人気ブログランキング |

自殺未遂

店の子に慌てた様子で、とある区の公園まで連れて行ってくれと頼まれた。
理由を聞くと、友人の女子が今 公園で自殺未遂をして失敗をして電話がかかってきたとかで、
そこに今から駆けつけるのだと言う。
それは、えらいことだとナビで調べてそこに車を走らせる。
俺も、これまで生きてきて自殺をしようとしている人間の元に駆けつける経験は初めてのことだ。
その子が、妙に落ち着き払っているので、不思議なことにあまり緊急時の逼迫した感じがしない。

理由は、ホストだかの男にフラれたかららしかった。
そんな理由で・・・・。若いのに何もそんなことで死ななくてもねえ。と俺が言うと、
その子も呆れた様子で同意をする。
その子のように巻き込まれる周りの人は、人騒がせで大変だな。と客観的に思う自分がいた。

怪我でもしているようなら、そのまま病院に連れていかないとならない。

車で、その地区に行くと暗い中に似たような公園や緑地がいくつもあり、
なかなか見当たらない。
店の子が、電話で話して場所を聞いている。
その冷静なやり取りができるのだから、多分もう落ち着いているのだろう。
自殺をする事は完全にやめたようだ。

付近のいくつかの公園を探していると
ちょっとくぼ地に公園があり、暗闇の中にブランコにうなだれて
ポツンと座るちょっと太めな体型な人のシルエットが見える。
多分、あれじゃない?と俺が言うと、

多分、○○だと、その子は勢い良くそこに駆け下りて行った。
俺は、近しい人間でもないし恐れ多いのでそのまま上から様子を見ていた。
それからしばらく、ブランコに座ったままの状態の人に、何事か話をしている。

俺が、事前にもし俺の助けは要らないようだったら
OKの合図をしてと言っていた合図をよこしたので、
もう大丈夫なんだな。と俺はそこで車に戻り帰った。

後で、聞いた話によるとブランコを巻きつけて(ブランコを1回転させて上のバーに巻きつけるあれです)
そこに首を掛けて吊ったら体型が太いので落下して未遂に終わったのだそうで、
そのまま公園で数時間話をしていたそうだ。

しかし、女の子が1人でよくブランコを巻きつけられた物だし、
よく、そのような方法を考えつくものだと俺は変な所で感心をしてしまった。

しかし、未遂に終わっていなければ黙って死んでいたわけで、
この前の芸能人の上原美優のように自殺者は、突発的に
他人から見たら、死ななくてもと思うような事で死んでしまうもので、
それを事前に食い止めることは難しいのだと感じた事件だった。
by masa3406 | 2011-06-05 00:28


<< AKB総選挙とAKB48 少年期 >>