昔と変わっちまったな

仕事帰りに俺が呼びかけて、高校の同級生3人と飲んだ。
と言っても俺はその後にバイトがあり、車で行くので飲めなかったが。
1人が既婚2人の子持ち もう1人が既婚 残りが俺含めて独身者だ。

本当は俺は昼の仕事帰りではない夜のバイトもない土曜日か日曜日にしたかったのだが、
そのうちの1人が既婚で、土日は都合が悪いので今日になったのだった。
前回飲んだときは俺を含めたそのうちの2人が求職中だったので、
今回は1人自営の奴を除いて3人ともスーツで集合となった。
うち3人は同じ草野球チームなので、たまの試合の時に会っているので
久しぶり感はないのだが、1人既婚の奴が今回の飲み会を
かなり楽しみにしていたらしく、嬉しそうでテンションが高かった。
俺は3ヶ月ぶりだし、たまに久しぶりにみんなで飲むか
と軽い気持ちで呼びかけたんだが、そいつにとっては相当楽しみにしていたようなのだ。

他の2人は俺が骨折していることは知っていたのだが、知らなかったこの友達は
俺のギブスを見るなり おいどうしたんだ?と聞き理由を言うとゲラゲラ笑い始めた。
そいつのイメージでは昔から知る俺に骨折のイメージがまるでないらしく、
ギブスをしている俺の姿がおかしくて仕方ないようで、
飲みの最中ずっと突っ込まれっぱなしだった。

こっちはいてーし笑えねえよ・・・

何がそんなにおかしいのか俺には皆目、わからないのだが
そいつには俺はとにかく怪我とは無縁で
どんな危機でも反射神経で回避して骨折しないイメージだから

『ありえない』のだそうだ。

そいつらとは、よく20歳くらいのときにドライブをしたり遊びに行っていた。

皆がその頃のエピソードで盛り上がった。
あの頃は本当に楽しかったし人生でいちばん楽しい時だったと、
熱く感傷にひたっている。
そんな昔のことをよく刻銘に覚えているもんだ。

俺も何も考えていない学生でお気楽だった
友達とつるんでいたあの頃がいちばん楽しかったのかもしれない。
2時間半くらい最初の居酒屋にいて、そこから別の居酒屋に場所を移した。

1時間半ほど経過して、俺はバイトに行くために家に1回車を取りに行く
リミットが近づいていることに気づいた。
俺が今日、この後バイトがあるので抜けることが
友達たちには、なんともつれない裏切り行為であるらしく、
え~なんで帰るんだよ。今日は休んじゃえよ。
今日、飲み会を企画しておいて酒は飲まないし途中で帰るなんて
ありえないでしょと皆に責められた。
俺は運転があるので、ウーロン茶しか飲まなかったのだ。

途中といっても、2軒目もいる。いろいろと久しぶりにみんなと積もる話もできた。
俺的には十分参加して堪能したつもりなんだけど、
彼らには、まだまだ物足りないみたいなのだ。
体力的にも俺は疲れていて、バイトがなくても今日はもうそろそろこの辺でお開きかな
という感覚だ。
温存モードに入っている。

俺は、バイトを急に穴を空けるわけにはいかないし、
今夜のところは勘弁してくれよ。今度は最後まで付き合うから。
と謝ったけど、みんなはまだまだ不満そうで参った。

骨折のことで散々ウケていた既婚の奴に、
なんか○○ 昔と変わっちまったな。
前のお前ならそんなの関係ねえと、休んで朝まで付き合っていたよ。
付き合いがよくて硬派でそういうところが好きだったのに
なんか落ち着いちまったな。がっかりしたよ。
なんてことを言われた。

ちょっと言われて、まあバイトだしじゃあしょうがないなと流してもらえると思ったが
今夜はやけにみんなが俺を非難する。
これには困った
大人の事情だぜ 人にはそれぞれ用事があるもんだ。
大人なんだしわかってくれよ・・・。
俺は心の中でそう思ってた。

こいつは昔からいろいろ、熱く語ったり世の中に対して突っ張ったり熱いところがあった。
納得がいかないことがあると、よくもめていたこともあった。
今も根は変わっていなくて熱いのだろう。
俺にはよほどのことでもない限り、もうそんな怒りやパワーはない。

熱いなあ ずっと変わらないって凄いぜ。

確かに、俺は昔と比べると熱さがなくなったのかもしれない。
怒ることもなくなった。
若い頃はこだわりがあったり、理想があったり、反抗心とか、世の中に対する怒りというか
熱さとか無骨な攻撃的なトゲトゲしたものが、言われてみればあった気がする。
理想を求めて柔軟性もなくムリもしていたんだと思う。
こうあるべきだと思っていたり。

俺はあの頃は物事を知らずに単に若かったのだと思っているんだけど、
今は別にまあ、いいんじゃない しょうがないよって思うことが多くなった気がする。
こだわりがなくなった気がする。
丸くなったのか?いろんなことを知ってあきらめたからか?気力がなくなったのか
年齢か?大人になったのか?

自然体で今の俺はこうなっている。
とりあえず気楽にいきましょうと
そんなスタンスで生きている。
人にも考え方を押し付けたり、理想を押し付けたり求めたりがなくなった。
多様性もわかるようになった。
人にも踏み込まなくなった。

言われてみれば、女の子も大概、俺は真面目そうと言う。
ちょっと変わっているけど、やさしそうで無難そうなイメージらしい。
昔の自分など想像がつかないのだろう。
俺にワイルドさを求めて近づいてくる子はまずいない。
別に今の俺は他人にどう思われてもいい。
こう思われたいとか、理想は追わないし格好よくうつらなくてもいい。
とりあえず自然体の俺の評価がそんな風らしい。

ここずっと、そんな姿勢を指摘されたことはなかったけど
昔を知る友人に初めて指摘された。
俺は間違っているのだろうか。
ちょっと気弱になってやしないか?
なにくそ!と熱く生きたほうがいいのだろうか。

ただ変化した今の俺が、生きてきた蓄積の結果で今の俺なのだとも思う。
昔の俺には戻れない気がする。

世の中にずっと同じものなんかない。
人も変化しながら生きているのだから。
by masa3406 | 2008-05-31 05:34


<< 勝つために必要なもの 待ちわびた週末 >>