人気ブログランキング |

東京ゲートブリッジ

今日は休日だったので、友人に誘われて2月12日に開通した
東京ゲートブリッジを見に行ってきた。

小雪降る寒い午後に千葉県に住む友人の家を出て、
湾岸道路を東京方面に向かい、
新木場で海側に左折して倉庫街の4車線はあろうだだっ広い道を直進する。

以前は、有楽町線の車庫 白バイの基地 東京ヘリポートを過ぎて小さい橋を渡ると
その先は若洲公園とゴルフ場があるだけで突きあたりで終点だった。
今回の東京ゲートブリッジは、その先に橋を通してこの孤立した埠頭をつなげたのだ。

先に続く道がなかったので、付近の倉庫に向かう限られた交通量しかなかったのだが、
今日はトラックが沢山いて以前とは違って信号が増えていることに気づく。

このだだっ広い道は路上駐車も暗黙の了解で、付近の倉庫や会社に通勤する人の車の
路上駐車でほぼ無法地帯だったものだが、今日は緑色の駐車監視員がいるのを
目撃した。
こんなところまでやるのかよ!?と友達と一緒に驚嘆の声をあげた。
俺も緑野郎には何度か憂き目に遭わされているので怒っていたが、友人も同様なようで怒っている。
橋が開通したことによる弊害が、こんな形で表れているようだ。

以前からある小さい若洲橋を渡ると、左手に縦長のゴルフ場と若洲海浜公園が見えてくる。
風力発電所もあり大きなプロペラが回っていて、ここが東京都は思えない景色だ。
若洲海浜公園は、釣りやバーべキューができる施設があることで知られる公園で、
俺も以前何回かBBQで来たことがあった。

都民の一般的な若洲のイメージはこの青い海に隣接した公園なんだろうが、
実はここはあの女子高生のコンクリート事件の遺体が遺棄されていたいわくつきの場所でもある。
当時は、今以上に何もない荒涼とした埋立地だったのだろうが、
そこに目をつけた犯人たちが、女子高生の遺体が入ったドラム缶を捨てたのだ。
現在は、道路ができアスファルトで固められてゴルフ場や施設が出来て当時の面影はないようだ。

そのゴルフ場を左手に見ながら直進していると、目の前に大きな橋が見えてきた。
これが城南島に渡る全長2,618mの橋東京ゲートブリッジのようだ。
左にいくつも大型貨物船が見える大きな海を見ながら橋を登っていくと、
かなり高いことに気づく。
高さは最大で87,7mとあるのでかなりの高さだ。

車線こそ2車線しかないが、ちょうど高さの感覚的には横浜ベイブリッジに似ている。
左は海が見えるだけで、ほとんど何もないのでお台場のビル群が見える右のほうが、
おそらく夜景がきれいなんだろうなと友達と話す。
デートでここに来るなら夜の上り車線がおススメだと思う。
高いし海が見渡せて壮大なんだろうけど、曇っているせいか2人ともさほど大きな感動はない。

橋の両脇は歩道になっているのだが、徒歩で橋を見に来た人が沢山歩いている。
多分、若洲までバスで来てそこから歩いて橋を渡りに来たのだろう。
この寒いのにこんな不便な所によく来る気になったものだと感心する。

俺は、先週仕事の客先がちょうど東京スカイツリーの間近だったのだが、
そこで写真を撮りに来ている人が沢山いた光景がフラッシュバックしてきた。
しっかり俺も観光気分で携帯カメラで真下からスカイツリーを激写したわけだが。

橋を渡っていくと左に雑草生い茂る山がある殺風景な、
大きな中央防波堤外側埋立地が見えてくる。
右手には同じ中央防波堤内側埋立地が見える。
こちらには、不燃ごみ処理センター 粗大ごみ破砕処理施設 破砕ごみ処理施設
などの施設があるようだ。
位置的には、ちょうどお台場の海側だ。

ここは、かつてのゴミで埋め立てた今の新木場付近の夢の島で処理しきれなくなったゴミを
処分するためのゴミの埋立処分場だ。
造成された山のようになっているのもすべて中身は廃棄物の山。ゴミなのだろう。
その上に長い年月を経て雑草が生い茂り、
さながら映画のマッドマックスに出てくる光景のようでもある。
ちなみにここは、一般の人は立ち入り禁止のエリアだ。

昔の東京の湾岸は、飽和状態で処分しきれない都民の出したゴミで埋め立てて、
こうしたいくつもの埋立地が作られていた。
あのお台場も 新木場も先の若洲も橋を渡った中央防波堤外側埋立地も地中はゴミだ。
フジテレビもゴミの上に建っている。
汚染された土壌からは、有毒物質やメタンガスが発生する。
だから、土壌の問題があり石原都知事が推進したい築地市場の豊洲移転が延として
進まない背景がある。
ただ、今は昔のようにゴミを運んできてそのまま埋め立てるのではなく、
一度施設で粉砕処理されて埋立に使っているようだ。

つまり俺たちは、ゴミの島からゴミの島へとそれを結ぶ橋で渡ったのだった。

橋を降りて来ると、数年前に出来たお台場からの道と合流して海底トンネルを通って
城南島を経て中央卸市場を経て環七へと合流した。

そこから、大森に出て友人のお勧めの東京駅付近の立ち飲みイタリアンで夕飯を食べた。

橋が開通する前は、誰も見ることができなかった東京の知られざるスポット。
皆さんも1度は行ってみてはいかがだろうか。
by masa3406 | 2012-02-16 22:45


<< 実践 ゆとり >>