小学校時代

高校の時の同級生と少し会う予定だったのだが、
そいつと交流がある、高校卒業以来会っていなかった同級生が
お前と会いたがっているから3人でお茶でもしないかということになり
会いに行ってきた。

その同級生とは、小学校から俺が留年するまで同じで、
確か中学1年だかの一時期仲良くしていて、
学校帰りに渋谷で何回か映画を一緒に見に行った記憶があった。

彼は、勉強もできるし温厚でおとなしい奴だったので、
なんの話が合ったりどんな共通項があって当時、仲良くしていたのか、
今となってはまったく思い出せない。
そいつは勉強が出来て真面目でおとなしい優等生タイプだったのだが、
むっつり野郎でPCのエロゲーやAVをこよなく愛していた記憶があった。

当時は、AVのクラスでの貸し借りが頻繁に行われていて、彼はその流通機能の中枢を担っていた。
写真で見せてもらったけど、今ではかなりの美人のカミさんをもらっているのは、
その女性や性への長年のたゆまぬ探究心と研究の成果の賜物ではないかと思っている。

俺はそのへんには疎かったので、彼とその関係の話をしたことは当時なかった。
だけに、そいつとはなんの共通項があったのか今をもってしてまったくの謎だ。

ちょうど中3くらいから、俺は完全無欠の落ちこぼれになり、
友達と付き合う層が変わり、不穏な空気をかもし出す不真面目な路線に行ったので、
そこからはぶっつりと付き合いがなくなっていたと思う。

同級生づてに、今は脱サラをして会社を経営していて子供もいるようなことを聞いていた。
その話を聞いた時に、引っ込み思案でおとなしいキャラだった彼と
経営者のイメージがどうにも結びつかなかった。

卒業後の俺は限られた似たような毛色の同級生としか
付き合っていなかったし、それでもういいと思っていた。
だけど、ここ最近のSNSブームで同級生の交流がにわかに活性化をして
ここ1・2年で本来なら、もう一生会うこともないと思っていた
同級生たちと会う機会が突如として増えてきて、
俺の意図しないところでその潮流にすっかり飲み込まれた格好になっている。

おそるべしSNS

俺はやってはいないのだが、フェイスブックの影響で
とりわけここ1年ほどで、交流がさらに活発化をしてきている気がする。

約束の時間5分前に喫茶店に到着すると、店前でスマホをいじっている
どこかで見たような顔の男がいた。
面影どころではなく、俺も人のことは言えないがむかしと顔が全然変わっていない。

確信をもって話しかけるとその同級生で、久しぶりだな!とお互いに挨拶をした。
彼の変わっていない物腰を見て俄然と懐かしい気持ちがこみ上げてきた。
そうだ。確かに俺はこの雰囲気のこいつと仲良しだったんだ。

店に入ると、先に付き合いのある同級生がすでにいて、
3人で席に座った。

卒業後は全く交流はなかったのに
あたかもある関係のように俺は遠慮なく積極的にどんどん話しかけた。
最初の話題は同級生の誰といま会っているか?
交流がある同級生はなにをしているかで終始した。

勉強ができた彼は、さすがは俺が付き合っている層とは違って、
医者や歯医者や獣医になった同級生が随分と多かった。
変わり種では整形外科医を開業しているやつや、
劇団の座長やテストドライバーになった奴もいた。
もともと頭の出来が違うとは言え、ずいぶんと住む世界が違ってしまったものだ。

俺は夜は長く水商売のバイトをしていることをもう1人の普段から会っている
友達は空気を読んで、しないでくれているようだった。
最近付き合いを再開した、歯医者の同級生と2回飲んだ時も
その話はしないでくれていて配慮をしてくれているようだ。
いい友達を持ったものだ。

そこから、みんな同じ小学校でもあったので、
小学校時代の話題になった。

俺たちが卒業した小学校は、名門のイメージとは裏腹に
荒れている面があった。
悪い奴がいたり、いじめが頻繁にあったり、
とんでもないくだらないことをしたり、馬鹿なことをしでかす奴が沢山いたものだ。
笑えない事件も多かったし、退学者や登校拒否者も数人出た。

生徒のみならず、
先生が校内暴力をはりきりすぎて辞めさせられたり、先生が生徒の母親と不倫をして結婚をしたり、
後に生徒の母親をストーカーしてクビになったりと、大人まで事件に事欠かなかった。

なんせ俺が入学した小学1年の1学期早々にクラスの生徒の財布から金が盗まれたり、
靴を隠されたり、いじめがあったりと今考えるととんでもない学校だった。
俺も小1の時にすぐに財布から金を盗まれたのを記憶している。

俺たちの代は、退学者が何人も出たり、事件やいじめが多かった代で、
校外での万引き事件も多かった記憶がある。

自分も恥ずかしながら、一時期、すぐに手が出る暴れん坊だった時期があり、
しょっちゅう喧嘩をして同級生を泣かしたり問題児だった時期があった。
よくないことではあるが、いじめをしたこともあった。
今の俺は温厚だけど、当時の俺は母親譲りの癇癪持ちでドSな気質があった。

いたずらも好きで、何を血迷ったか、放課後に廊下に置いてある消化器のレバーをわざと踏んで押して
廊下にぶちまけたことがあったのを記憶している。
白い粉が一面に撒き散らされて、たちまちピンクがかった白い色に染まり
それを見て俺と同級生は大笑いだった。

小学生とは思えないような、学校ではとてもここでは書く事ができないような
出来事や事件が多かったのだが、そんなことを大笑いしながら、しれっと話している俺たちも変な大人だ。

その話の流れでいじめの話になり、付き合いのある同級生の方に、確かお前にいじめられたことがあったぞ。
と思い出したぞ!の顔で言われてそれには閉口した。

許してくれ

すまんが、まったく記憶にないです。。。

はるか昔のことなのに3人とも当時の場面の克明に記憶していて、
こうして共有した過去を楽しく話せる同級生っていいなと思ったし、男子校だったからあれだけ
日々が面白おかしかったんだと思う。

共学に行きたかったなと今でも思わないわけでもないけど、あのくだらなくて面白かった学園生活は
男子校でしか味わえない醍醐味だった気がする。

その話が一段落すると、今のお互いの仕事の話になり
脱サラするまでのサラリーマン時代の話や、今している事業の話しなど
社長である彼から興味深い話をしてもらった。

最初は、旅行会社に勤務していたんだそうだけど、旅行や電車に全く興味がなかった彼は、
仕事に興味が持てずに相当に苦労したんだそうだ。

好きなことを仕事にしたほうがいいよという意見は、彼も同じなようだ。

物腰は昔のままで腰が低くて、温和な人柄はまったく変わっていなくて、
昔のいい奴のままで、それが俺にはとても親しみを覚えた。
なによりも懐かしかった。

別れてから、今日はとても会えてうれしかったよとメールをしたら、
彼もうれしかったとメールをしてくれた。

卒業後に長くその学年の同級生に背を向けていた俺は、小さなプライドを守ることにこだわって、
せっかくの財産を捨てていたんだと思う。

己の器の小ささをまた恥じることになった。
また付き合いを再会していこうと思う。
by masa3406 | 2013-05-04 03:40


<< アプリを開発して儲けるお 犬との別れ >>