人気ブログランキング |

深夜のささやかな楽しみ

最近、夜のバイトの帰りにカーナビのテレビで、TBSのアニメのBLOOD-C(ブラッドシー)と
テレビ東京のドラマのモテキの再放送を見るのにハマっている。
1日の仕事を終えて、家に帰るまでのささやかな楽しみだ。

BLOOD-Cは、たまたまつけていたチャンネルで途中から見たので、
正直、内容や登場人物の設定をよくわかって見てはいない。
主人公は巫女である女子高生のいかにも萌えアニメ然としためがねの女の子なのだが、
それとはあまりにも対照的に古きものと言われている、化け物が人をあっけなく殺戮していく残虐なシーンが何となく焼きついて、
強烈な印象となり引き込まれそこから毎週見るようになった。
登場人物から想像するような、ほのぼした萌えの学園アニメのようで中身はまったく違うのだ。
まあ、そういうアニメなら俺は得意ではないので琴線に触れずに見ていないのだろうが。

このアニメでは、同級生やら一般市民が本当にあっけなく残虐に殺されていく。
俺は、アニメには詳しくないのだがこんなアニメは珍しいのではないだろうか。

また、その特殊な能力を持った女子高生が、古きものを倒したときに物凄い量の血しぶきが飛び、
大量の血溜りができる画も俺には衝撃的だった。
倒した後の主人公の女子は大量の返り血を浴びていつも血まみれで、
なんとも言えない虚無感が漂っている。

不思議なことにこの主人公はスロースターターなのか一般市民や同級生が
その化け物に襲われていてもすぐに助けないで、いつも数人見殺しにしてしまうのも
おいおい見てないでとっとと助けろよ。と心の中で突っ込みを入れてしまうほどに歯がゆく
なんとも不思議なアニメである。

俺は、深夜こうやってたまたま見たアニメしか見る機会がないけど、
このアニメの主人公といい、見ないほかの最近の深夜放送しているアニメはこのように萌え系の
女子高生が主人公のアニメが多い気がする。
俺は、このアニメには古きものをぶっ倒す
勧善懲悪を求めているだけなので、この主人公が屈強な男でも
イケ面の男でもどうでもいいわけだが、
アニメを見る層にはそういうニーズなのだろうか。

モテキの方は、以前友達が面白いと勧めてくれていたのだが見ていなくて、
これがあいつが言っていたドラマかと見るようになった。
モテない30過ぎの派遣社員の主人公が、女3人から好かれる(厳密に言うと2人)
ストーリーなのだが、
主人公の、草食系の男が面倒くさがりですぐに自分の殻にこもる駄目人間な所とか、
いくつか自分の欠点の要素が似ているので見ていて面白い。
恋愛関係で、すぐに投げてしまうあたりとかそっくりである。

最終的には、主人公とは住む世界が違い、
一番話や相性が合わない遊び人で派手でかわいい子をビジュアルに惚れて、
引きずってしまい追って失敗をしてしまうという選択ミスをしてしまうシナリオは、
製作者は何を言いたかったのか、アホな俺にはよくわからないが。

無理目な女を容姿で追っかけてしまうという、
単なる典型的なモテない男の王道パターンである。
最後に罪悪感を感じた女の子にお情けで抱かせてもらっていたのもモテない男の悲しい結末だ。

友達らを見ていても、たとえモテなかろうが恋愛経験に乏しかろうが、
そこで選択を誤らないで自分に合った女を選択している奴ほど
長続きをする付き合いや、幸せな結婚に結びついている気がする。

人は、自分の属性には逆らえないのである。

いくら背伸びをしようが、話を頑張って合わせようが、
最終的に似たもの同士が寄り合うもので、毛色の違う人間とは上手くいかないものなのだ。
経験から俺は無理に頑張らないことにしている。

そんなわけで、来週も楽しみだ。
ネットで検索をすると動画はあるので、興味がある人は見てみるといいかもしれない。
by masa3406 | 2011-09-03 05:11


<< ドッペルゲンガー 韓国推しブームの本丸 >>