が不憫に見えた。

欧米社会では、黄色人種は往々にして軽く扱われることが少なくなく、こういうところでも
白人至上主義なのかなあと穿った思いがもたげてくる。
アメリカなんかでは、黄色人種は黒人やヒスパニック以下の扱いで、
明らかに一等も二等も格下に見られている。

採点競技は、極論するとジャッジのさじ加減一つだ。

キックボクシングでも試合の主催者団体の連盟の所属のジムの選手が、
判定になったときに有利な採点をされやすかったり、
特定のジムが贔屓判定を享受するケースは往々にしてあるものだ。

今回のケースは、それに近いものを俺は感じた。

これは同じく採点競技であるフィギュアスケートも先を思いやられそうだな。
と開幕早々にしてソチ五輪を見る気がそがれてしまった。
[PR]
by masa3406 | 2014-02-09 05:31

真実

PCが壊れてしまい久々にブログ復帰です。
前の続きはそのうちに書きたい思います。

気がつけば、2013年も越え、早くも2014年の1ヶ月目が終了した。

簡単に振り返るなら、去年の俺は謎の胃痛に始まり
そのほかも色々と良くないことに見舞われ、ろくな年ではなかった。
いや、ろくな年でもないなかでさらにろくでもない年と言ったほうが適切だろうか。

そこで、大晦日が明けてすぐにジムの高校生と一緒に神社に真面目に願掛けの初詣をしたのだが、
俺は生まれて初めて金運を祈った。
今までは、俺は人生のテーマは金よりも自由な生き方とか、
いわば理想を求めてきたけど現実路線になったのだろう。

昨日、以前の会社でお世話になった熱い性格の先輩と久々に地元の街で飲んだ。
気苦労があるのか、以前よりも白髪が増えたような気がした。
駅の近くの小さな居酒屋で乾杯した。
彼の近況話を聞くときの語り口調も仕事に対する思いも、前と同じでエネルギッシュで変わっていない。

今は紹介で入った会社で営業をしていて、ほとんど部署を1人で担って頑張ってきたのだそうだけど
社長と折り合いがつかずにそれで2月にやめるとのことだった。

中小の会社の社長はトップダウン方式でワンマン経営が多く、
一般的に自分が絶対的に正しいと思っているような人の意見を聞きたがらないタイプが多い。
彼曰く、人に命令されたくない人間が中小の社長を志すんだそうだ。

彼は、自分の今までのキャリアや仕事のやり方に絶対的な自信を持っている人間。
信念を貫くことややり方に徹底的なこだわりを持っているタイプの巻かれないタイプだ。

同時に頑固でもあるので、折り合いがつかなくなった時にぶつかるのは必然的でもある。
その前の会社も最後は社長と大喧嘩をして辞めていた。

彼はよく絶対に真実は1つだから。と俺に言う。
真実は真実で普遍的だから、それに基づいて何が正しいか、あるいは誰が間違っているか判断できるという考え方だ。

それがわかる自分の考えは正しいよと言っているのと同じことでもある。

それ自体は、本当に真実を間違いなく見つけ出せているなら論理としては間違ってはいないとは思う。
でも、とても不器用で妥協ができずに流せないことも意味している。

次も誘われている会社に行くと言うのだが、聞くとワンマン会社の体質のようで、
この人はまた喧嘩をして辞めてしまうんじゃないかなと聞いていて心配になった。

物事や人の機微によく気づいて聡明な彼は、その会社でも入社をしたらすぐに真実を見つけると思う。

そして、それに基づいて判断をしたら納得がいかずに理不尽に思えることが、
次々に炙り出されてくることだろう。
でも、相手も自分が正しいと思っているがゆえに正しく導くことなど至難の業である。

自分でも常日頃いうほど短気な彼が、そこで折れることで忍耐をしておさまっていくようには、
とても思えなかった。

多分、一般的な労働者やサラリーマンは真実にあまり目を向けなかったり、そこにこだわらずに見ないようにして折り合いをつけていくのだと思う。
そうすることで、きっと家庭や生活を守っているのだと思う。
そうしないと、いつまで経っても職を転々としないとならなくなる。

でも、彼も俺も守るものもないので、かーっときて短気にやめてしまう。
守るものは自分の信念とか生き方やプライドで、つまりは自分のことを第一に考えていてわがままなのだ。

彼は事務の女性に自由人と言われて、なんでそんなことを言われたんだろうというエピソードを語っていたのだけど、
彼は、俺も人のことは言えずにそうだけど真実にこだわるそこも自由人気質がゆえなのだ。

会社経営とは利害追求をする組織である以上は、正しく清廉である真実のみが存在する会社にはそうそう行き当たるものではない。
いい真実がある、そういう労働環境の良い会社は人の出入りはほとんどないと思う。

でも、この人の良いところはお客さんの事をすごく考えていて、
口八丁で仕事を取ろうと嘘をついたり決して強引な真似をしないところだ。
とてもフェアにクリーンな仕事をする。
その部分は俺も同じで、彼もよく俺に言ってくれるんだけどそこを共有できているんだと思う。

一本気でまっすぐで男っぽいタイプで、飾り気もなくて
人に嘘をついたり使えるか使えないかで人を値踏みをして
態度を変えるようなこともなければ、腹に持っていて俺にも本音と違うことを言うタイプではないので、
俺も安心して付き合える。

狭い居酒屋で、となりのいくつかのテーブルではガテン系の人たちであろう。
会社の飲み会をしていて、酒が進むにつれて騒がしくなり時に男同士でじゃれあったりしていた。

俺は、短気な先輩がいつイライラして怒り出しやしないかをヒヤヒヤしながらの飲みになった。

この会っていなかったあいだに俺が丸くなっていたのか、彼のテンションや語る話の内容が
あまりにも熱くて攻撃的に見えて会話をしていてちょっぴり疲れたのも事実だ。

長年付き合っていた彼女と復縁を今でもできていないので、ずっと戦いづくめの毎日で
彼をより攻撃的にさせているのかもしれないなと思った。
この彼女と別れるきっかけになったのも、彼が妥協ができずにとあることで折れなかったことだった。
いつでも、彼は頑固だった。

俺と毎日のように飲んでいた時は、最愛の彼女がいつもいたので、それが攻撃的な気質の彼の心のオアシスであり、精神緩和剤になっていたのだと思う。

彼女の話をするときの先輩は、とてもやさしい顔をしていたものだ。
良くも悪くも、女性の存在は男を変えるものだ。

そんな先輩の今年の目標は彼女を作ることなんだそうで、
一緒の会社だったときのように今でも会社帰りによく酒を飲むんだそうだけど
きっと戦いだけの日々はさみしいんだと思う。

帰りに別れる時にがっちりと熱い握手をされた。
たぶん、俺たちはこれからもずっと変われないと思う。

生き方に不器用で同じ気質を持つ
無骨で朴訥としたこの先輩とはずっと付き合っていきたいなと思う。
[PR]
by masa3406 | 2014-02-02 10:46