少年期

ジムの高校生と帰りに飯を食べに行った。
時間は16時と早かったので、軽く飯を食って帰るつもりだったのだが、
今日は彼は俺に色々と話を聞いて欲しいことがあり、
また家に早く帰りたくないのだそうで、
それならと長居ができる店ということでチェーンの居酒屋に行った。
何を隠そう、俺が生ビールを引っかけてつまみで一杯をやりたかったのもあるのだが。

俺は、高校時代は時々友達と飲みに行っていたものだが、
彼は普段はカラオケに行くくらいで、いまどきの高校生にしては
格闘技1本で遊ばない子のようだ。
こちらも、ソフトドリンクしか飲ませないが。

彼は、ちょうど今が父親への反抗期らしく親との関係がしっくりきていない話や両親の話。
高校のクラスの交友関係の話。クラスの不良で合わない人間がいる話とか、
日常生活の話題や悩みを堰を切ったように話し始めた。
家に早く帰りたくない理由は、親との関係にあるのだという。
彼は一人っ子であり、少年から青年になりかける第一歩のこの時期に
自我が芽生えてきたのであろう。

俺も、中高で彼どころではなく親と不仲だった時期があるのだが、
確か塾の先生や家庭教師の先生にその話や学校の話をしていたことを思い出した。
今となっては、不思議なのだが少年期は誰しも身近な大人に
自己開示をして自分の話を聞いてもらいたいと思うようだ。
それはストレスも多い思春期のガス抜きの1つにはなっていた気がする。

彼にとっては、その身近な大人が俺なのであろう。
最近は日常でストレスが溜まっていて
今日、こうして俺と話すことがいい気分転換やリラックスできるのだと
あらためて言われ、俺がそれほどのものかなとやや照れる。

基本的に俺は、少年達の言うことを否定をせずに
1人の大人の意見として認めてあげて聞くので、
その押し付けがましくもないスタンスがいいようだ。

最初は、クラスに馴染めない悩みを話していたのだけど、
入学して2ヶ月ほどが経ち,
だんだん話し相手や友達ができて来たのだそうだ。
その話をしている時の彼の表情は、楽しそうだ。
楽しい高校生活になって、生涯の友達を得て欲しいものだと思っていたので
安心する。

それからは、格闘技談義や今の彼の取り組んでいる技術や練習の話になったのだが、
俺にとってもとても有意義で心地良い時間だった。
彼の表情もとても素直で生き生きとしていた。

最近、自殺をしてしまう中高生のニュースを時々見て悲しい気持ちになるが、
身近な大人が悩みや話を聞いてあげていれば、少しは自己肯定感も芽生えるし
多少は救いになったり変わるのではないかと思う。
月並みな意見かもしれないけど、身近な大人が
悩める子供達に手を差し伸べてあげるような社会になって欲しいと思う。
by masa3406 | 2011-05-30 00:48


<< 自殺未遂 親友との約束 >>