消滅

ニュースで刻々と、東北地方の地震被害状況の映像が流れているが、
目立って被害が甚大なのは津波による被害だ。

俺は、以前にもレスをしたが東北に2年間だけ住んでいたことがあって、
中には知らなくはない土地が複数含まれていただけに
そのことは、なおさら衝撃的な出来事でもあった。

かつて、この目で見て実際に降り立ち、リアルに歩いた場所や街が、
戦争後の焼け野原か、何もなかったかのように
ほとんど面影もなくもなく姿を変えていたからだ。
遺構しかない場所もあり、さながら遺跡のようでもある。
これがどうして信じられようか?

親友とフカヒレを食べに行った、山を下った所にある
牧歌的なフカヒレの日本一の漁港である港町の気仙沼市

当時付き合いがあった奴が住んでいる、ドライブでは何度も何度も通った
運河に橋がかかる中規模都市の石巻市

海が見える景勝道路のコバルトラインの起点の女川
また、牡鹿半島南端の金華山行きのフェリーの出る
クジラやウニ ホタテの美味い鮎川。

帰りに石巻から松島に向かう途中の町の当り前の景色。
当時、友達とさんざんドライブをした思い出の景色や町が、
根こそぎ津波にさらわれてほぼ消滅してしまったようだ。

俺が友達とフカヒレの姿煮を食べた、気仙沼の漁港の中華レストランが入った建物が
まさに濁流に飲み込まれていく様子もテレビで流れていたし、
町が阿鼻叫喚の焼け野原の死体の山になった写真も目にした。

去年、岩手を3人で旅行した時に帰りに食べる店を探した
新日鉄があることで有名な、昭和のレトロ感のある雰囲気の釜石の町が
津波に呑みこまれていく動画も見たし、
何度か乗った仙石線の線路や沿線の町も流れてしまったし、
大船渡の町も・・・。

実際にあったものが、この世から消滅してしまったのだ。
とても現実ではない世界の事のようでもあり、何もかもが信じがたい事である。

今はただ被災地の皆さんのご冥福と無事と
一日も早い復旧を願うばかりだ。
by masa3406 | 2011-03-13 04:37


<< 気楽に 災害時に大切なこと >>