人気ブログランキング |

郷愁

先月にたまたま呼ばれて訪れた家のお客さんが、
60過ぎのおばちゃんだったのだが、その人は犬を飼っていて、
そのミニチュアダックスがあまりにも人懐っこいので、
犬好きの俺は、その犬をなでながら最初は犬の話をしていた。

それから、話題が地元の話になったのだが、
俺の育った町の隣町の出身だという事がわかって、
その瞬間からお互い、おーっ!と驚嘆の声が自然に起きて
昔や今の地元話で盛り上がった。

世代も全然違うし、今はお互いに違う土地に住んでいるんだけど、
お互いに地元に郷愁を感じているので、
懐かしいねえ。また地元に帰りたいねえ。と最期は2人でしみじみとしてしまった。
気がついた時は、なんと3時間もそこで話してしまっていた程だった。

最初に、玄関を開けてその人と話した時に
どこか雰囲気的に違和感がなくて、近しい感じがしていたのだけど、
お互いに近所の下町の人でそういう事だったんだなと思った。
いかにも地元のおばちゃんと言った雰囲気だったのだ。

そのおばちゃんは、糖尿病を患っていて、最後は地元で過ごしたい願望があるんだけど、
旦那さんが埼玉の出身で、地元の良さに共感してくれずに
その話には全然乗ってくれないのだそうで気の毒に思った。

これはある女性のお客さんに言われたんだけど、
人は、自分が生まれ育った土地の空気や気候が、1番自分の体に合っていて、
体調やバイオリズムにも良いのだそうだ。
だから、生まれ育った土地で過ごすことは、体やメンタルに良い影響を与えるのだと思う。

そのおばちゃんと、あの地元の空気の匂いが
なんか好きなんですよねえ。と話したんだけど、
それは、理屈抜きにそういうことなんじゃないかと思う。

あの空気の匂いでお互いに会話が成立しているのが、凄いことだなと思う。

まだまだお金が足りないので、早く地元に引っ越せるように頑張りたいと思う。
by masa3406 | 2012-07-28 23:05


<< 腑抜け 指針 >>