手術日

父親の話によると母親の入院が来週からに決まったようだ。
と伝聞なのは、正月休みに実家で母親を見てから全く病気のことはおろか
会っても話してもいなかったからだ。
俺から直接聞くには、俺と母親との距離はあまりにも遠く、
変な話だが、身内ではなく知り合いみたいなもんだ。

早期発見だったのだそうで全摘出にはならないようだ。
全摘出になると、糖尿病患者のように定期的にインスリン注射を打たなければ
ならない体になるところだったので、それだけでも不幸中の幸いであろう。
再発率が非常に高い癌ではあるので、それで安心とはいかないだろうが。

親父と話し合い、入院翌日に手術だということなので、
体力が回復して落ち着いて退院が近い時期に、
俺は1回だけ顔を出すことになった。
俺と母親との不仲を知っているので、それに対していまさら咎めだてをするわけでもなく、
すんなりと決まった。

2人きりだと気まずいから、親父がお見舞いに行く日にしてくれと言ったら
快諾をしてくれた。
さすがに手ぶらで行くわけにはいかないので、
以前バイトをしていた花屋で、花束でも見繕ってもらおうと考えている。
by masa3406 | 2011-02-13 05:06


<< 生きる道 旧友 >>